IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

節制の意味はなにか・節制の類義語と対義語・使いかた

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「節制(せっせい)」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし「節制」という言葉は聞いたことはあるけど、使い方はよくわからないという人もいるでしょう。そこで「節制」の意味や使い方・間違えやすい言葉などを順番に紹介していきます。

「摂生」には「健康のため、規則正しい生活に心がけ、気を配ること」という意味があります。また「摂生」には「(からだに良くないものへ対する)欲をおさえること」という意味合いが含まれていると考えて良いでしょう。 例えば、病院でお医者さんに「摂生してください」と言われたという人をよく聞きます。このお医者さんの「摂生してください」の言葉の中には、「からだに良くないものを控えて、健康を害さないような生活を送ってください」という意味合いが一言に凝縮されています。 「摂生」は ・健康維持のために使う言葉であること(健康以外の目的では使えない) ・「(からだに良くないものに対する)欲をおさえること」という意味合いがある ということを覚えておきましょう。 また「摂生」は「不摂生(ふせっせい)」という言葉で使われることも多いです。「不節制」は、間違いなので注意しましょう。

「今年は酒もたばこも摂生する」は間違い?

先ほど説明したように、「摂生」には、「健康維持のため」という意味合いがあります。そのため、「今年は酒もたばこも節制する」は、健康のためにお酒とたばこを控えるなら、「今年は酒もたばこも摂生する」でも良いのではないかと思う人が多いです。 しかし「摂生」は、もともと「からだに良くないものに対する(欲をおさえる)」と意味合いが含まれています。そのため「酒もたばこも」の部分と「からだによくないもの」という部分が重複して聞こえてしまうため、違和感が出てしまいます。 「酒もたばこも節制する」が正しいと覚えてきましょう。

「節制」の類義語は?

「節制」には似たような意味を持つ言葉が多くあります。そこで「節制」の類義語にはどのようなものがあるのか少し紹介しておきます。

類義語「我慢」の意味とは?

「我慢」という言葉は、日頃からよく使っている人も多いでしょう。この「我慢」は「節制」の対義語にあたります。「我慢」には「感情や欲望のままに行動することを抑え、堪え忍ぶこと」または「辛抱すること」という意味があります。では「我慢」を使った例文を見ていきましょう。 ・ダイエットのため、食後のデザートを我慢する。 ・来月の給料日まで、外食は我慢しよう。 「我慢」と「節制」の違いを簡単に言うと、 ・「我慢」は感情や欲をおさえるときなど、幅広く使える言葉 ・「節制」は欲(主に喫煙欲や食欲)をおさえるときに使う言葉 だと言えるでしょう。この違いを覚えておくと良いでしょう。

類義語「抑制」の意味とは?

「抑制(よくせい)」には、主に2つの意味があります。 1つ目は「意識的な努力によって衝動やそれに伴う感情・思考をおさえること」 2つ目は「進もうとするものを、おさえとめること」 という意味です。では、「抑制」の使い方・例文を順番に見ていきましょう。 ・彼は自分の思いどおりにならないと、すぐ怒り、人に当たるため、感情を抑制する必要がある。 この「抑制」は1つ目の意味の「意識的な努力によって衝動やそれに伴う感情・思考をおさえること」という意味で使われています。 ・カフェインには眠気を抑制する効果があると言われています。 この「抑制」は2つ目の意味の「進もうとするものを、おさえとめること」という意味で使われています。 「節制」と「抑制」は似た意味を持つ言葉ですが、大きく言うと ・「節制」は欲をおさえること ・「抑制」は感情をおさえること という点が違うということを覚えておくと良いでしょう。

類義語「律する」の意味とは?

「律する」には、「ある基準によって、物事を考えたり、処理したりする」という意味があります。では「律する」の使い方を少しみていきましょう。 ・自分を律する この文には「自分に厳しくすること」ということが「律する」という言葉で表現されています。 具体的に例をあげると、ダイエットのために、毎日30分のウォーキングをしている人がいたとします。またその人が、ダイエットをより効果的にするために毎日1時間に目標を切り替えて、ウォーキングをおこなうとすると、 「ある基準によって=30分から1時間にウォーキングを延ばす」 「物事を考え=1時間の方がダイエットに効果的」 「処理する=1時間のウォーキングを毎日実行する」 という事になり、このような場合「自分を律する」に当てはまります。 「律する」は、よく耳にする言葉ではないですが、表現力アップのために覚えておくと良いでしょう。

「節制」の対義語って?

「節制」には、類義語と同じように対義語も多くあります。では「節制」の対義語にはどのようなものがあるのか少し紹介しておきます。

対義語「享楽」の意味とは?

「享楽(きょうらく)」には、「思いのままに楽しむこと」「思う存分に楽しむこと」という意味があります。「享楽(きょうらく)」は「享楽(きょうがく)」と読み間違えられることが多いので、間違えないように注意しましょう。では「享楽」を使った例文を少しみていきましょう。 ・人生を享楽する この文では、「自分のしたいことを思う存分に楽しみながら人生を送る」ということを「享楽」を使って表現しています。「享楽」という言葉を使うことによって、文章に味わいが出ると言えるでしょう。

対義語「放縦」の意味とは?

「放縦(ほうじゅう)」には「勝手気ままにしたいことをすること」「気ままでだらしがないこと」という意味があります。「放縦」は「放縦(ほうしゅう)」と読むこともありますが、「放縦(ほうじゅう)」が一般的な読み方だということを覚えておきましょう。では「放縦」を使った例文を少しみていきましょう。 ・放縦に暮らす この文には、「勝手気ままな(だらしがない)暮らしをする」ということを「放縦」という言葉を使って表現しています。放縦には「だらしがない」という意味も含まれていて、あまり良い印象の意味では使われないため、使い方には気を付けましょう。

「節制」を使いこなそう

初回公開日:2018年01月26日

記載されている内容は2018年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング