IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

希望の読み方/意味/英語表記/類語・希望の使い方と例文

初回公開日:2018年01月10日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「希望」という言葉は、よく耳にもしますし、口にもします。しかし具体的な意味について考えたことはありますか?とても明るくて前向きな言葉ですので、皆様にも意味を理解していただきたいと思います。ここでは「希望」の意味や使い方などご紹介しています。

希望の読み方

「希望」という言葉は誰もが耳にしたことがある、口にしたことがある、前向きで明るい意味の言葉です。「希望の党」という政党もあるように、未来への望みや願いを表した言葉が「希望」だといえるのではないでしょうか。この記事では「希望」という言葉の意味や使い方について取り上げます。

読み方:きぼう

「希望」の読み方は「きぼう」「KIBOU」です。 希望の「希」の字は、ほかにも「まれ」という読み方や、「う」を送り仮名にして「こいねがう」という読み方もします。また名前などにも使われます。この字で「のぞみ」と読む名前を見たことがあるでしょう。 希望の「望」の字は、ほかにも「もう」「もち」という読み方もあります。この字も名前によく使われる字で、「のぞむ」や「のぞみ」という読み方をします。また「望」一文字で「み」と読む使われ方がよくされます。例えば「愛望」と書いて「まなみ」という読み方をする名前です。 どちらの感じも、名前に使われるような明るくきれいな言葉であることがわかります。

希望の意味とは

では実際に「希望」という言葉には、具体的にどのような意味が含まれているのでしょうか。希望という言葉の意味を少し掘り下げて考えていきましょう。 さまざまな本やメディアにおいて、希望という言葉の意味は次のように定義されます。 ・未来に望みをかけること ・こうなれば良い、こうなってほしいと願うこと ・望みどおりになるだろうという見通し ・好ましい事実の実現を望むこと

こうなってほしいと願うこと

「希望」の意味には「こうなってほしいと願うこと」が含まれます。例えば以下のような場合に当てはまります。 ・明日は晴れてほしい ・ペットが飼えるアパートに引っ越したい ・赤い車がほしい などです。意見が求められる場合は、積極的に自分の希望を述べていくのは大切です。

将来に対する希望

将来に対して良いことを思い描くことも「希望」です。例えば以下のような場合に当てはまります。 ・良い学校に行って、良い会社に就職したい ・将来は平和になってほしい ・科学が発達したらより環境改善がされるだろう 身近に起こりうる小さなことから、将来や未来を思い描いたスケールの大きなものまで「希望」は無限に意味が広がることがわかります。

希望の英語表記は?

希望の英語表記は?
※画像はイメージです
出典: Dictionary - Free pictures on Pixabay

「希望」という言葉は、日本語に限らず英語にしても使われます。誰もが一度は耳にしたことがある言葉でしょう。希望の英語表記と、使い方を少し取り上げましょう。

Hope

「希望」を英語にすると「Hope」になります。読み方は「ほーぷ」です。聞いたことがおありでしょう。 もちろん日本語の「希望」と同じく、「期待」「望み」「願い」といった意味が含まれますが、日本人が「Hope」という言葉を使う場合は少し違った意味合いになることがあります。例えば「将来に望みをかけられている人」や「有望な新人」といったふうに、人に当てはめて使われることがしばしばです。 例えば、「君は我が社のホープだよ」と言われたら、「君には期待しているよ」という意味になります。言われたら嬉しい褒め言葉でしょう。

希望の類語

関連タグ

アクセスランキング