IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「高尚」の読み方/意味/使い方・英語や韓国語での表現

言葉の読み方

「高尚」という言葉をご存じですか?最近ではあまり使わなくなっている言葉ですが、良い意味を持つ言葉です。今回は、「高尚」という言葉の意味や使い方、他の言語での「高尚」という言葉の表現について、紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

更新日時:

「高尚」の読み方

「高尚」の読み方

「高尚」の読み方を知っていますか?もしも知らないという方のために書いておきますと、「高尚」は「こうしょう」と読みます。「高上」という言い方もありますが、その場合には「こうじょう」という読み方になります。あまり普段使いするタイプの言葉ではありませんので、はじめて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。

「高尚」の意味って?

「高尚」の意味って?

言葉を知っても意味を知らないと、正確な使い方ができません。「高尚」という言葉の意味は、品格が高いこと、知性が高いことや上品なこと、となっています。他の意味として、俗っぽくないことを指して「高尚」と呼ぶことがあります。

「高尚」の使い方

「高尚」の使い方

「高尚」の意味から誉め言葉として

よく使うとしたら、誉め言葉などで使うことが多いでしょう。意味が俗っぽくなく知性や品格が高いこと、なので「高尚な趣味をお持ちですね」とか、「高尚でいらっしゃいますね」などといった使い方になります。自分で自分のことを「高尚」というのはちょっと鼻持ちならないタイプに思われてしまう可能性があります。他人への誉め言葉として活用した方が良いでしょう。

人に対して使う時に気をつけたいこと

人に対して「高尚」という言葉を使う場合には、注意が必要なことがあります。「高尚」の意味は良いので本当に上品で素晴らしい人物に対して「あの人は高尚な人」といった使い方をすることはあります。ただ、「あの方は高尚だから」というような言い方をしていた場合、どこかけむたがっているような意味が含まれていることもあります。 さらに、明らかにそうではない人物に対して「高尚」と揶揄するような使い方もあります。 例えば、本人が自分について言ったり書いたりしていることは「高尚」であるのに対して、実際にその行動が伴っていない場合などには、「高尚」ですねと使うのは誉め言葉ではない場合があります。 言ってることは立派だけど、中身はまったく伴っていない、といった反感から「高尚」と呼ばれてしまったりします。このように、「高尚」という言葉には良い意味しかないのですが、使われ方によってそうではなくなる場合があります。

自分には使わない?

「高尚」という言葉の意味は上品や俗っぽくないことだと紹介しました。そのため、自分に対して「高尚」といった使い方は一般的にはしないでしょう。自分のことを「上品」だとか「俗っぽくない」といった言い方をする人は、あまりいません。 もしそのような言い方をしても中身が伴っていれば、聞いた人も納得してくれる可能性があります。しかし、もし中身伴ってないなと思われたら勘違い発言のように受け止められることもあるでしょう。そのため、「高尚」という言葉を使うときは自分に対してではなく、他の人や特定の趣味、特定のものにたいして使うようにしましょう。

福沢諭吉の名言にも登場

福沢諭吉の名言にも登場

福沢諭吉というと、日本銀行券一万円札に印刷されている人、といった覚え方をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。福沢諭吉は幕末・明治において啓蒙思想家であり、教育者でした。 福沢諭吉にはかずかずの名言があるとされていますが、中の1つに「高尚」という言葉が使われています。『理想が高尚でなければ、活動もまた高尚にはならない。』という言葉です。福沢諭吉が使う場合の「高尚」という言葉の意味は、品格がある人物という意味でしょう。福沢諭吉は、「高尚」な人の姿を目指すべきだと考えていたと考えられます。

「高尚」と同義語の言葉はあるの?

「高尚」と同義語の言葉はあるの?

「高尚」という言葉の意味が、品が良いことや知性が高いこと、俗っぽくないこととなっていますので、同じような意味を持つ言葉が同義語となります。「上品」という言葉や、「高潔(こうけつ)」、「高邁(こうまい)」といった言葉なのどが同義語となるでしょう。 「上品」は品の良いこと、や品の良い人などに対して使う言葉で、「高潔」はけがれなく尊いものという意味があります。「高邁」は、気高く優れていること、という意味です。 ただ単に優れているだけでは「高尚」という言葉を使うほどではなく、品が良かったりけがれなく尊かったり、気高くないと「高尚」という呼び方はふさわしくないという少し難しい言葉です。

「高尚」の対義語は?

「高尚」の対義語は?

「高尚」という言葉の意味とは反対の意味を持つ言葉が、対義語となるでしょぅ。例えば、「下品(げひん)」や「低俗(ていぞく)」、「下劣(げれつ)」などや「野卑(やひ)」などになるでしょう。いずれもあまり良い意味を持つ言葉ではありません。 「低俗」は下品で俗っぽいというような意味を持ちますし、「野卑」には下品で卑しいことなどの意味があります。とにかく「下品」である、といった意味を持つ言葉が「高尚」という言葉の対義語となります。昨今では使われない言葉が多いですが、「お下劣」のような言葉は今でも使っている人がいます。 意味からしても、「高尚」の対義語はどれも誉め言葉ではなくけなし言葉になるので、あまり使うことは控えましょう。

他言語での「高尚」の表現

他言語での「高尚」の表現

「高尚」という言葉の意味と、まったく同じ言葉を探すというのは難しいものがありますが、同じように似ている意味を持つ言葉を探してみました。

英語での表現と意味

英語で「高尚」を表現するとしたら、「Noble(ノーブル)」となります。意味としては、上品なあり様や高貴なこと、形式ばっている事柄などにたいして使われる言葉でしょう。日本人にはあまりなじみがないところがありますが、外国では昔は貴族といった存在がありました。そういった人たちを指して、「Noble」と呼ぶことがあったでしょう。 また、日本ではファッション用語に「Noble」というのがあります。ノーブルな〇〇やノーブルなイメージといったように使われていますが、意味としては上品なタイプの服装ということになります。皇室の方々やイギリスの王室の方たちの服装を指して、ノーブルということもあります。このように、英語での「Noble」は貴族や王族などに対して使われることも多いでしょう。

韓国語での表現と意味

韓国語で日本語の「高尚」を表現するとしたら、「고상하다(コサンハダ)」という言葉になるでしょう。「고상하다(コサンハダ)」という言葉の意味は、まさに上品であること、高尚であることとなっています。 「고상하다(コサンハダ)」の使い方としては、相手の趣味や性格を褒めるときに上品だとか高尚だ、といった意味で「고상하다(コサンハダ)」を使っているとされています。基本的に自分に対して使う言葉ではなく、他人を評するときに使われることが多いでしょう。

中国語での表現と意味

中国語で「高尚」を表現するとしたら、と調べていたところそのまま「高尚(ピンイン)」という言葉が出てきました。「高尚(ピンイン)」という中国語の意味ですが、こちらも高尚なこと、や気高いこと、低俗ではないことなどとなっており、日本語の「高尚」と感じも意味もあまり変わっていません。 中国での使われ方としては「高尚的」高尚な〇〇だ、といった使い方をするようで、こちらも日本語の使い方とあまり差がありません。 もともと、日本語の漢字は中国から伝わってきた中国由来のものの1つです。日本に伝わる段階で別の漢字があてられたり、まったく別の意味に変わっていることが珍しくはないことです。しかし、「高尚(ピンイン)」という言葉は読み方こそ変わりましたが、そのままの漢字と意味で現在まで残っている可能性が高いです。

「高尚」と「意識が高い」という言葉

「高尚」と「意識が高い」という言葉

「高尚」も「意識が高い」という言葉も、元々の意味では素晴らしい品格のある、知性のあるタイプの人を指していました。でも、最近では「意識高い系」というような呼ばれ方に代わっています。中身が伴っていないのに「意識が高いかのような発言をする人」のように扱われる言葉になってしまっています。「高尚」も、揶揄する意味で使われることもあります。 しかし、「高尚」も「意識が高い」というのも本来は誉め言葉であって、悪い言葉ではありません。人の言葉の使い方一つで、このようになってしまいます。言葉の使い方によっては、相手に与える印象も変わってきます。正しく、どんな風に受け取られるかを考えた上で、言葉を発するように気をつけましょう。

関連タグ

アクセスランキング