IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ソーシャルの意味・SNSソーシャルネットワーキングサービスとは

言葉の意味

あなたは、ソーシャルという言葉の意味を知っていますか?ソーシャルメディアやソーシャルキャピタルなど、ソーシャルが使われる場面は増えています。ソーシャルの意味を知らなければ、最新の話題についていけなくなってしまいます。今回は、ソーシャルの意味を詳しく説明します。

更新日時:

「ソーシャル」の意味は何?

ソーシャルは英単語であり、英語で記述すると「Social」となります。ソーシャルは社会に関係する言葉であり、「社会の」という意味の形容詞で使われることが多いです。また、日常会話だけではなく、専門士や論文などにも使われています。 ソーシャルは人間社会についてだけではなく、動物や植物など、生きるものすべての社会に対して使われます。その意味では、非常に平等な言葉とも言うことができます。 今回は、ソーシャルについて、最近の社会事象も絡めながら、詳しく説明します。まずは、ソーシャルそのものの意味から紹介します。

社会の(社会的)

まず、ソーシャルには、「社会の」という意味があります。例えば、ソーシャルキャピタル(Social capital)という言葉は、社会のを表すソーシャルと、資本を表すキャピタルが合わさっています。よって、ソーシャルキャピタルは、社会の資本という意味になります。 ただ、ソーシャルが、社会のという意味で使われるとき、直訳しない方が良いことがあります。ソーシャルキャピタルも、直訳すると社会の資本ですが、実際には社会関係資本と訳されています。

社会的な

ソーシャルが使われる場面の多くでは、社会的なという意味に翻訳すると、非常に自然な日本語になります。 例えば、生物学などでは人間のことを、ソーシャルアニマル(Social animal)と呼ぶことがあります。これは、社会的な動物という意味であり、人間が他の人と関わることで、社会を形成する動物だということを表しています。 他にも、ソーシャルアトラクション(Social attraction)で、社会的な魅力という意味になります。他にも、ソーシャルを社会的なという意味で使う場面は、数多くあります。

社会に関する

ソーシャルは、社会に関するといった意味で使われることもあります。 学問の世界を大きく分けると、ナチュラルサイエンス(Natural science)とソーシャルサイエンス(Social science)に分けることができます。 ナチュラルサイエンスは日本語に訳すと自然に関する科学であり、物理や化学などの自然現象を研究対象にしています。それに対して、ソーシャルサイエンスを日本語に訳すと、社会に関する科学になります。 ソーシャルサイエンスが研究対象にしている分野は、経済学、政治学、社会学などの、人間社会に関わっています。 あなたが大学で文系学部で学んでいたのなら、勉強していたジャンルはソーシャルサイエンスの可能性が高いです。

その他の「ソーシャル」の意味

ソーシャルは形容詞で使うと、社会的や社会に関するなどの意味になります。しかし、ソーシャルを名詞として使うことも、英語圏ではあります。 ソーシャルを名詞で使用する場合、親睦会やパーティーという意味になります。最近では、親睦会やパーティーは、ほとんどパーティー(Party)と呼ばれています。しかし、ビジネスや宗教の場では、パーティーの代わりにソーシャルが使われることがいまだにあります。

「ソーシャル」の使い方

ソーシャルは名詞でも使いますが、形容詞で使用されることがほとんどです。ソーシャルを英語で形容詞として使う場合は、名詞の前につけます。 例えば、社会的資本を表すときには、「Social capital」となります。これを、「Capital social」としてしまうと、意味が通じなくなってしまいます。 日本語は、主語を抜いたり単語の順序を入れ替えても、意味が通じる珍しい言語です。しかし、英語は文法ルールを守らなければ、意味を読み取ってもらえなくなります。 ソーシャルに限らず、英語で形容詞を使うときには、名詞の前に置きましょう。また、日本でソーシャルを使うときにも、形容したい名詞の前に置かれることが一般的です。

「ソーシャル」という言葉を使った文例

ソーシャルという言葉が使われることは多く、日本語でも頻繁に使用されています。特に、インターネットを中心とする、人同士のコミュニケーションが関わる場面では、ソーシャルという言葉は頻出しています。 ここでは、ソーシャルという言葉が使われている実例を解説します。

ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワークの意味は、ある社会の中の個人と個人、個人と集団、集団と集団の関係性のことです。 社会の在り方が違えば、個人同士や集団同士の付き合い方は変わります。 例えば、日本や中国などの東アジア諸国では、家系を中心とするグループのつながりが強いです。しかし、欧米諸国に行くと個人の自立が強調され、家系のつながりは薄くなる傾向があります。これらの人間の付き合い方を総称して、ソーシャルネットワークと言います。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、インターネットを介して、不特定多数の人間が情報を交換する仕組みを意味しています。新聞やテレビのように、一方的に情報が流されるのではなく、オンライン上でお互いにやり取りできることが、ソーシャルメディアの特徴です。 代表的なソーシャルメディアとしては、ツイッターやYouTubeなどがあります。ブログ、2ちゃんねる、ミクシーなどもソーシャルメディアに含まれます。 ソーシャルメディアでは、利用者間のコメントやメッセージのやり取りが可能です。また、コンテンツが爆発的に普及しやすいという特徴があります。

ソーシャルキャピタル

ソーシャルキャピタルという言葉は、最近の経済学や社会学で頻出しています。ソーシャルキャピタルの意味は、人々が持つ信頼関係や人間関係のことです。 人々がお互いに信頼しあって、良好な人間関係を構築している国や地域は、ソーシャルキャピタルが豊富でると定義されます。また、ソーシャルキャピタルは蓄積が可能です。人々の信頼関係が強くなればなるほど、ソーシャルキャピタルは豊富になります。 ソーシャルキャピタルが豊かな場合、人々の協力関係が発達します。その結果、教育、治安、幸福感などに良い影響が与えられます。

ソーシャルインクルージョン

ソーシャルインクルージョンとは、すべての人々を、孤独や排除、社会的摩擦などから擁護し、社会の構成員として包み支えあおうとする理念です。ソーシャルインクルージョンの理念は、1970年代に移民が増加したヨーロッパで始まりました。 1970年代のヨーロッパでは、増加した移民が社会に参入できず、犯罪に手を染めることがありました。移民に対する社会の参入障壁をなくすため、ソーシャルインクルージョンの理念が開始されました。 日本では、2000年ごろから厚生労働省によって、ソーシャルインクルージョンの理念が政策に反映されるようになりました。

ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームとは、ソーシャルネットワークサービス上で提供されるゲームを意味しています。 ソーシャルゲームの特徴としては、基本的なゲームプレイは無料であることがあげられます。しかし、強力な武器を手に入れたり、レアなアイテムを手に入れるためには、課金する必要があることが多いです。 ソーシャルゲームはスマートフォンゲームとは、厳密には区別されます。ソーシャルゲームはユーザー間のやり取りが可能であり、代表的なものはパズドラです。

SNSソーシャルネットワーキングサービスの意味は?

ソーシャルネットワーキングサービスは、登録したユーザー同士のやり取りができる、オンライン上の会員制サービスです。代表的なソーシャルネットワークサービスには、フェイスブックやリンクドインがあります。 ちなみに、ソーシャルネットワークサービスとソーシャルメディアは違うものであり、ソーシャルメディアの中にソーシャルネットワークサービスが含まれます。 ソーシャルネットワークサービスをユーザーが使う目的は、友人とのオンライン上でのコミュニケーションです。そのため、YouTubeやツイッターなどの、情報伝達メディアはソーシャルネットワークサービスには入りません。

ソーシャルレンディングの意味は?

ソーシャルレンディングとは、オンライン上でお金を借りたい人や企業と、お金を貸したい人や企業を結び付けるサービスです。 ソーシャルレンディングは、オンライン上でのお金の貸し借りの行為ではなく、借りたい人と貸したい人を結び付ける融資仲介サービスです。そのため、ソーシャルレンディングをする場合、貸金業や第2種金融商品取引業の登録が必要です。

他のソーシャルがつく言葉の意味は?

ソーシャルがつく言葉は、これまでに紹介したもの以外にも数多くあります。 例えば、ソーシャルワーカーという言葉は、生活に困っている人や社会から排除された人に、援助を提供する専門職を意味しています。ソーシャルワーカーはボランティアとは違い、病院や自治体、独立機関で業務をしています。 また、ソーシャルウエアは、軽めの社交服を意味しています。ソーシャルウエアは仕事場で着るスーツではなく、カジュアルな雰囲気を残しています。 ソーシャルエンジニアリングには、身分を詐称してパスワードなどの重要な情報を得るという、ハッキングの手法の意味があります。 ソーシャルがつく言葉は、まだまだ無数にあります。興味がある方は、探してみてください。

言葉の意味を知ることは大事!

今回は、ソーシャルの意味について詳しく説明しました。 言葉の意味を知ることは、非常に重要なことです。仮にソーシャルの意味が分からなければ、新聞や雑誌でソーシャルインクルージョンの話題が出ていても、何のことか理解できません。 また、経済や政治に関する話題では、ソーシャルキャピタルがよく出てきます。ソーシャルキャピタルの意味も、ソーシャルを理解することで初めて分かります。 言葉の意味を知ることで、あなたがニュースや時事問題を理解する力は格段に上がります。この機会に、言葉の意味について詳しく勉強してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング