IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「提唱」の意味と使い方の例文|類語/対義語・提案/推奨との違い

更新日:2020年03月07日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「提唱の意味と使い方の例文」と題し、「提唱」という言葉の意味やその例文・用法、またさまざまな分野での表現についてご紹介します。「提唱」という言葉は普段からは使い慣れないですが、とても歴史の深い言葉の1つです。ぜひ参考にして下さい。

「提唱」という言葉の意味とは

日本語の多くは多彩な意味合いを持ち、それぞれの用途で意味の使い道が分かれてきます。そのため言葉の意味合いを正確に捉える必要があり、それぞれの用途に見合った意味の使い分けをしなければなりません。 日本語に限らず各国の言葉にも、1つの言葉なのに全く意味合いが違う場合もありますので、その言葉を使いながら覚えることを念頭に置き、常に「この使い方で合っているかどうか」ということを自問自答するクセを身に付けて下さい。

「提唱」の意味

「提唱」の意味には2種類の意味合いがあり、1つは「自分の主張を説明付けて、多くの人に教え諭すこと」を言い、もう1つは「禅宗において、特定の教えの要綱を詳細に広めること」を言います。 禅宗(仏教)では説法という呼称でこの「提唱」の意味合いが取られ、仏法を教え広めることに善行の徳を示すという、仏教徒としての徳を高める言動が認められています。

「提唱」の類義語とその意味

日本語の多くは類義語と対義語とがあり、1つの言葉を覚える際にもその2つの関連語をしっかり覚えておくことが、言葉1つに対する理解をさらに深めることにつながります。 1つの言葉から類義語や対義語がわからない場合には、その言葉の類義語から対義語を調べてみるなど、「言葉を置き換えての検索」が可能です。 【「提唱」の類義語とその意味】 ・提案 ・主張 ・提言(ていげん:意見を提出すること) ・表明 ・述べる ・陳述(主張を伝えること) ・代言(だいげん:本人の代わりに述べること) ・代弁 ・唱導(しょうどう:仏教用語で、先立って教え広めること) ・論述 ・申し立て ・箴言(しんげん:戒めの言葉を述べること) ・進言(しんげん:意見を参考として述べること) これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「意見を述べること」や「教えを諭すこと」などの意味合いが含まれます。

「提唱」の対義語とその意味

類義語と同じく対義語を調べる際にも、1つの言葉から対義語が調べられない場合はその類義語から調べる方法があります。その1つの言葉の類義語を先に把握しておくことで、多くの類義語からその対義語を調べることになりますので比較的作業が楽です。 〈「提唱」の対義語とその意味〉 ・無言 ・無口 ・隠蔽(いんぺい:包み隠すこと) ・上覆(うわおおい:覆って隠すこと) ・寡黙 ・異説(いせつ:自分の考えと違う説) ・却下(きゃっか:主張を取り下げる・取り下げられる) ・前言撤回(ぜんげんてっかい:前に言ったことを取り消す) ・失言(しつげん:常識外れのことを言う) これらの言葉があげられ、どの言葉の意味合いにも「意見を言わないこと」や「自分の本音とは違ったことを主張すること」または「理に適っていないことを言う」などの、一般的には人に進められない主張が込められています。

「提唱」の読み方

日本語には1つの言葉に多くの読み方が存在する場合もあるので、1つ1つの読み方をきちんと把握することが重要です。 この「提唱」の読み方は「ていしょう」です。「提」も「唱」もともに音読みされており、たいていの日本語の既成語は漢音で読まれる場合が多いです。

「提唱」の英語表現とその意味

英語表現では1つの単語でさまざまな意味合いを含む場合があるので、日本語1つに該当する英語でも、全ての意味合いをしっかり把握することが大切です。「提唱」を英語表記すると「advocate」や「claim」、または「explain」、「say」などとなります。 〈「提唱」の英語表現とその意味〉 ・This paper was advocated by anonymous. 「この論文は匿名で提唱されました。」 ・He would be claimed his thoughts in the future. 「彼はきっとこの先で持論を提唱するだろう。」 ・Her explanation has been supported by many people. 「彼女の提唱は多くの人に支持されてきました。」 このように「提唱」の意味はさまざまな単語によって表現されます。

「提唱」の使い方の例文とその意味

初回公開日:2018年01月19日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング