IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大団円の意味|由来・語源・類語や対義語・大団円の使い方や例文

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「大団円」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?また、どのように使えば良いのでしょうか?このぺージでは、「大団円」をテーマにして、意味や使い方、類語・対義語や語源などをご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。

覚えておきたい!「大団円」の意味・使い方

日常生活を送る上で、人はさまざまな方法で、自分の気持ちや考え方、希望などを表現して、コミュニケーションを取っています。特に、会話や文章といった、言葉を使った表現方法は、人にとって欠かせないコミュニケーション手段の1つと言えるでしょう。ですから、日常生活を送る上で、人はさまざまな言葉と出会い、触れていると言えそうです。 さまざまな言葉と出会っていくうちに、自分がこれまでに出会ったことがない言葉に触れる機会もあるでしょう。意味や使い方などを知らない言葉は、解釈や使用方法に迷うこともあるため、しっかりと調べたり学んだりすることが大切です。 今回は、日常生活でも比較的使用されるものの、意味などが分かりづらいと予想できる言葉の1つである、「大団円」という言葉をテーマにして、意味や使い方、語源などを考察・ご紹介していきます。

「大団円」の意味

早速、「大団円」という言葉にはどのような意味があるのか、基本的な意味について考察していきます。 「大団円」の意味について、「コトバンク」を参考にしてみたところ、以下の引用のような意味が掲載されていました。以下の「コトバンク」の解説から、「大団円」とは、演劇や小説、ドラマなどの物語が、いわゆる「ハッピーエンド」と呼ばれる終わり方で幕を閉じることを意味している言葉だと言えそうです。 また、物語の終幕そのものを意味しているケースもあり、「フィナーレ」「クライマックス」などの言葉の類語だとされる場合もあります。

演劇や小説などの最後の場面。すべてがめでたく収まる結末についていう。

「大団円」の由来・語源

上記では、「大団円」の一般的な意味についてご紹介しました。「大団円」という言葉の意味を理解したところで、続いてはどのようにして生まれた言葉なのか、「大団円」という言葉の語源や意味の由来について考察していきます。「大団円」の成り立ちや由来、語源を知ることで、「大団円」という言葉をより深く理解するヒントが見つかる可能性があります。 「大団円」という言葉の語源は、使用されている漢字の意味にあると言われています。「日本辞典」によると、そもそも「団円」という言葉には、丸い円を指す意味があるとされています。以下の引用にもあるとおり、丸い円は、欠けている部分のない形です。 そのため、何も欠けていないことや、物事が丸くおさまることを意味していると言われています。そのような解釈から、物語がめでたい形でおさまることを、「大団円」と呼ぶようになったとされています。

「団円」は、丸い円のことで、転じて、欠けることなく完全に終わること、円満なさまを意味することから、演劇や小説などの最後の場面、すべてがめでたく収まる結末を「大団円」というようになった。

「大団円」の意味の類語・同義語

類語・同義語とは、ある言葉と似ている意味や同じようなニュアンスを含んでいる言葉のことです。「大団円」という言葉の意味をより深く理解していきたい場合は、類語・同義語にどのような言葉があるのかも、おさえておくと良いでしょう。 そこで続いては、「大団円」と同じような意味を持っている、類語や同義語をご紹介していきます。この機会にぜひ、「大団円」の類語・同義語も覚えておくことをします。 【類語・同義語】 ・フィナーレ ・エピローグ ・大づめ ・終幕 ・フィニッシュ

「大団円」の意味の対義語・反対語

上記では、「大団円」と似ている意味を持つ、類語や同義語をご紹介しました。類語や同義語とは正反対の立ち位置に存在しているのが、対義語・反対語です。続いては、「大団円」という言葉とは正反対の意味を持っている、対義語・反対語について見ていきます。 一見すると、「大団円」という言葉を理解するのに、あまり関係がないように思える対義語・反対語ですが、これらの言葉を覚えておくことで、表現の幅が広がる可能性があります。ですから、この機会にぜひ覚えるようにしましょう。 【対義語・反対語】 ・破局 ・バッドエンド ・悲劇 ・悲壮

「大団円」の使い方・例文

「大団円」という言葉の意味について、さまざまな角度から見つめたところで、続いては「大団円」という言葉の基本的な使い方について考察していきます。「大団円」という言葉を、文章や会話といったコミュニケーションで使用したい場合、どのような使い方をすれば良いのか、考えていきましょう。 今回は、「大団円」という言葉を使用した例文や言い回しをもとにして、使い方や意味について考察していきます。例文を通して、実用的な「大団円」の使い方について見ていきましょう。

「大団円」の使い方【1】:大団円を迎える

「大団円」という言葉を使った言い回しの中でも、特にメジャーと言えるものの1つに、「大団円を迎える」という言い回しが挙げられます。「大団円を迎える」という言い回しは、文字のとおり、物語やストーリーなどが、大団円となることを意味する言い回しです。 「大団円」の意味については、上記でご紹介したとおりとなっており、物語などが円満な形で終幕を迎えることを意味する言葉となっています。ですから、「大団円を迎える」という言葉もまた、物語などが良い形で終わることや、円満な形でフィナーレを飾ることを意味する言い回しだと言えそうです。 具体的な使用例としては、以下の例文のような使い方が考えられます。 【例文】 ・苦難の連続だったが、ついに大団円を迎える。 ・おそらく、最終的には大団円を迎えるだろう。 ・どうか、大団円を迎えて欲しい。

「大団円」の使い方【2】:大団円になる

続いて、「大団円になる」という言い回しについて、意味や使い方を考えていきます。「大団円になる」という言い回しもまた、「大団円」という言葉を使用した言い回しの中では、頻繁に使用されるものの1つと言えるでしょう。意味も、「大団円を迎える」とそう変わらないと予想でき、大団円の展開や結末になることを表現する言い回しだと言えそうです。使用例としては、以下の例文のような使い方ができると考えられます。 【例文】 ・最後は大団円になると信じている。 ・大団円になって、本当に良かった。 ・大団円になって欲しい。 ・紆余曲折を経て、大団円になるだろう。

大団円を迎えるアニメの紹介

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング