IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

早計の意味・類語や対義語・使い方や例文|早計な行動/いささか早計

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

今回は「早計の意味・類語や対義語・使い方や例文」と題して、「早計」という言葉の意味やその用例、またその言葉に関する興味深い情報の数々をご紹介します。あまり使い慣れない言葉ですが、非常に身近な言葉です。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

「早計」という言葉の意味

「早計」の意味は「早まった考えや行動」、また「軽率な言動」を言います。日常ではあまりプラスのイメージでは使われず、どちらかと言うと「浅はかさ」や「愚計」を表す「愚かな行動」に向けて使われます。

「早計」の類義語とその意味

日本語には多くの類義語があり、またその類義語から類義語へと、それぞれの用法や意味の移り変わりが明らかにわかるほど、いろいろなシソーラスが分類されています。この「早計」という言葉やその意味にもきちんと類義語がありますので、それぞれの意味をきちんと把握しておきましょう。 〈「早計」の類義語とその意味〉 ・性急(せっかちなこと、落ち着きがないこと) ・早まった ・愚計(愚かな計略、自分の計算をへりくだって言う謙譲語) ・時期しょう早(目的の行動を起こすには早いこと) ・焦燥(あせること) ・苛立つ ・煩悶 ・浅はか ・過失 ・浅慮 これらの言葉が浮かびますが、どの言葉の意味合いにも「焦る」や「浅はかさ」といった、「軽はずみの言動」を表すマイナスイメージがついて回ります。

「早計」の対義語とその意味

日本語には類義語と同じように対義語があり、その言葉や語句の正反対の意味を持つ言葉や、それに関連した言葉が数多あります。それぞれの言葉の意味合いも類義語と同じく、1つずつの意味と用法をきちんと把握しておきましょう。 〈「早計」の対義語とその意味〉 ・熟慮 ・良計 ・策略 ・熟考 ・熟案 ・恣意 ・勘考 ・検討 ・機略 ・攻略 ・深慮 ・名案 ・顧慮 ・論考 これらの言葉がすぐに並びますが、どの言葉の意味にも「熟考して行動を図ること」や「温存した考案をしっかりと時期を待って実現させる」といった、じっくり型の計算が含まれます。

「早計」の使い方や例文と意味

日本語や外国語を覚える際には、「言葉というのは使って覚える」という実践向きの学習が最も効果的です。この「早計」という言葉を覚える場合も、その使い方や、それぞれの用途で使い分けられる際の意味もしっかりと覚えることが、「早計」について正確に理解することへの第1歩となります。

「早計な行動」の用例と意味

「早計」の意味が先述のとおりですので、その「早計」の意味を冠した行動という意味合いになります。この「早計な行動」という表現を使った例文は実に多くあります。 〈「早計な行動」の用例と意味〉 ・彼のあのときの行動は実に早計でした。 ・この国が取った国家的戦略は、やはり「早計な行動」と言わざるをえません。 ・彼女の行動はタイミングが早すぎたので、「早計な行動」と理解されるでしょう。 ・早計な行動というのは、その行動をする正確なタイミングを逃した状況のことです。 このように「早計」の意味合いを含む言動について言うときに、「早計な行動」という表現が使われます。日常会話でも頻繁に使用されるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

「いささか早計」の用例と意味

「いささか」という言葉の意味は「少し・わずか・ごく些細な」という数量について言い、形容表現や副詞表現(動詞を形容する場合)において、その名詞や動詞の程度や具合を表す言葉になります。 〈「いささか早計」の用例と意味〉 ・彼女の判断は、いささか早計と言えます(少し早まった言動・計算と言えます。)。 ・この国の外交の仕方は目的を失いかけているので、いささか早計な外交の始点だったと言えます。 ・受験勉強を受験の3日前に終わらせたことは、いささか早計でした。 ・問題を全て読む前に答えてしまい、その行動はいささか早計でした。 ・早まった裁定をしたことで、いささか早計な判断が目立ちます。 「わずかばかり早計な状態」という「早計」の程度や具合について言う表現で、「どのくらい早計だったか」についてさらに具体的に伝える主張になります。

「早計な判断」の用例と意味

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング