IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

査定の意味|車/不動産/レセプト/パワプロ・違いや使い分け|評価

初回公開日:2018年01月17日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

プライベートで査定という言葉を耳にしたことはないだろうか。身近なところで言えば車の査定で大きな金額を買取業者に言われることもあります。しかし、車の査定以外でどのようなものがあるか知っていますか?今回はそんな査定にそんな意味があるのかを色々場面ごとにご紹介します

いろんな業界の査定の意味は?

色々な業界で使われる査定があります。身近なところで言えば車の売却に関する査定や不動産売買の査定などさまざまです。ここでは査定の意味をご紹介します。 「査定」の「査」の意味が「よく見て、明らかにする。調べる。」であり「定」が「そうと決まった事。」という意味があります。ここから「査定」という意味は「物事を調べて、その金額・合否などを決めること。」になります。そのような面を踏まえた上で査定とはなにかをここ理解して頂きたいです。 では査定がどのような意味で使われるかを具体的な場面で御覧頂こう。

自分の車の査定額は?

生活の中で欠かせないものである車の査定はどうだろうか。査定によっては大きな金額で買い取ってもらえます。ここでは上記で記載した査定を車で見てみましょう。 車買取業者には車の査定士というプロが存在します。主なチェックポイントは外装、内装、走行距離、エンジン周りをチェックし査定します。査定ポイントを押さえて現在乗っている車のアピールポイント理解することが大切です。 しかし、査定基準は買取業者ごとで差がありいくつかの業者での査定を依頼するのが重要です。そうすることで買取金額も増えるのでお試してください。

不動産売買での査定はアドバイス?

不動産の査定はどうだろうか。車の査定と不動産の査定では少し意味が異なります。車の査定では買取業が商品として売ることを目的としているのに対して不動産での査定は不動産会社が物件を購入するわけではないということです。では不動産の査定はどのような形で行われるか見てみましょう。 不動産の査定は過去の取引事例や今現在の市場、その土地の特徴を踏まえて査定してアドバイスすることが不動産会社が行う査定になります。しかし不動産会社は不動産を買取ことが売上繋がることからデータに基づいた査定が必要なところを売主に希望価格を聞き出して市場価格よりも損をすることがあります。このような点には注意が必要です。

医療の世界での査定は?

医療の世界での査定は?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

患者が病院で診察や手術を受けた保険診療を医療機関が市町村や建工保険組合に請求する医療報酬の明細書があります。これをレセプトといいます。このレセプトの査定をご紹介します。 レセプトの査定は医療機関の請求に対して審査側が不適当と判断した場合に適正化した金額で支払いを行うことを言います。これは医療を行なったことに対しての報酬が減るという病院にとっては厳しい制度です。 病院としては人件費や医材の支払いを考えてみても経営が厳しくなるような面もあります。そういった面でレセプト事務が存在していて不適性でないことを証明する職種も存在しているぐらいです。

野球ゲームでも査定が意味するものは?

野球ゲームでも査定が意味するものは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

色々な業種での査定をご紹介しましたがゲームの世界でも査定はあります。野球ゲームの実況パワフルプロ野球というゲームがあります。パワプロは育成ゲームであり選手の査定があります。ここでの査定はゲーム内での力関係に関係してきます。それによってゲーム内での強さが変わり根強いゲームです。査定は投手や野手のコントロールやスタミナ、基礎能力のように細かく査定基準があり、査定表のような攻略もあるぐらいです。 このようにゲームですが細かい査定があることで楽しさが増え、20年以上続くロングセールスになっています。皆さんもゲームと思わず一度はやってみるのも一つです。

ここまでの査定とは?

上記で多くの査定をご紹介してきましたが似た言葉で見積があります。査定と見積も似てはいますが査定は金額、合否などを調査したうえで決定することです。逆に見積は金額と量、期間と行動を前もって概算すること指します。このように似てはいますが意味合いは全く違うので注意が必要です。 しかし、上記でご紹介したことは個人であり会社でありプラスになることになります。車に関しては個人の利益にも繋がりますし、医療の面でみれば大切な会社経営にもなります。査定と一言で述べても多くの意味があるので関係している業者は特に注意が必要です。

査定を使った例文

査定の意味は「物事を調べて、その金額・合否などを決めること。」です。では具体的にはどのような使い方があるでしょう。ここでは査定を使った例文をいくつかご紹介します。 「車の査定を買取業者に依頼する。」 「骨董品を査定してもらい100万円の金額がついた。」 「会社の損害額を査定する。」 このような使い方があります。例文でも書いたように物事を調べて金額と合否を決める際に使ってください。多くは個人で利益につながるような部分で活用することが多いですが意味を理解していれば文書のみならず、会話で失敗することもなくなります。

査定に似た言葉の意味と違いと使い分け

査定に似た言葉で評価や考課、返戻があります。例えば「評価」では自己評価や評価価格というように使われます。考課では人事考課のように会社での役割に大きな面を持っています。返戻は返戻金や返戻品のように戻ってくるものがあります。査定に似た言葉として上記でご紹介した言葉の意味と使われ方はどうだろうか。 ここからは評価と考課、返戻の意味の違いと使い分けを下記で場面場面でご紹介していきます。

評価は他者が決めること

関連タグ

アクセスランキング