IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭打ちの意味と類語・バイク用語/音楽用語/証券用語の頭打ち

言葉の意味

「頭打ち」は、よく使用される言葉なので意味は、ご存知の方が多いと思います。ただ、類似語が多いので意味の違いと使い分けは、なかなか難しいですね。この記事では、「頭打ち」の意味と類似語との意味の違いと使い分けについて紹介します。

更新日時:

頭打ちの意味とは?

「頭打ち」の意味は、「 物事が限界に達して、これ以上には向上しえない状態になること」と「(株などの)上昇を続けてきた相場が、それ以上、上がらなくなること」です。「頭打ち」には、一時的に伸び悩み、きっかけさえ掴めばまた向上する場合と、能力的に限界でこれ以上伸びない状態があります。 使用例 ・試験の成績が最近頭打ちになって、志望校への合格が難しくなりました。 ・最近の頭打ちの原因を探ります。 ・上昇してきた株価が、頭打ちになりました。

頭打ちの類語は?

「頭打ち」の類語は、いっぱいあります。その中で「停滞気味」・「足踏み状態」・「横ばい状態」・「低調」・「行き詰まり」・「立往生」について説明します。

停滞気味とは?

「停滞気味」は、「ていたいぎみ」と読みます。「停滞気味」の意味は、物事が順調に進んでないことで、いわゆるスランプのことです。「頭打ち」との意味の違いは、「停滞気味」は、きっかけさえつかめば再上昇できる余地があるのに対し、「頭打ち」は、これ以上伸びる余地がない時に使用します。 使用例 ・試験の結果が最近、停滞気味です。 ・やっと結果が出せて、停滞気味から抜け出せそうです。 ・最近、停滞気味の原因を監督やコーチと一緒に探ります。

足踏み状態とは?

「足踏み状態」は、「あしぶみじょうたい」と読みます。「足踏み状態」の意味は、交渉などで、物事が進展しない状態が続くことです。その他に、足を上下に上げ下げすることとその動作と能楽などでの足の動かし方をいいます。 「頭打ち」との意味の違いは、「足踏み状態」は、きっかけさえつかめば再上昇できる余地があるのに対し、「頭打ち」は、これ以上伸びる余地がない時に使用します。 使用例 ・なかなか交渉が進展せず足踏み状態です。 ・足踏み状態から抜け出すにはちょっとしたきっかけが必要です。 ・物置を整理したら懐かしい足踏み式ミシンが出てきました。

横ばい状態とは?

「横ばい状態」は、「よこばいじょうたい」と読みます。「横ばい状態」の意味は、数値の上下がなく一定水準で推移していることをいいます。 「頭打ち」との意味の違いは、「横ばい状態」は、物価など上がるのが望ましくない場合にも使用されるのに対し、「頭打ち」は、上がるのが望ましいのに伸びる余地がない時に使用します。 使用例 ・最近の試験の成績は、上がりも下がりもせず横ばい状態です。 ・先月の物価は、野菜は高騰しているが、それ以外は横ばいです。 ・父の血圧は、ずっと横ばい状態で安定しています。

低調とは?

「低調」は、「ていちょう」と読みます。「低調」の意味は、程度が低いこと。勢いがふるわず盛り上がりに欠けることです。 「頭打ち」との意味の違いは、「低調」が、程度が低かったり、盛り上がりにかける場合に使われるのに対して「頭打ち」は、程度や盛り上がりに関係なく伸びる余地がない場合に使用します。 使用例 ・今大会は、盛り上がりに欠け低調に終わりました。 ・日本の代表選手は、全員一回戦敗退の低調な成績でした。 ・イベントが低調に終わった原因をみんなで議論します。

行き詰まりとは?

「行き詰まり」は、「ゆきづまり」と読みます。「行き詰まり」の意味は、道がさえぎられてそれ以上進めなくなった所やそれ以上進展しなくなった状態です。 「頭打ち」との意味の違いは、「行き詰まり」が物事の進展に対して使用して、「頭打ち」は、人の伸びに対して使用します。 【使用例】 ・いいアイデアあるものの具体的な穂方が示せず行き詰まりました。 ・数学の関数が理解できずに行き詰まりになりました。 ・この道は、この先通行止めのため行き詰まりになっています。

立往生とは?

「立往生」は、「たちおうじょう」と読みます。「立往生」の意味は、「立ったまま死ぬこと。電車や車が身動きの取れない状況。物事が行き詰まりの状態になって処置に困ること。」です。 「頭打ち」との意味の違いは、「立往生」が物事の進展に対して使用して、「頭打ち」は、人の伸びに対して使用します。 【使用例】 ・予想以上の大雪が降って車が立ち往生しました。 ・トラブルの原因が分からずに立ち往生しました。 ・新しい法案が可決されず、移転問題は宙に浮き、立ち往生しました。

バイク用語の頭打ちの意味は?

バイク用語の「頭打ち」の意味は、「エンジン回転の上限」や「エンジンの機械的限界」です。どちらも、バイクのエンジンに負担がかかります。

エンジンの回転の上限とは?

「エンジンの回転の上限」は、「えんじんかいてんのじょうげん」と読み、バイク用語の「頭打ち」の意味のひとつです。 「エンジンの回転の上限」まで回すのは、エンジンに負担がかかり、パワーの落ち込みが見られます。「頭打ち」を頻発させると、バイクの寿命にも影響を与えます。バイクと自分自身のためにも「頭打ち」の頻発は避けるべきです。

エンジンの機械的限界とは?

「エンジンの機械的限界」は、「えんじんのきかいてきげんかい」と読み、バイク用語の「頭打ち」の意味のひとつです。 「エンジンの機械的限界」は、回転数とスピードです。回転数は、エンジン回転の上限です。スピードは、エンジントラブルや事故の防止のために、スピードリミッターがバイクに設置されています。リミッターは設定された速度までくると、それ以上速度が上がらないように抑制します。

音楽用語の頭打ちの意味とは?

「音楽用語の頭打ち」の意味は、グルーヴと呼ばれるドラムのリズムパターンで、「拍のアタマに一拍づつスネアをたたく」パターンです。

「ドラムのリズムパターン」は、ドラムのリズムのパターンです。ドラムは、音楽の三要素のひとつであるリズムを担当しています。音楽の三要素とは、メロディ・リズム・ハーモニーです。

グルーヴとは?

グルーブは、英語で「groove」と書きます。グルーブは、ベースやドラムによるリズムやテンポなどでいわゆるノリと呼ばれている部分です。グルーヴ感を会得することは、音楽業界では、重要です。「頭打ち」もグルーブのひとつです。

拍の頭に一拍ずつスネアを叩くとは?

「拍の頭に一拍ずつスネアを叩く」は、「はくのあたまにいっぱくずつすねあ」と読みます。「拍の頭に一拍ずつスネア」の意味は、音楽用語における頭打ちのパターンです。 「拍」は、音の時間的な長さの基本単位で、「頭」は、「先頭・出だし」などの意味があります。「スネアを叩く」の意味は、「スネアドラムを叩く」ことです。

証券用語の頭打ちの意味は?

「証券用語の頭打ち」の意味は、「相場の勢いが弱り伸び悩んでくること」です。「頭打ち」には、上昇途上の「もちあい」と呼ばれる状態と、これ以上の上昇が望めない「大天井」の状態があります。 「もちあい」か、「大天井」かの判断は、見極めが大変難しいですが、ケイ線を使って判断する方法もあります。「もちあい」の状態から再び上昇基調になるパターンとして、新たな買い材料が出ることがあります。

相場の勢いが弱り伸び悩んでくることとは?

「相場の勢いが弱り伸び悩んでくること」は、「そうばのいきおいがよわりのびなやんでくること」と読み、証券用語の頭打ちの意味です。「頭打ち」には、上昇途上の「もちあい」と呼ばれる状態と、これ以上の上昇が望めない「大天井」の状態があります。

頭打ちの原因を掴んで抜け出そう

これまでの出てきたように、「頭打ち」には、一時的に伸び悩み、きっかけさえ掴めばまた向上する場合と能力的に限界でこれ以上伸びない状態があります。 能力的に限界でこれ以上伸びない場合は仕方ないですが、一時的に伸び悩み、きっかけさえ掴めばまた向上する場合は、原因を探して改善する方法を考えます。「頭打ち」の原因さえ、分かれば必ず改善する方法はあるはずです。 ひとりで解決できない場合は、他の人にも協力してもらい解決できるようにしましょう。「頭打ち」から抜け出せれば、再び上昇気流に乗り、成績も上がっていきます。

関連タグ

アクセスランキング