IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リビドーの意味や使い方|心理学/発達・類語や対義語・歌詞の意味

初回公開日:2018年01月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

リビドーという言葉があります。性的な欲求や衝動と同じ意味で使われて、一般的には心の中に宿る欲求を示す時に使われる言葉です。人間の中には欲望や衝動性が潜んでいて、それをエネルギーに変えることができます。それを言葉にしたのがリビドーのことです。

リビドーの意味や使い方

心理学

ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングという精神医学者は、それぞれリビドーに対する定義を別方面で解釈しています。フロイトは性的なエネルギーをリビドーと名付け、ユングはリビドーの意味を心的なエネルギーであると発表しています。 心的なエネルギーとは、喜びや悲しみなどの人間が抱く感情を意味します。毎日の生活で見せている感情はほんの一部で、心の奥底では膨大なリビドーが眠っていることが多いです。しかし何らかの外的要因によって、リビドーが一気に解放されるケースもあります。 喜びによって解放されることがあれば、精神的なショックでリビドーが発散されることもあります。その結果、当人や周りに何をもたらすかは環境によって決まります。このリビドーをプラスの意味で活用したい場合は、常にベストの状態を目指しましょう。

発達

リビドーの発達段階と呼ばれる理論が存在します。成長と共に体の特定の部分がどう扱われてきたかによって、その人の性格が決まることを意味します。口唇、肛門、男根、感情、性別、それぞれ五段階に分かれていて、生まれてから順番に関心が集まっていきます。 食べることに刺激や喜びを抱き、胃腸の動きをコントロールするに必要なトイレ訓練を行ったり、男女の違いについても理解して、自分の趣味や周りとの関係に対して意識するようになり、異性に対して性的な関心を発達するようになります。これらが発達段階の意味です。 食欲や性欲、そして排泄の制御や自分の快楽はどれも生きていく上で欠かせないです。上手く制御することで人生が充実するようになるので、過度な抑圧は厳禁です。本能のまま発散するのも危険なので、親が子どもを見守る必要があります。正しい発達を導きましょう。

スタードライバー

リビドーは多くのフィクションでも用いられる言葉です。2010年に放送された『STAR DRIVER 輝きのタクト』というアニメ作品でも、リビドーが物語において重要なカギを握り、その言葉の意味に相応しい描写が多く出てきました。この物語にリビドーは欠かせません。 リビドーは古今東西、フィクションでも使われることが多い言葉です。人間の性的エネルギーは生きる上で欠かせないので、その意味に見合った扱われ方がされる作品も出てくるようになりました。リビドーの意味を理解した上で見返すと、作品に新たな発見があるでしょう。

リビドーの類語

リビドーの類語は多くあります。リビドーは欲望や精力に近い意味を持つので、またそれらに準ずる類語も多いです。辞書で調べれば、欲望や活力、あるいは愛情に関係する多くの類語が出てきます。ここから、その中で代表的な言葉とその意味を挙げていきます。 一般的に欲望という言葉はマイナスイメージがあり、自分勝手な印象を与えるでしょう。しかし欲望がなければ何かを楽しんだり、または誰かを好きになることもありません。溺れることは危険ですが、欲望のない人生はあまりにも味気なく、ただ生きているだけになります。

本能

本能は人間を含むすべての動物が生まれつきから持っている、何かに対する行動様式を意味します。食欲や生殖行動、または危険に対する防衛本能など数え切れません。この本能もまた、リビドーと同じように人間が生きていく上で必要不可欠とされる存在です。 帰巣本能という言葉もあり、これがあるからこそ人間は自分の居場所に戻ることができます。例え道に迷ったとしても、この帰巣本能があれば帰宅することに対する行動をするようになります。人間だけでなく動物も同じなので、過酷な野生の中でも住み家に帰ることができます。

衝動

衝動とは自分の意志とは無関係に、何かの行動をする動きを意味します。理性ではなく、自分の心に宿る力なので、リビドーとも深い関わりを持ちます。衝動的な行動もまた、自分の人生を成功させるにおいて欠かせません。心の中の力は、侮ることができません。 衝動的な行動は昔はマイナスイメージが持たれていましたが、成功にはそれが欠かせない場合もあります。周囲への配慮も必要ですが、思いきった行動によって大きな成果が出る可能性もあります。トライアンドエラーを重ねれば、成功にも確実に近づいていきます。

欲求

欲求は欲望やリビドーと似た意味を持っています。何かを欲しがったり、あるいは求めることを意味する言葉です。物やお金に限らず、人の評価や世間からの名声も含まれます。欲求は生まれた時から永遠に付き合っていくべき行いなので、誰もが経験しています。 誰もが生きていく上で、何らかの欲求を抱きます。他人にそれを押し付けるのは考え物ですが、その場合はまずこちらから相手の欲求を叶えてみましょう。そうすれば相手からもこちらに何かを与えてくれるはずです。ギブアンドギブが幸せへの第一歩です。

リビドーの対義語

リビドーの意味は本能や欲求なので、対義語を調べる時は理性や淡泊が該当します。淡泊はあっさりしていることを意味していて、また理性は道理に沿って判断する能力を意味します。本能と理性のバランスが取れていれば、何かに挑戦しても失敗は減らせます。

リビドーを使った歌詞の意味

リビドーは歌詞にも利用されることが多い言葉です。本能を解放したくて、世間の目を気にせずに行動したい人に向けた歌に、リビドーは使われます。世間のしがらみを気にせず、自分の思うように生きていきたい人にです。歌は自分の心を元気にしてくれます。

関連タグ

アクセスランキング