IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「混ぜる」の意味・混ぜるものの例(麺/色/ヨーグルト/納豆)

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「混ぜるの意味や用例、さまざまな分野での活用法」と題して、「混ぜる」という言葉の意味や用法について詳細にご紹介します。この「混ぜる」という言葉にもかなりの使い分けがありますので、ぜひ「お役立ち情報」としてご参考にして下さい。

「混ぜる」の意味とは

「混ぜる」、あるいは「混合する」という言葉の一般的な意味は以下のとおりです。 ・ある物の中に別の物を加えて1つの物とする。同化させる。 ・数種類、雑多の物を特定の範囲で合わせて1つにすること。 ・2種類以上の物を溶け合わせ、攪拌(かくはん)すること。混ぜ合わせること。 ・他人の会話に口をはさむこと。ある会話に言葉を投げ入れること。 これらの意味が「混ぜる」という言葉にあり、人は日常からこの「混ぜる」の意味を場面ごとに使い分けています。特に最後の「会話に言葉を投げ入れること」という意味は、日常ではあまり意識されておらず、知らない人は多いでしょう。 日本語では1つの言葉が持つ意味の中に、日常生活でそれほど認識されていないものがあるので、よくよく注意して使うことが大切です。

「混ぜる」という言葉の深い意味

「混ぜる」という言葉の意味は日常レベルにおいて先述しましたが、この「混ぜる」という言葉には、実にさまざまな分野で深い意味合いを持ち、その言葉の成り立ちからは「新しい発見」をもたらす興味深い由来があります。 「混ぜる」の「混」の字を見るとわかりますが、その部首には「さんずい」が使われており、この「混ぜる」という言葉には主に「水と水とが混ぜ合わさること」や「水に別の物体が混ぜ合わせること」をメインにした意味です。 この「混ぜる」の他にも「交ぜる」や「雑(ま)ぜる」といった別の書き方をする「まぜる」がありますが、それぞれで使い方や言葉そのものが持つ成り立ちが違います。 「交ぜる」は「交流」を意味する言葉で、人間関係などの目に見えない「混ざる」を表し、「雑ぜる」の意味合いは比較的「混ぜる」に近く、多種の物が混ざりあうことを言います。

「混ぜる」の類義語とその意味

1つ1つの日本語にはいくつもの類義語があり、その類義語にもまた類義語があるという、「字と字が多岐に渡って1つながり」になっている絵図が見えます。それぞれの言葉がそれぞれの意味合いと成り立ちを持つことで、この類義語が生まれてくるのでしょう。 「混ぜる」の類義語とその意味 ・混合する ・混同する ・合同する ・同化する ・交ぜる ・雑ぜる(雑多の物を1つにする) ・入り混じる ・結託する ・化合する ・合体する ・攪拌(かくはん)する(追加した物を混ぜる) ・練り合わせる ・かき混ぜる ・引き合わす ・合わせる ・調合する ・合成する ・結合する これらの言葉がすぐにあがります。どれも「1つの物と別の物が合わされる」という、結びつきを表しています。

「混ぜる」の使い方の例文

言葉は使ってこそ覚える、と言います。これまで日本語を習い、それを難なく日常で使えているのも、その日本語を使い続けてきたからに他なりません。この例で言えば「英語も使い続けていれば日常で使えるようになる」と言えるでしょう。 「混ぜる」の使い方の例文 ・絵の具を使うときには、色と色とを混ぜ合わせる。 ・コーヒーに牛乳を混ぜて下さい。 ・コーラとオレンジジュースを混ぜました。 ・ごちゃ混ぜになった道具を整理します。 ・整頓したファイルを混ぜないで下さい。 ・緑茶と麦茶を混ぜると美味しいです。 ・ご飯に卵を混ぜて「卵掛けご飯」のできあがりです。 「混ぜる」という言葉は比較的、1つの物に対して多くの物を加える(加わる)ときに使います。雑多の物同士が1つに合わさるときには「雑ざる」という言葉が使われ、交流などの見えない物同士が合わさるときは「交ざる」が使われます。

「混ぜ麺」とは

今や「混ぜ麺」とは日常的なメニューにまでなっており、それ用のレシピさえもネットや本で紹介されています。 「混ぜ麺」という言葉の意味はその文字が示すように、「麺」と「麺」とを混ぜ合わすことでできる「混合麺」のことで、たとえば「塩ラーメン」と「みそラーメン」や、「うどん」とやきそば」を混ぜることでできる、麺同士を合わせてできる麺料理のことです。 その麺同士を合わせるフードにさらに新たなレシピが加わる形で、「こんにゃく」と「やきそば」や、「つけ麺用のタレ」に「チキンラーメン」を漬けて食べる方法など、その「混ぜ麺」のレシピにもどんどん進化が伴う「さらにいろんな人の好みに対応した混合法」が生まれてきています。

「色を混ぜる」という言葉と意味

先述しましたように、「混ぜる」という言葉には「さんずい」がついてあり、「混ぜる」というのは「水」と「水」(「液体」と「液体」)とを混ぜ合わせるときに主に使用される言葉でした。 色というのはそもそもが水分を必要とするもので、染色にしても水が必要、美術で使われる色にも当然水が必要、さらにプリンタなどで使用されるペイントでも水分が必ず使われます。 この「水分」や「液体」というピンポイントに焦点を当てるとわかりやすく、「色を混ぜる」というのは「水と水、液体と液体、そのものを混ぜている」という意味合いから生まれています。「色」はその液体に染料として入っているもので、その素(もと)は液体に変わりありません。 「赤色」と「青色」を混ぜるというのを厳密に(本来の言い方で)言うと、「赤色の液体」と「青色の液体」とを混ぜ合わせる、という表現になります。

「混ぜるだけ」のキャッチフレーズ

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング