IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公僕の読み方/意味/由来/類語・公務員は公僕なのか

言葉の読み方

「公僕」とは、どのような意味なのか、きちんと答えられますか。自分できちんと理解できていない言葉を、使うのは、相手に不快を与えたりする危険性を伴います。本記事では、「公僕」の意味と言い換え可能な類語、使い方をご紹介します。適切な表現の参考にしてみてください。

更新日時:

公僕の読み方

公僕の読み方

「公僕」は、「こうぼく」と読みます。 日常的に使われる言葉でないため、馴染みがない方もいるかと思いますが、公僕には他の読み方はないため、こちらの読み方を覚えておきましょう。

同じ読みの言葉

「こうぼく」の同音異義語には、 ・「高木」 ・「香木」 ・「坑木」 ・「厚朴」などがあります。 どの言葉も「公僕」とはかけ離れた意味なので、会話の中で「こうぼく」と出ても意味を取りちがえることはないでしょう。

「公僕」とは

「公僕」とは

「公僕」とは、どのような意味で使われているのでしょうか。ここでは、言葉の意味や使い方、他の言葉との違いをご説明したします。

「公僕」の意味

広く公衆に奉仕する者。公務員のこと。

辞書には、このように定義されています。 「広く公衆に奉仕する者」と聞いたとき、どのような職業が思い浮かぶでしょう。おそらく、警察官や消防士などがまっさきに思い浮かぶのではないしょうか。 そういう意味では、「広く公衆に奉仕する者」という説明も、もう一つの意味の「公務員」を意味していると考えられます

「下僕」「召使」とは違うのか

「公僕」には身分の上下を表す意味はありません。実は、「公僕」は和製漢語であり、元々は英語を日本語訳した言葉です。 その日本語訳の際に、「僕」という身分の低い者に使う字を当てたため、本来の意味とは別のイメージがついてしまいました。

「公僕」は差別用語なのか

実際、「公僕」は差別用語ではなく、正式に使うことができる言葉です。 しかし、言われた当人が「差別用語」と感じてしまう以上は、使わないことが好ましい場合があります。「公務員」を説明する文章などで、「公僕」を使うのは構いませんが、公務員当人に向かって、「公僕なんだから○○すべきでしょう」という形で使うことは、避けた方が無難です。

「公僕」の使い方

公僕は「広く公衆に奉仕する者」「公務員」という意味です。そのため、警察官や政治家、地方自治体職員が民間企業で勤めている人間でなく、国および地方自治体、国際機関等に勤めている人間を改めて明示する際に使われます。 「国の犬」といった表現が通俗的に通用してしまうようになっていますが、こちらは誤用ですので注意しましょう。

例文

・警察官や消防士は公僕である。 ・政治家は公僕であるという意識を忘れてはいけない。

漢字から見る「公僕」の意味

漢字から見る「公僕」の意味

「公僕」という字は、 「公(おおやけ)」 「僕(しもべ)」 という漢字で構成されています。 この「僕」という漢字が、「奴隷」を意味する言葉であることから、この「公僕」を「公のしもべ」と理解してしまい、公務員を見下して表現するために「公僕」を使う人がいます。しかし、これは元々英語の誤訳が原因です。

「公僕」の由来

公務員のことを、英語で「public servant」「civil servant」と表現します。直訳すると「公や市民に仕えるもの」といったところです。 公務員も、明治の制度改革の中で、欧米から取り入れられた制度のひとつであり、それまでの日本語のなかに、「public servant」「civil servant」にあたる、役職などがなかったため、「公僕」という言葉が作られたと考えられています。 このとき、「servant」に「僕」をあてたため、本来の英語の単語には含まれていない、「低い身分」という意味を感じさせる和製漢語になってしまいました。

公務員は「公僕」なのか

公務員は「公僕」なのか

先ほども説明しましたが、辞書的な意味で言えば、公務員は公僕です。 しかし、日本語訳の際に当てた漢字のせいで、「国のためだけに奉仕する職業」という認識・イメージがついてしまっていることもまた事実です。

日本国憲法の記載

日本国憲法第15条に、公務員についての記載があります。

すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

このように、公務員は「全体の奉仕者」と定義されており、辞書でいう「広く公衆に奉仕する者」と合致すると言えます。 このことからも、やはり「公務員は公僕である」と判断し、表現することができます。 「公務員」の定義と、「公僕」の意味が誤った認識と混ざり合ってしまっているため、わかりにくくなっていますが、しっかりと整理しましょう。

公僕の類語

公僕の類語

「公僕」の類語には、 ・「公務員」 ・「役人・お役人」 ・「官吏」 ・「官員 」 ・「吏員」 ・「官僚」 などがあります。 このように、「公に仕える職業」もしくは「公の機関に務める人」の言い換え表現が公僕の類語にあたります。

「公僕」という言葉を使うときは注意しよう

「公僕」という言葉を使うときは注意しよう

「公僕」は、辞書にもきちんと掲載されている、「公務員」を意味する言葉ですが、ここまでご紹介してきたように、「公僕」に使われている個々の漢字の意味から、「公務員を見下して使う言葉」と理解している人もいます。 その理解は本来的には誤りではありますが、言われた人がそのように受け取り不快に感じる可能性があるのなら、使わない方が無難でしょう。 単に、辞書を調べただけでは、国語としての意味しかわかりません。その言葉が、世間でどう解釈されているかも知ったうえで、会話を円滑に回せるように、使い方を選んでいきましょう。

覚えておきたい間違えやすい言葉

今回の「公僕」のように、間違えやすい言葉・誤解されがちな言葉というものは、少なくありません。相手に失礼な印象を与えないため、誤った意味に捉えられないためにも、正しい意味と適切な使い方を覚えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング