IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「供給」の意味と使い方|英語・対義語/需要・供給曲線/供給者

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

あなたは供給という言葉の意味について、真剣に考えたことがありますか?供給は経済学の中でも重要な概念で、商品やサービスの価格だけではなく、あなたの給料の額にも影響を与えています。今回は、供給の意味を紐解きながら、初歩的な経済学の概念をご紹介します。

経済学を学ぶ意味

現代社会を生きる上で、経済学を学ぶことはとても大切です。国の経済成長率や金融政策だけではなく、あなたが関わっている企業やプロジェクトの将来性を読み取るためにも、経済学を学ぶことは重要です。 経済学の初歩として、供給という概念があります。今回は、この供給という言葉の意味を詳しく説明しながら、生きるために必要な経済学のエッセンスを、あなたにお伝えします。

まずは市場の意味から

供給の意味を理解するためには、市場という概念を分かっている必要があります。経済学で市場は、「いちば」ではなく「しじょう」と読みます。 市場とは、財やサービスがお金で売買される場所のことを意味しています。経済学で市場は、店舗などの物理的に存在しているものだけではなく、為替市場や金融市場などのインターネットや電話でやり取りされるものも含んでいます。 市場では家電などの商品や、マッサージや医療などのサービスが売買されています。その他にも、外国為替市場、金融市場、労働市場などがあります。 かつては、市場となるものはお店が主流でした。しかし、現代の市場は、インターネットを介したやり取りがとても多くなっています。

「供給」の意味や類義語

供給は、経済学で非常に大事な概念です。供給がなくなってしまえば、あなたが購入できるものやサービスは、社会からなくなってしまいます。 また、供給の対となる意味の言葉は需要ですが、供給と需要に基づいて商品の価格が決定します。そのため、供給の意味が詳しく分かれば、特定の商品やサービスの価格が変動する理由が分かります。

供給の意味

供給とは、生産者が自発的な意思に基づいて、商品を市場に出すことを意味しています。また、生産者が市場に出した商品量のことも、供給は意味しています。市場に商品を出した人や企業は、対価として金銭を得ることができます。 また、市場に供給できるものは、お店やオンラインで売られている商品だけではありません。市場には商品市場の他に、労働力市場もあります。つまり、あなたの労働力も、経済学の世界では売りものになります。 会社に勤めていると、契約によって労働時間は規定されます。しかし、それは会社に規定された時間だけ労働力を提供することを、あなたが自発的に決めたと経済学では想定されます。 また、市場には金融市場もあります。あなたが銀行や証券会社で変える株式や債券は、誰かによって金融市場に供給されています。

供給の類語

経済学上での供給と意味が似ている言葉としては、サプライがあります。サプライは日本語の供給を英語に訳した言葉であり、ほぼ同一の意味を持っています。 他の供給と似た意味を持つ言葉としては、支給があります。支給という言葉は、何かを人に与えるという意味があります。ただ、支給には金銭的利益を得る目的で、市場に何かを提供するという意味はありません。

供給の対義語

供給と反対の意味を持つ言葉は、需要です。需要は供給と同じく、経済学でとても大切な概念です。 需要とは、消費や生産をする目的で、市場から商品やサービスを買い取ることを意味します。経済学では人の欲求ではなく、具体的に買うことに対して需要と言います。 これは大事なポイントですが、商品やサービスが購入される目的には、消費の他に生産もあります。これは労働市場に当てはまることが多く、企業や行政はあなたの労働力を使って、何かを生産しています。 また、後ほど詳しく説明しますが、供給と需要の関係から価格が決まるものは多いです。

供給を英語にすると

供給を英語に訳すと、Supplyになります。Supplyを発音すると、サプライになります。 Supplyも経済学で使われる言葉であり、商品やサービス、労働力などが市場に提供されることを意味しています。 また、供給に需要という対義語があるように、SupplayにもDemandという対義語があります。Demandの読み方はデマンドであり、日本語で需要を意味しています。

供給の使い方の例文

供給は日常会話ではなく、経済学やビジネスの場で使われることが多いです。また、供給曲線や供給公社など、日常的にはなじみが薄い用語は多いです。 ここでは、供給曲線や供給公社などを例に出し、供給という言葉の使い方を説明します。

初回公開日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング