IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

逸脱の読み方(いつだつ)/意味/英語表記・逸脱の使い方と例文

初回公開日:2018年01月10日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「逸脱」は、「本来の目的からそれること」という意味です。会議の場や実験の場などで使われることが多い言葉だけに一般の方には馴染みのない言葉になります。この記事では、「逸脱」の使われ方や例文、英語表記など詳しく記述しています。

逸脱の読み方は?

いつだつ

先ほども既述したように、「逸脱」は「いつだつ」と読みます。漢字の成り立ちから踏まえると、逃げるや見失うなどの意味である「逸」と身につけていたものを取るなどの意味である「脱」からできています。 したがって、何か決められていたものから逃げたり、本来の目的から見失ったり、ルールから外れてしまうといった意味を表わしています。

逸脱の意味は?

国語辞典に記載されている「逸脱」の意味は、「本筋や決められた枠から外れること」「本筋や決められた範囲からそれること」です。 逸脱とよく似た意味として用いられるのが、範疇外・例外・規格外です。これらの意味は、「要素・概念の枠組みから抜け出ているさま」であり「逸脱」と類語として用いられているのがわかります。 しかし、「逸脱」という意味は、さまざまな意味がありさまざまな使われ方をするため、類語も変わっていきます。これについては、後程記述していきます。

本筋からそれること

「逸脱」の意味である「本筋からそれること」は、基本的に以下のようなパターンで使われることが多いです。 ・本来の目的から逸脱する ちなみに、「本筋からそれること」の別の表現は以下のようなものがあります。 ・本質から外れる ・本題からそれる ・脱線する ・趣旨を違える ・本質から遠ざける これだけ多く似た表現があるのは、「逸脱」を使う機会がかなりあるということです。企画会議や開発会議など、話し合いの場で本筋から離れてしまうことが多いです。それを本筋に戻す役目が司会者や進行している者などにあります。

逸脱の英語表記は?

「逸脱」を英語表記で表すと「deviance」になります。この「deviance」という英語表記は名詞での表現になっています。他にも、格式高い表現として「deviation」「departure」といった表現もあります。 逸脱するという動詞としての英語表記は「stray」、格式高い表現として「depart」「deviate」といった表現になります。 基本的には「deviance」で表現することが多いですが、この単語を文章で見る機会は海外の企業で勤めているか、海外の企業と会議をするかであり、一般的な企業で勤めている方はなかなか聞き慣れない単語です。

deviance

「逸脱」の英語表記である「deviance」は、文章ではなかなか見る機会が少なく、「逸脱する」という動詞としての表現の方がまだ見る機会があります。これを文章で表現すると以下のようになります。 ・権限を逸脱する 「deviate one's authority」 ・逸脱した行動 「deviant behavior」 ・故意に良いことから逸脱すること 「deliberately deviating from what is good」 ・コリメート光は元の伝達経路を逸脱する 「The collimated beams are deviated from the original transmission route」

逸脱の使い方と例文は?

「逸脱」は、本来の目的から外れることという意味であり、会議などでよく使われることが多いです。よって、基本的には難しい文章が多く、なかなか理解することが難しいです。そんな「逸脱」の使い方は以下のようになります。 ・乗客が避難路面より逸脱せずに避難できるようにする ・自車両が走行車線から逸脱する可能性 ・原子炉施設が運転制限を逸脱した ・車両がセンターとの通信可能地域を逸脱する ・PCI Express規格を逸脱する ・許容範囲から逸脱する

本来の目的から逸脱する

「本来の目的から逸脱する」は、言い換えると、「話題や方針がそもそもの趣旨や目的と違ったものになること」という意味にもなります。逸脱の意味である「本来の目的から逸脱する」は、別の言い方をすることもできます。以下がそれになります。 ・本題から逸脱する ・テーマから逸脱する ・テーマから外れる ・本筋から逸脱する

任務を逸脱する行為

「任務を逸脱する」は、言い換えると、「与えられた任務や役割を途中で投げ出す」や「本筋や決められた枠から外れる」という意味でもなります。この表現が使われた事例は、2011年2月にニュースになった自民党議員の監視です。このときは、情報保全隊というところが本来の任務ではない自民党議員の監視をしており、現場にいる方が勝手にやったことだと報道されておりました。 このように、「任務から逸脱する」は、本来の任務をすることなく他のことを勝手にやってしまっているという全体的な意味もあります。

治験における逸脱の意味は?

治験とは、新しく開発された薬などを実際の人間に試すことです。この治験は高額バイトとしてよくテレビにも取り上げられていました。実際は、お金をたくさんもらえる代わりに薬などによる副作用がどのような症状として出るかわからず危険なことでもあります。 そんな治験における「逸脱」の意味は、計画されている実施内容から外れてしまっていることなどを意味します。治験で「逸脱」をしてしまうと、人体に重大な障害や影響を与えてしまう可能性が高く、十分に注意しなければならないという意味も含まれています。

関連タグ

アクセスランキング