IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プロダクトの意味と使い方・IT/広告用語としての意味

更新日:2020年03月05日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「プロダクトの意味と使い方・IT」と題して、「プロダクト」の基本的な意味や使用法、またさまざまな分野で使用される「プロダクト」の意味や用途や使用法について、細かくかみ砕いてわかりやすくご紹介します。どうぞお役立て下さい。

プロダクトの意味

「プロダクト(product)」の本来の意味は「生産」や「生産物」というもので、この言葉は主に工業や産業をはじめ、現代ではIT関連の分野でも多く使われています。主に生産過程を持つ企業間において使用され、特に生産者と需要者にはじまる「需要と供給」の面で多用されています。 「プロダクト」の文法的な形は名詞となるので、「プロダクトする」とは基本的に言わず「プロデュースする(to produce)」というように、動詞に変換して使われるのが一般的です。

日本でのプロダクトの意味

日本にとって「プロダクト」という言葉は外来語となるので、主に生産過程においては「生産する」や「製造する」といったように、あえて「プロダクト」という言葉は外して使用されることが多いです。 しかしIT企業の発展とともに国際的な環境がビジネスシーン(仕事の舞台)となってくるにつれ、この「プロダクト」という英語表記も平常から使用される場合が多くなってきました。 基本的な「プロダクト」の意味としては変わりませんが、後述する「マーケティングで使用されるプロダクトの意味」としては「どのように製品を販売するかを決める方針」を意味したり、また金融業界で「プロダクト」が使用される場合は「計画を進める担当者」の意味として使用されたりします。

プロダクトの使い方

プロダクトと一般的に言っても、そのプロダクトの意味にはさまざまな分野での使われ方があり、一概に「これがプロダクトの意味です」というように決定づけることはできません。そのため、それぞれの分野で扱われる「プロダクトの意味」を、まずそのまま覚えておく必要があるでしょう。 「プロダクト」は大きく分けて、3つの分野で使用されています。1つは一般的な世間であり、これまでの「プロダクトの意味」と同じ「生産や製造」です。2つ目はIT関連分野で、主にマーケティングなどで扱われます。さらに3つ目は金融業で「計画の担当者」を表す意味として使用されています。

IT関連で扱われるプロダクトの意味

IT関連では「プロダクトコード」、「プロダクトキー」、「プロダクトデータマネジメント」などと、それぞれ独自の呼び方をもって意味を定め、パソコン機能にそのままあてがった内容の意味を持たせたり、アフィリエイトやソフトウェア販売にはじまる「無形製造品」の関連用語として使用されます。 「プロダクトコード」と、ソフトウェアのライセンス認証をはじめ、「個々の製品の識別」に用いられている番号や文字列のことです。また「プロダクトキー」は個別の製品やライセンス認証を表す固有の番号としてつけられます。 「プロダクトデータマネジメント」は主に「製品データ管理」の意味を指し、それぞれの製品を製造する過程で全般的なスケジュール管理を意味します。

いろいろなプロダクトの意味

「プロダクト」には先述のようにいろいろな使い分けと意味があります。それぞれの分野における「プロダクト」の意味を簡潔にご紹介しましょう。 ・マーケティング用語のプロダクトの意味 商品の製造過程にかかる製造方針や販売方針までの総体的な管理をし、その過程がさらに円滑に効果をあげるためのスケジュール管理を担います。 ・芸術分野でのプロダクトの意味 そもそも工業デザインにおいて使用された言葉で、美術工芸品そのものや、そのデザインを指す意味として使われます。インダストリアル・デザインとは別物です。 ・金融業界で使われるプロダクトの意味 従来の工業的生産の意味に加え、金融政策を担う案件や、将来への円滑なスケジュールと業務遂行を担当する者やその業務の意味として使われます。

プロダクトデザインの意味

従来、工業生産過程において頻繁に使用されていた言葉であり、インダストリアル・デザイン(工業デザイン)やプロダクトデザイン(生産デザイン)として、個別性を持たせるよう識別がなされていました。 また主に平面状のデザインを担当するグラフィック・デザインとも区別するため、「製品そのものの立体的なデザイン」として再認識された傾向もあり、主に建築や製造過程に見られる「高さ・横幅・奥行」を認める「立体物そのものへのデザイン」を指す意味として理解されています。

プロダクトデザイン学科を設けた大学

初回公開日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング