IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「言質」の意味や読み方とは?「言質」「言質をとる」の使い方と例文

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

「言質」とは、げんちと読み、時間が経ったのちに何らかの証拠となってしまうような言葉という意味があります。この記事では、「言質」「言質をとる」の正しい使い方や例文をご紹介していきます。また「言質」「言質をとる」の類語についてもご説明していきます。

言質の読み方とは

言質とは読み方を間違いやすい漢字としても、よく知られているようで、正しく読めない漢字といった記事などで、上位に入っていることもあります。 言質の意味や使い方を知る前に、読み方を知っている必要があります。

「げんち」と読む

言質は「げんち」と読みます。質という漢字を「ち」と読むことが少ないため、読み方を間違えてしまうケースが多いと考えられます。 「言」「質」のどちらも小学生の時に習う漢字ですが、意外と読めない人が多いのではないでしょうか。質を「ち」とする読み方は、高校生になってから習うようなので、記憶に残っていない人もいるでしょう。 ちなみに慣用読みの言質を取るは、「げんちをとる」と読むことも覚えておきましょう。

「げんしつ」「げんしち」と読み間違えがち

言質の間違いやすい読み方の一つに「げんしつ」が挙げられます。「質問」や「性質」のように、普段使用する言葉の中で「質」を「しつ」と読む場合が多いためだと考えられます。 「げんしつ」と同じく、言質の読み間違え方として多いのが「げんしち」です。「質屋」のように「質」を「しち」と読むことがあるため、言質を「げんしち」と間違えてしまうことがあるでしょう。 他にも、ことじ、ことじち、ごんしつといった読み間違いも多いでしょう。

言質の意味を知ろう

言質の読み方について紹介しましたが、次に言質という言葉にはどのような意味があるのか学んでいきましょう。 そのまま漢字の組み合わせのイメージからすると、言葉を人質にするといった印象を受ける人もいるでしょうが、実際はどうでしょうか。 しっかりと現地の意味を理解した上で使った方が間違いはないので、これを機会に「言質」の意味を知りましょう。

のちの証拠となる言葉や約束という意味

言質のその意味は、時間が経ったのちに何らかの証拠となってしまうような言葉のことを指します。例えば、待ち合わせの約束をしていて「15時に駅前に行く」と相手に言ったとします。 この時に言った言葉が言質となり、待ち合わせの時間に間に合わなかったり、場所を間違えたりした場合、約束を破ったという証拠の発言となります。 「質」には、約束を保証するために相手に担保となるものを渡しておくといったニュアンスがあります。

言と質それぞれの漢字が語源となっている

言質の語源として、「言」「質」というそれぞれの漢字が関係していると言われています。 「言」は、発言した言葉という意味があります。「質」は、中身・約束の保証として預けておくものといった意味があります。 この1つ1つの漢字が組み合わさることで、「発言した言葉を約束の保証として預けておく」といった意味になり、最終的に「証拠となる言葉」という意味合いになりました。 ちなみに、言質を表現する英語は存在しないとされています。

言質の使い方3つ

「言質」の読み方や意味、類語について紹介していきましたが、具体的にはどのように使用されるのでしょうか。3つの具体例を挙げて、言質の使い方について説明していきます。 使い方の次に例文もご紹介しているので、使い方を知ってから例文を参考に実際に「言質」という言葉を実用してみるといいでしょう。 もっと詳しい使い方が知りたい方は、辞書で調べてみましょう。

言質の使い方1:言質をとられぬように慎重に発言する

具体的な使い方の例として、「口車に乗せられて言質をとられぬように慎重に発言する」を挙げます。 意味は、相手に有利になってしまうような言葉を出してしまわないように、言葉選びに注意して話すといった意味合いとなります。 例えば、仕事の取引で他社と交渉をしているときに、予算や納期など、自社にとって不利益になりそうな情報を相手に与えたくない場合「言質をとられぬように慎重に発言する」といった言い方があてはまるでしょう。

初回公開日:2018年01月09日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング