IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

真意の意味・類義語や対義語・使い方や例文|法律/真意を探る

初回公開日:2018年01月10日

更新日:2020年06月23日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「真意の意味・類義語や対義語・使い方や例文」と題して、「真意」という奥深い言葉の意味や用例について詳細にご紹介します。一言で「真意」と言っても実に多くの意味があり、またその意味の1つ1つが奥深いです。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

真意の意味

「真意」の意味は「本当の気持ち」や「正直な意図」、またそれらから派生する意味として「人や生き物の表面からは隠された、実際の反応や純粋な心」という意味も持ち合わせます。 このような「人の心」に対する意味に加え、文章(小説やポエムなど)のベースにある「本当の意味や主張」についても「真意」の意味が使われます。この場合は「深意(しんい)」という表記も使われ、この場合の意味も「表面に出ていない奥深い意味」です。

「真意」の使い方や例文とその意味

ちょっと難しい日本語を覚えるときには、「実際に文章に書いて覚える」という方法がとても効果的です。これは英単語を覚える際にも有効な方法で、「実際にその言葉や表現を使ってみる」という実践的な記憶法をぜひ1度試してみて下さい。

法律用語の「効果意思(真意)」の意味

「効果意思」という言葉の意味は法律関連の参考書において小難しく書かれていますが、簡単に言うと「証人や被疑者の言ったことに本音を見出し、誘導尋問をするように、その証言に法律効果を持たせること」を意味します。 この「効果意思」のことを法律界では「真意」と呼び、どんな証言でもその証言に法律的効果を持たせて裁くという、法律における手腕を意味します。

「真意を探る」という言葉の意味と例文

これは「真意」の意味を知っていればすぐにわかるでしょう。「真意を探る」というのは、たとえば対人した際に、相手の「本音」を表情や言動から推し量ることをいい、言葉上の表現では「人や生き物の表面の動きから、その動きをさせている心情的な理由」を意味します。 「真意を探る」の例文 ・あの人の本音がわからないため、その言動からあの人の真意を探ってみます。 ・A国の政治的戦略の意図がつかめない。したがって、A国の政治面における真意を探る必要があるだろう。 ・この小説が何を主張しているのか、その真意を探りたい。 このように「真意」という言葉を使うときには、その真意を探られる対象がまず存在し、その対象と「真意を探ろうとする者」との間に「謎」や「疑問点」があることがわかります。

「真意を確かめる」という言葉の意味と例文

「真意を確かめる」というのは、詳細には「1度でもその真意についてわかった気でいたが、それでも確認のためにもう1度調べてみる」という、「何もわからない状態」で真意を探るのではなく、少しでもその真意についてわかった感覚を持ったうえでの行動になります。 「真意を確かめる」の例文 ・もう1度、彼の真意を確かめたい。 ・この見定めた経緯から、もう少し突っ込んだ政治面の真意を確かめたい。 ・何度かこの文学作品の意図は確かめたけど、さらに先行研究などの情報をもって詳しい真意(主張)を確認したい。 このように「1度でもそれについての真意を確認した経験」を持ったうえで、もう1度、さらに突っ込んで、対象の骨子の部分や本音について調べるといった「確認する」という意味合いが含まれます。

「真意をはかる」という言葉の意味と例文

まず「真意をはかる」の「はかる」は「測る」と書き、この「測る」という言葉の意味には「予測する」や「想像して心の中で推測する」という、「その対象の表面を見たうえで内面を想像する」という意味合いが含まれます。 「真意をはかる」の例文 ・タダシ君の表情や行動から、なぜ彼があのようなことをしたのか、その真意を測りたい。 ・サーカス団の新しい曲芸がどんなものか、皆はその真意を測りかねた。 ・この難解な小説が訴える点について、誰もがその真意を測ろうと試みています。 ・ライオンとトラのこのような場合の真意を測りたく、一緒に暮らしてみます。 ・子どもの真意を測るためには、それなりの犠牲が必要になるだろう。 特に「真意を測る」という言葉を使う場合には、「真意を測りかねる」という否定形で使われることが多く、「なかなかその本音や実態をつかめない」という結果を前提にされる例が目立ちます。

「真意を汲み取る」という言葉の意味と例文(その1)

関連タグ

アクセスランキング