IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

早計の意味・類語や対義語・使い方や例文|早計な行動/いささか早計

初回公開日:2018年01月13日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

今回は「早計の意味・類語や対義語・使い方や例文」と題して、「早計」という言葉の意味やその用例、またその言葉に関する興味深い情報の数々をご紹介します。あまり使い慣れない言葉ですが、非常に身近な言葉です。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

よくテレビのニュースやドラマで頻繁に使われているこの「早計な判断」という言葉ですが、その意味も「早まった判断」や「焦って採決したことによる過失」について言う場合に多く使われます。 〈「早計な判断」の用例と意味〉 ・あの国が下した民主主義への対応は、早計な判断だったと言わざるを得ません。 ・A裁判で下された判決は、まだ証拠が不十分だったため、早計な判断(採決)だったと言われています。

「早計に失する」の用例と意味

「早計に失する」という表現を考える場合、「早計」の意味と「失する」の意味とを別々に捉え、それぞれの意味を組み合わせることによって把握する方法が最適になります。 「早計」は「行動する際に早まった考えをもって判断すること」を意味し、「失する」の意味は「礼儀に失する」などの慣用句に見られるように「その調子を失う」や「過度の言動」を指す意味として用いられます。 つまり「早計に失する」という言葉の意味は、「あまりにも早計な判断やその言動」を意味し、従来の「早計」の意味合いをさらに強調して言う場合に使われます。

「早計」の英語表記と意味

「早計」という日本語を英語表記する場合、「premature」や「rash」、また「overhasty」という表記になります。どれも「早計」や「無謀」、「無茶」といった「熟慮」の意味とは正反対の意味合いを示す言葉になります。 上記の英語表記に加え、「beforehand(in)」や「one's immature decision」などの熟語表記も認められます。

「早計」の英語表現とその意味

先述でお伝えしました英語表記を踏まえ、英語の文章を見ていきましょう。 〈「早計」の英語表現とその意味〉 ・His thining was premature when deciding to new step in political. 「彼の考えは、政治的判断をする際に早計でした。」 ・Her deeds would be thought as rash in thinking at general sense. 「彼女の言動は一般常識によると、早計と判断されるだろう。」 ・This country's decision was overhasty in dictatorship. 「この国の決定は独裁に向かう早計を象(かたど)っています。」 「早計」の意味はこのように日本語と同じく、英語でも「早まった行動」や「一般的に見て間違った言動」を伝える場合に使われます。

「早計」の同音異義語とその意味

「早計」の読み方「そうけい」であり、この「そうけい」という読み方を持つ同音異義語も存在します。そのいくつかをご紹介します。 〈「早計」の同音異義語とその意味〉 ・総計(そうけい:総合的な計算、合算) ・早慶(そうけい:早稲田大学と慶應義塾大学のイニシャルを取った表記) ・聡慧(そうけい:才知に優れていること) ・双系(そうけい:父子・母子関係の両方を社会的に公認されること) 他にも「そうけい」という読み方を持つ言葉や俗語表現がありますが、一般的に「そうけい」の読み方を持つ言葉は上記の一般用語になるでしょう。それぞれで全く意味合いが違いますので、「早計」という言葉とその意味もきちんと識別して覚え必要があります。

「早計」の意味や用法をきちんと把握しましょう

いかがでしたが。「早計の意味・類語や対義語・使い方や例文」と題して、「早計」という言葉の意味やその用例についてさまざまな視点からご紹介しました。 どんな言語でも「使って覚える」や「実践向きの学習で把握する」という、実際にその言語やその表現と向き合うことによって意味や用法を把握していくことが最適の学習法になるでしょう。 「早計」の意味や用法においても実践的に覚える方法をもって把握しておき、シーン別において正確に言葉を表現できるように努めましょう。日本語に限らず外国語を覚える際でもこの「実践向きの学習」は非常に役立ちます。 言葉1つ1つの意味や成り立ちと向き合うことは、どの言語を覚える・学習する際でも必須のことになるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング