IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「恒久的」の意味と使い方|恒久的施設/対策/平和・類語・対義語

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「恒久的の意味と使い方」と題して、「恒久的」の意味や用例・用法・用途に伴い、あらゆる側面からその言葉の内容をご紹介します。1つの言葉を探究して新たな知識が得られるというのは、実にステキなことです。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

更新日時:

「恒久的」の意味とは

「恒久的」の意味とは

「恒久的(こうきゅうてき)」の意味は、「いつまでもその状態が続くさま・維持すること」で、もっぱら政治面や経済界、また世情を論評する際などにもよく使用される言葉です。「恒久的」の「恒久」には「永久不変」という意味合いがあり、「初めから存在し、ずっと不変のもの」を指す言葉となります。

「恒久的」の意味を追求するに当たって

「恒久的」の意味を追求するに当たって

「恒久的」という言葉が持つ意味を眺めるに当たって、その「永久不変にある存在」を対照に引き出すとわかりやすいでしょう。たとえば自然界にある太陽や星、その他にも風や人体機能など、さまざまな「恒久的な働き」をするものがあります。 とにかく「ずっと変わらない・変わりようがない」という存在を指して言う意味の言葉で、暫定的(しばらくの間)でも「かわりようがないもの」に対しては、この「恒久的」の意味を流用して使います。

「恒久的」の同義語や類語

「恒久的」の同義語や類語

先述しました「不変のもの・変わらないもの」という意味に焦点を当ててみると、その類義語がわかります。その類義語は以下のとおりです。 ・果てがない ・不変 ・不易(ふえき:時代を経ても変わらないこと) ・永続的 ・とこしえ ・千古不易(せんこふえき:永遠に変わらないこと) ・限りがない ・永久 ・無限 ・際限のない ・縷々(るる:1つの物ごとが連なること) このように「1つの物ごとや状態が永久的に変わらないこと」を意味する言葉が多く、日本語においても普段から日常語として使用されています。

「恒久的」の対義語と意味

「恒久的」が「永遠に変わらないこと」を意味する言葉であれば、その反対語は「すぐに変わること」を意味する言葉になります。対義語は以下のとおりです。 ・一時的 ・暫定的(ざんていてき:変更を踏まえ、しばらくの間) ・仮りの ・試験的 ・はかない ・果敢ない(極端に短いことの喩え) ・単発 ・端的 ・対症的(たいしょてき:表面的な処置に終わり、問題はずっと残ること) このように「一時的にしか続かない物ごと」を意味する言葉が多く、これらについてもいくつかの言葉は、日本語として日常から普通に使われるものが多いです。

「恒久的」の読み方

「恒久的」は「こうきゅうてき」と読みます。「永遠に不変であること」を意味する言葉「恒久」に、複合的な意味合いを加える「的」がつくことで、「永遠に変わらない物ごと、不変であると考えられる事象」について表す意味の言葉になりました。

「恒久的」の意味を英語で表現

英語には同義(同じ意味)を表す単語が複数ある場合が多く、この「恒久的」の意味にしても、かなり多くの単語にその意味が含まれます。「恒久的」の意味を表す英語は以下のとおりです。 ・forever(永遠に) ・lasting(持続する) ・permanent(永久・不変) ・unceasing(絶え間のない) ・everlasting(不朽の) ・perpetual(永久的な) ・eternal(永遠の) ・un-ending(終わりのない) ・never-ending(終わらない) ・ageless(永遠) ・eternity(永遠) ・immortality(不滅) このような単語が並びます。この他にも意訳的に「永遠・不朽」を意味する単語がありますが、主に使用される「永遠」を表す単語としては「forever」や「eternal」、また「never-ending」などが一般的でしょう。

恒久的の使い方の例文

「恒久的」を使用した例文にはどんなものがあるでしょうか。あまり聞き慣れない人には「そんな使い慣れない言葉を文章や対話に使うことは、あまりないのでは」と疑問に感じるでしょうが、これが実はけっこう使われています。 ここでご紹介する「恒久的」の使用例をぜひ覚えて、必要なときに都合よく使えるように工夫してみて下さい。

恒久的対策の使用例と意味

「恒久的対策」とは主に長期目標として扱われることが多く、「その場しのぎではない、半永続的な対策・解決策」を意味する言葉になります。この「恒久的対策」の対義語になるのは「暫定的対策」や「一時対策」、また「臨時対策」です。 ・恒久的対策の使用例 昨今からわが国の経済不安はいちじるしく悪化している。このままでは財政破綻の一途をたどる末路は目に見えているため、税金の底上げを恒久的対策案として推進する。 このように少し「形式張った表現」になりますが、「いつ回復するかわからない経済状況への当面の打開策案」を講じるときなどに、この「恒久的対策」という言葉が使用されます。

恒久的平和の使用例と意味

恒久的平和の使用例と意味

これまでにお伝えしてきた「恒久的」の意味に配慮するとわかりますが、「恒久的:ずっと変わらない」という意味に「平和」がつく形で、「ずっと変わらない平和・永遠に続く平和」という意味になります。 ・恒久的平和の使用例 内戦続きによってA国はずっと政情不安が続いてきた。しかしB国の強力によって経済的側面の復興と、政情不安をぬぐい去れたことによって、再び平穏な日々が続くだろう。A国が今後において望むものは、ずっと平穏が続く恒久的平和の世界と謳いたい。 「恒久的平和」は「恒久平和」とも言われますが、「ずっと変わらない平和を望む姿勢の文章や記事」の内容で、やはり少し形式張った表現となります。

恒久的施設の使用例と意味

「恒久的施設」という言葉の意味は、1国が担う産業・工業をはじめ、その国の財源をまなかう国際的に貴重な施設全般を指して言い、主に納税義務が課された施設のことです。加えて「無期限でその場所や施設の利用が前提とされる場所」を意味します。 簡単に言えば、お店、産業施設、工場、研究所、事務所、鉱山などを含め、事業を永続的に行なう場所を指して言い、国際税務に関する概念では外国法人の課税への根拠となります。

恒久的と似た用語の意味と使い方の違い

「恒久的」という言葉の意味によく似た言葉があることは先述しましたが、中にはこの「恒久的」の意味と微妙に違ってくる言葉もいくつかあります。 この場合でも「恒久的」が持つ言葉の意味によく焦点を当て、「恒久」の意味や語源をピックアップする形で眺めてみれば、他の「類義語」との違いが自然と見えてくるでしょう。

恒久的と永久的の意味の差異

「恒久的」と「永久的」は意味上ではほぼ同じです。強いて言えば「恒久的」はやや形式張った言い方となり、日常的に使用されるのは「永久的」の場合が多いでしょう。 さらに両者の言葉の意味に鋭く視点を当てる場合、「永久的」という言葉の意味にはやや「人工的な意味合い」が含まれ、「人の手によってそれが永久不変のものにされる」という、その時点からの「恒久性」がうかがえます。 これに比べて「恒久的」の意味には、人工的な働きを加えないままに自然界において「永久性」が認められる対象について言い、太陽や星や天地の不変性など、「天然的な不変物」について言われる場合が認められます。

恒久的と恒常的の意味の違い

「恒久的」の言葉の意味は先述したように「初めから天然的に不変の物」を指しますが、「恒常的」という言葉の意味は「常日頃から」や「いつも」、「日常的に」という、習慣に基づいた意味合いを持ちます。 そのため「恒常的」の意味としては「永久性」と言うよりは「意識的に不変の物」とされている傾向があり、「その気になったら(習慣を変えようとすれば)いつでも変えられる、永久ではない連鎖的な動き」が認められます。

恒常的と永続的の意味の違い

「永続的」という言葉の意味は「特定の状態が長続きするさま」を言い、どちらかというと「暫定的(しばらく・当面)はその状態が続く」といった、これも人工的な働きが見えてきます。 しかし「永続的」や「永久的」の言葉の意味は、一般的に「恒久」に近い意味合いで使用される場合も多く、「永続的」も「永久的」とほぼ同じ意味として、「恒久的」の意味からそう遠くない意味合いの言葉として用いられます。

一時的と恒久的の対照的な意味

「一時的」という言葉の意味は「暫定的」の意味よりさらに短い、「臨時的」や「いっとき」といった、「今後において必ず変更が認められる状態」を指して言います。これに比べて「恒久的」の言葉の意味は「永遠に変わらない不変性」を意味として持ちますから、その対象観は正反対に近いものと言ってよいでしょう。

「恒久的」の意味をその類義語と混同しないこと

いかがでしたか。今回は「恒久的の意味と使い方」と題して、その類義語や用例についてご紹介しました。 「恒久的」や「永久性」という言葉が持つ意味合いは「ほぼ同じ」といったようにうかがえますが、よく言葉の由来や意味の成り立ちを見てみると、微妙に違ってきたりする場合があります。1つ1つの言葉を正しく理解し把握するためにも、日本語との向き合い方を大切にしましょう。

関連タグ

アクセスランキング