IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

三代目JSB「RYUSEI」のランニングマンのやり方とコツ

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年11月16日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

ダンスのジャンルHIPHOPのステップにあるランニングマン。その中でも三代目JSBのヒット曲「RYUSEI」の中でも使われたランニングマンを手っ取り早く踊りたい、かっこよく踊るコツを詳しく説明する動画などを交えて説明します。

三代目JSBの代表曲「RYUSEI」

三代目JSBとは?

三代目J Soul Brothersは2010年にデビューし、LDH(Love Dream Happiness)に所属、メンバーの中にはEXILEと兼用のメンバーもおり、今や誰もが知るグループです。ヴォーカルの今市隆二と登坂広臣は近年ではソロ活動も初め、これまで以上に歌の場を広げています。 パフォーマーのNAOTO、小林直己、山下健二郎、ELLY、岩田剛典もそれぞれファッションやドラマ、映画、RAPなどの世界に進出していて、三代目J Soul Brothersの一員として活躍しながらもさまざまな分野での活動にも力を入れています。

三代目JSBの代表曲「RYUSEI」とは?

去年デビュー10周年を迎えた三代目J Soul Brothers。そんな彼らの代表曲といえば誰もが知っている「RYUSEI」ではないでしょうか。2014年6月に13枚目のシングルとして発表された曲で、ヴォーカルを含めたメンバー7人が揃って踊った初めての曲でもあります。 ヴォーカルの二人もコツを掴み、今ではランニングマンが上達し、余裕も見えているように感じます。「RYUSEI」はライブでもとても盛り上がる曲で、ランニングマンのシーンでは客席でも踊るファンが多数います。 このランニングマンを曲中に取り入れることで、キャッチーなリズムの曲にランニングマンを組み合わせることにより、ヴォーカルの二人も踊ることができ、今までにない三代目を魅せることで、誰にでも親しめるヒット曲になったのではないでしょうか。

ランニングマンってなに?

ランニングマンとはHIP HOPというジャンルのステップの一つで、初歩的なステップでもあります。ランニングマンはコツを掴めば初心者でもすぐにできる見た目もかっこいいステップです。三代目J Soul Brothersのヴォーカル二人もダンスは初心者ですが、曲中はパフォーマーに混じりかっこよく踊っています。 ランニングマンの発案者は1990年代に一世風靡をしたMC Hammerで、彼はミュージシャンでもありダンサーでもあります。彼のヒット曲でもある「U Can't Touch This」内で踊られていたステップがランニングマンです。 今のランニングマンの原型にもなっている動きがミュージックビデオの中にでてくるので、今現在のダンスシーンと1990年代のダンスシーンを比べながら、ミュージックビデオの中のランニングマンを探してみてください。

三代目JSB「RYUSEI」のランニングマンのやり方

ランニングマンの登場シーン

「RYUSEI」の中でランニングマンが登場する部分は全部で3回あり、3回とも歌詞のないところでのステップになります。「RYUSEI」でのランニングマンのコツは、曲に乗って楽しくステップを踏むことです。まずは三代目J Soul Brothersのミュージックビデオを観て、ランニングマンがどのような感じで登場するのか見てみましょう。

ランニングマンのやり方とコツ

ランニングマンのやり方とコツ
※画像はイメージです
出典: Hip, Hop - Free pictures on Pixabay

ランニングマンのジャンルはHIP HOPです。HIP HOPのダンスは体を大きく動かしたりするイメージがありますが、まずはゆっくり足の正しい動きを覚えるようにしていきましょう。

ランニングマンのやり方

アクセスランキング