IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「インタラクティブ」の意味・IT/広告業界での意味

更新日:2022年07月26日

言葉の意味

近年、巷で聞かれるようになった言葉の1つがインタラクティブです。特にIT分野や広告分野で積極的に活用されて来ているだけに、その意味を理解することはこれからの時代を生きるうえで不可欠といえるでしょう。未来を生きるためにもインタラクティブの意味を押さえましょう。

ITの分野では、先ほどその意味を説明したインタラクティブなウェブと似たような使い方をしますが、ウェブの場合に比べて、より操作やシステムそのものに重点を置いた意味となります。 つまり、利用者の操作に対して即座に反応を返すことができるような対話的なソフトウェアやシステムの操作方式、さらにそのようなコンテンツを説明する際に「インタラクティブな~」といった使い方をします。 実はIT分野においては、この短い単語の中に込められた意味が深いので、その意味を知ることによってこの言葉を使うようになった理由がわかります。それでは、IT分野におけるインタラクティブの意味をより詳細に見ていきましょう。

インタラクティブなシステムってどういう意味?

例えば、ケーブルテレビやスマホなどといった、双方向的な電子通信システムで考えてみましょう。 インタラクティブなシステムとは、要するにそのサービスの利用者とウェブサイトを運営する会社側との間に双方向にコミュニケーションが存在しているシステムであるという意味です。 言い換えれば、利用者の選択の仕方によって、その時々で必要な情報や表示される画面などといった情報の内容が変化するイメージです。つまり、ユーザーが使用するうえで非常にやさしいインターフェイスを持ったシステムということでもあるため、製作者がユーザー目線に立っていると、非常に使いやすい印象をうけます。

広告業でインタラクティブといえば

インタラクティブは広告の世界でもよく用いられます。近年、広告業界の新たな潮流を象徴するものとして「インタラクティブ広告」というものが見られるようになってきているのがそのよい例です。 そして、このインタラクティブ広告は一言で言い切るならばインターネット上に掲載されているオンライン広告のことを指します。それでは、インタラクティブ広告とはより具体的にはいったいどのようなものを意味するのかについてを以下で見ていきましょう。

インタラクティブ広告というもの

インタラクティブ広告に限らず、広告とは本来、企業や商品に関する情報を受け手である顧客に伝え、宣伝するためのツールとみなされてきました。その目的は、その企業が開発したり販売してありしている商品について知ってもらい、その魅力やメリットをPRすることで勾配につなげるというものとされています。 しかし、最近登場しているインタラクティブ広告は単に企業側からの一方的な宣伝のためのツールにとどまりません。「インタラクティブ=双方向」と銘打っている以上、その企業や商品についてのユーザーの理解を深めつつ、その情報を受け取ったユーザーが、さまざまな手段を活用して宣伝やアクション(実際の購買など)が可能になるような広告を指します。 言い換えれば、これまでの広告に比べてユーザーがよりアクションしやすい種類の広告がインタラクティブ広告の特徴といえます。

さまざまな分野で使われるインタラクティブの意味は実に未来志向的

双方向的な意味合いを持つインタラクティブについていろいろと見てきました。 今回の内容では、近年特にこの用語が使われる分野としてITやウェブ、広告の分野を取り上げましたが、いずれも今現在も、そしてこれから先の時代においてもさまざまな意味で発達することが予想される分野です。 しかも、これまでのように単に受け手の立場の人々が受け身で情報を受け取るというだけでなく、その受け手が情報をさまざまなやり方で活用する立場にもなりうるという点でインタラクティブという言葉はこれからの時代もより重要性が増していくことでしょう。 まさしくインタラクティブの意味を知っておくことは、これからの時代を未来志向で生きるうえでも欠かせないことといえるでしょう。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング