IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「恒久的」の意味と使い方|恒久的施設/対策/平和・類語・対義語

初回公開日:2018年01月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「恒久的の意味と使い方」と題して、「恒久的」の意味や用例・用法・用途に伴い、あらゆる側面からその言葉の内容をご紹介します。1つの言葉を探究して新たな知識が得られるというのは、実にステキなことです。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

「恒久的」の意味とは

「恒久的(こうきゅうてき)」の意味は、「いつまでもその状態が続くさま・維持すること」で、もっぱら政治面や経済界、また世情を論評する際などにもよく使用される言葉です。「恒久的」の「恒久」には「永久不変」という意味合いがあり、「初めから存在し、ずっと不変のもの」を指す言葉となります。

「恒久的」の意味を追求するに当たって

「恒久的」という言葉が持つ意味を眺めるに当たって、その「永久不変にある存在」を対照に引き出すとわかりやすいでしょう。たとえば自然界にある太陽や星、その他にも風や人体機能など、さまざまな「恒久的な働き」をするものがあります。 とにかく「ずっと変わらない・変わりようがない」という存在を指して言う意味の言葉で、暫定的(しばらくの間)でも「かわりようがないもの」に対しては、この「恒久的」の意味を流用して使います。

「恒久的」の同義語や類語

先述しました「不変のもの・変わらないもの」という意味に焦点を当ててみると、その類義語がわかります。その類義語は以下のとおりです。 ・果てがない ・不変 ・不易(ふえき:時代を経ても変わらないこと) ・永続的 ・とこしえ ・千古不易(せんこふえき:永遠に変わらないこと) ・限りがない ・永久 ・無限 ・際限のない ・縷々(るる:1つの物ごとが連なること) このように「1つの物ごとや状態が永久的に変わらないこと」を意味する言葉が多く、日本語においても普段から日常語として使用されています。

「恒久的」の対義語と意味

「恒久的」が「永遠に変わらないこと」を意味する言葉であれば、その反対語は「すぐに変わること」を意味する言葉になります。対義語は以下のとおりです。 ・一時的 ・暫定的(ざんていてき:変更を踏まえ、しばらくの間) ・仮りの ・試験的 ・はかない ・果敢ない(極端に短いことの喩え) ・単発 ・端的 ・対症的(たいしょてき:表面的な処置に終わり、問題はずっと残ること) このように「一時的にしか続かない物ごと」を意味する言葉が多く、これらについてもいくつかの言葉は、日本語として日常から普通に使われるものが多いです。

「恒久的」の読み方

「恒久的」は「こうきゅうてき」と読みます。「永遠に不変であること」を意味する言葉「恒久」に、複合的な意味合いを加える「的」がつくことで、「永遠に変わらない物ごと、不変であると考えられる事象」について表す意味の言葉になりました。

「恒久的」の意味を英語で表現

英語には同義(同じ意味)を表す単語が複数ある場合が多く、この「恒久的」の意味にしても、かなり多くの単語にその意味が含まれます。「恒久的」の意味を表す英語は以下のとおりです。 ・forever(永遠に) ・lasting(持続する) ・permanent(永久・不変) ・unceasing(絶え間のない) ・everlasting(不朽の) ・perpetual(永久的な) ・eternal(永遠の) ・un-ending(終わりのない) ・never-ending(終わらない) ・ageless(永遠) ・eternity(永遠) ・immortality(不滅) このような単語が並びます。この他にも意訳的に「永遠・不朽」を意味する単語がありますが、主に使用される「永遠」を表す単語としては「forever」や「eternal」、また「never-ending」などが一般的でしょう。

恒久的の使い方の例文

関連タグ

アクセスランキング