IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

玄の読み方/意味/由来/用例・玄を使った名前の読み方と意味

更新日:2020年07月20日

言葉の読み方

ニュース等はもちろんのこと、玄という漢字はいろいろな場所でよく見かけます。玄にはさまざまな読み方や意味があります。今回は玄の読み方や意味、子どもの名前に玄を入れるときの読みと意味、玄の戒名の意味など、玄という漢字についてご紹介します。

「玄」の読み方は?

「玄」という字はいろいろな場所で見かけます。ぱっと思い浮かぶのは「玄人(くろうと)」や「玄関(げんかん)」あたりでしょうか。「幽玄(ゆうげん)」なんていうものもあります。風水や中国の歴史などに興味のある方は「玄武(げんぶ)」もよく見かける言葉でしょう。 「玄」を使った名前にもすてきなものがたくさんありますが、意味や由来を知ることで名付けをもっと愛着のあるものにしてみましょう。そんな「玄」の字を細かく見てみましょう。

げん

「げん」という読み方は音読みに当たります。使用例は、玄関(げんかん)、玄猿(げんえん)、玄奥(げんおう)、玄黄(げんこう)、玄学(げんがく)、幽玄(ゆうげん)など。

けん

「けん」という読み方も音読みです。熟語などはなく、名前に使用されることが多い読み方です。

くろ

「くろ」という読み方は訓読みにあたります。使用例は言わずと知れた玄人(くろうと)です。

しずか

「しずか」も訓読みです。こちらも名前に使うことが多い読み方です。

ふかい

「ふかい」も訓読みです。こちらは使用例もあまりなく、あまり馴染みのない読み方です。

難読な使い方

玄鳥(つばくらめ)、玄孫(やしゃご)という読み方もあります。

「玄」の意味とは?

「玄」の意味もまたさまざまで、多岐にわたります。

赤または黄を含む黒色

初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング