IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キャストの意味や使い方|プログラム/釣り/スマホ/歯科・違い

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「キャスト」って聞くと皆さんはどんな意味が浮かぶでしょうか。多くの人は、映画などの出演者が思い浮かぶのではないかと思いますが、釣りや、歯科、プログラミング、ディズニー、キャバクラの意味が浮かぶ人も多いでしょう。この記事では、「キャスト」について紹介します。

キャストの意味や使い方は?

「キャスト」には、いろいろな意味があります。主な意味は、(映画などの)出演者と(釣りなどの)投げるや投げかける、投影するなどです。その他にもいろいろな意味があります。ひとつずつ見ていきます。

プログラムでは?

プログラムでの「キャスト」の意味は、Javaなどのプログラミング言語で従来のデータ型を別のデータ型に変換することです。例えば、文字型の数字「1」は、そのままでは計算できないので数字型の「1」に「キャスト」して計算で使用します。 型変換には、Java実行環境が行う型変換と、プログラマが意識的に行う型変換がありプログラマが意識的に行う型変換を「キャスト」と呼びます。

釣りでは?

釣りでの「キャスト」の意味は、ルアーの投げ方です。投げ方によって、オーバーヘッドキャスト、サイドハンドキャスト、ピッチングなどがありそれぞれ長所と短所があります。「キャスト」は、人に釣り針やオモリが当たってしまうと大けがを負わせてしまう危険があります。「キャスト」するときは、必ず周りに人がいないことを確認してから行ってください。 また、釣りから派生したキャスティングというスポーツもあります。キャスティングは、竿やリールを使って、ポイントにオモリや毛針をより正確に投げたり、より遠くに飛ばすことを目的とした競技です。1957年から世界大会も行われており、日本でも世界有数ックラスの選手もいます。

オーバーヘッドキャスト

ロッドを後ろに振り上げてから、前に振り下ろす投げ方です。オーバーヘッドキャストでは、ロッドを後ろに振りかぶってから前に振り下ろすまでの動作が、ぶれずにまっすぐできるかがポイントでまっすぐできれば、ルアーもまっすぐに飛んでいきます。

サイドハンドキャスト

ロッドを真横よりやや斜め上の角度の状態で後ろに振り上げてから、前に振り下ろす投げ方です。ルアーを低い弾道で飛ばすことができます。オーバーヘッドキャストでは、投げにくい低い場所で主に使用します。リリースのタイミングを掴むまでは慣れが必要です。

ピッチング

ピンポイントへ正確にルアーを投げることができるキャストで、ルアーを振り子のようにキャストします。正確に投げることはできますが、距離が出ないので近距離にしか使えません。

スマホでは?

スマホでの「キャスト」の意味は、スマホとMiracastやGooglecastに対応したテレビやタブレットにミラーリングして画面に写します。スマホの動画ゲームやスマホで撮影した動画を迫力ある大画面で楽しむことができます。 「キャスト」することでスマホの可能性が広がり、今後もスマホの進化は、目が離せません。

歯科では?

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング