IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「時期尚早」の意味と使い方の具体例|読み方/対義語/類語/英語

初回公開日:2018年01月24日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

みなさんは「時期尚早」という言葉をご存知ですか?知っていたとしてもその意味を正確に答えられますか?また、正しい使い方ができていますか?今回は知っているようで知らない言葉、「時期尚早」の意味をはじめ、その用法や類語・対義語など深く掘り下げて調べていきます。

「時期尚早」とは

みなさんは「時期尚早」と言う言葉を知っていますか。自分で使ったことはないにしても、テレビや新聞などで見聞きしたことはあるのではないでしょうか。見聞きしていても、その意味を正確に答えられる人が少ない場合もあります。そんな「時期尚早」をテーマに進めていきます。

「時期尚早」ってどんな意味?

まず、時期尚早とは一体どんな意味なのか調べてみましょう。辞書によって表現の違いや、わかりやすさなど、人によって異なる場合がありますので複数の辞書から引用してみることとします。さて、以下がさまざまな辞書の「時期尚早」の意味となります。

名・形動]あることを行うにはまだ早すぎること。また、そのさま

その事を実行するには、まだ時が早過ぎること。また、そのさま。▽「尚早」は、なお早い、まだその時期ではないの意。

それぞれの漢字の意味から熟語の意味を推測する

以上の2つから見ても、「まだ時期が早い」というのが「時期尚早」の意味とされていることがわかります。最初の2文字の「時期」のなかで時を意味し、後半の「尚早」で早いということを表しています。 「時期尚早」を初めて聞いたとしても、なんとなくその意味を推測することはできます。どうやら「時期尚早」とは、ただ単純に時期が早すぎるという意味ではなく、「〇〇するのがまだ早い(だから、失敗する)」などという若干ネガティブなニュアンスが含まれています。

そもそも「時期尚早」ってなんて読むの?

さて、次は「時期尚早」の読み方についてみていきます。「時期尚早」は「ジキショウソウ」と読みます。同じサ行なので「ソウショウ」と間違えて読んでしまいそうですが、「ソウショウ」としてしまうと完全に間違いなので気をつけましょう。

「時期尚早」その対義語は?

先ほど「時期尚早」の意味は「まだ時期が早い」こととお伝えしましたが、「時期尚早」の対義語はどんな言葉になるのでしょうか。「もう遅い」のような意味の言葉であることが推測されます。もっと詳しくいうと「もう遅すぎて悪い事態になった」「手遅れでもうどうにもならない」といったような意味の言葉になるでしょう。 ここでは「時期尚早」の対義語を2つ紹介します。

「後の祭り」と「覆水盆に返らず」

1つ目に「後の祭り」です。この言葉の意味については以下になります。

時期に間に合わないこと。手遅れのこと。

関連タグ

アクセスランキング