IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コーディネイトの意味と使い方・コーディネイトの種類は

更新日:2020年03月09日

言葉の意味

コーディネイトの意味をご存知ですか。いろいろなところで耳にするコーディネイトという言葉の意味をご紹介します。また生活の中でインテリアやファッションなど自分自身でコーディネイトする機会もあることでしょう。今回はコーディネイトの意味や種類を紹介します。

コーディネートの意味

コーディネートの意味はご存知ですか。コーディネートと名の付くものにはいろいろな種類があります。ファッション、インテリア、色彩などありますがそれぞれにあるもの全体を配置するという意味があります。 全体を調和のあるものに組み合わせることはそれぞれの物や色や質感の特徴を生かす知識が欠かせないでしょう。また人材派遣などのコーディネートをすることは派遣スタッフの仕事に対する相談を受けるばかりでなく、企業のニーズにこたえることも要求され両者のバランスを調整する意味をもつでしょう。

調整してまとめる

全体がまとまった状態にするにはただいろいろなものを組み合わせるだけではありません。集まりの状態になったとしてもそれがバランスが取れていなかったり、誇張した部分が出てしまったりすることもあでしょう。コーディネートはそうしたバランスを保つようにうまく組み合わせる意味があります。 調整をすることは広い知識をもっていないとなかなかできるものではありません。また客観的な視点も必要です。調和を取るために知識が必要ですがいくつかの決まった配置や選び方もあることも事実ですのでそうした知識を生かしてコーディネートをすることが大切になるでしょう。

調和するよう組み合わせる

組み合わせた時のバランスが悪ければ、たとえ良いものの集まりだとしてもそれはスマートに見えないだけでなく、最悪悪い印象を与えかねないでしょう。そうならないようにコーディネートというのは調和をするように組み合わせることが重要になります。 つまりコーディネートとは調和するように数あるものを組み合わせるという意味があります。 調和を取るためには主張が強くならないように注意を払い、全体が一つのコンセプトに収まるようにすることが重要になるでしょう。

スペル

コーディネートは英語でスペルは「coordinate」と書きます。協調、協調的、調和などといった和訳になります。

coordinate

「Let’s coortinate our schedules so---」...のためにスケジュールを調整しましょうなどといったように「coordinate」には調和を取るという意味の他にも調整するという意味がありますので使い分けると良いでしょう。

コーディネイトの種類

コーディネートの種類について紹介します。ファッションをコーディネートする。インテリアをコーディネートするという言葉のほかにも人材派遣をコーディネートするといった言葉もあります。 服装は普段着るものを得選ぶときに日常的に行っていることです。部屋の模様替えをする時などは部屋の中でいくつかの家具やカーテンをバランスよく配置することを考えながら模様替えをすることもあるでしょう。

ファッション

ファッションはいろいろある服を色やかたちの相性によってバランスよく選び組み合わせてお洒落に表現する意味があります。 多くの人がファッション雑誌などでいろいろな服の写真がコーディネイトされて掲載されているところを見ることがあるでしょう。そのようにいろいろなの服のバランスを考えて調和のとれるように服を選ばれています。

インテリアコーディネートの意味

インテリアをコーディネートするという事はいろいろな家具を部屋の間取りや空間にバランスよく配置をしたりする意味があります。 ベッドとカーテンの組み合わせを部屋の空間とそれらの色のバランスを考えて調整したり、テーブルとソファの色や絨毯などとの調和を考えて調整したりすることがあります。 その他にも和風だったり欧風だといった全体の雰囲気やニュアンスを出すように調整するという意味があります。

テーブルコーディネートの意味

テーブルをコーディネートする意味は食卓を美しくするという意味があります。何かのイベントで人が集まり食事をする時や、誕生日やクリスマスといった特別な日に特別な雰囲気を出す目的でコーディネイトする事もあるでしょう。 例えば結婚式やパーティーなどではテーブルがコーディネートされてより良い食事を楽しむことができるように食器やテーブルクロスの配置が調整されています。

初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング