IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕様の意味や使い方|システム/建築/ニコニコ/車/機械・違い|規格

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

よく見聞きする「仕様」とは何でしょうか。どのように使用しますか。ビジネスにおける各分野で「仕様」の意味することを概観できます。システム、建築、ニコニコ、車、機械などでどのように使われるか、規格とどのように違うか確認してみましょう。

仕様の意味や使い方

システムにおける「仕様」は意外と身近

「仕様」は満たすべき詳細な条件を意味しています。システムにおいて満たすべき要項としては、記述の仕方や動作の在り方などが挙げられます。たとえば、パソコンの各ウィンドウの右上には必ず「×」印があり、それをクリックすればそのウィンドウが消えます。こうしたルールが「仕様」に当たります。 仕様が変われば動作も変わってきます。スマートフォンもOSの種類やアップデートによって終了の仕方やそのほかの動作に変化が生じることがあるでしょう。これは「仕様」が変わったことを意味しています。

建築仕様の意味するところ

建築においての「仕様」とは、構造や仕上げ、使用する材料の品番などの内容を意味しています。日本建築学会が出している「建築工事標準仕様書・同解説」(略称:JASS)、国土交通省大臣官房営繕部が作っている「公共建築工事標準仕様書」などがあります。 また、各建築会社の定める仕様書もあります。それらは定められた基準です。家を建てるとき、造り手はそうした基準に合わせて建築し、買い手はそうした基準で仕上がることを期待できます。納得のゆく目指すべきものを定めたもの、それが「仕様」の意味するところです。

ニコニコに投稿動画を上げるなら

ニコニコにおいて投稿動画を上げる際、その「仕様」に合わせる必要があります。ファイル形式やビットレート、解像度や映像や音声などに関する「推奨動画形式」と「制限事項」が規定されています。 2016年8月19日以降、ニコニコ動画では仕様が変更され、アップデートできるファイルの大きさが大幅に改善され利便性が向上しました。また、サーバーエンコードされるようになり、低画質、中画質、高画質などを一定の品質で提供できるようになっています。サイトの「仕様」に合わせてアップロードしたファイルはその仕様特有の動作も保証されることになります。 たとえば視聴者側は、どこからでもシーク可能になり、任意の時間から再生できるようになります。

「車種」それとも「仕様」?

自動車において「仕様」とは何を意味するでしょうか。「車種」と同義にとらえられることがありますが厳密には違いがあります。同一型式の自動車でも、内装、外装、シート、変速機などの違いで区別されます。この細かな分類が「仕様」と呼ばれています。 これは、お目当ての車を探す場合、欲しい機能や性能を満たしているかを知るために「仕様」を確認するのが確実であるということを意味しています。馬力や排気量などのエンジン性能についてもあらかじめ知ることができます。これは税金など購入したのちの維持費用をあらかじめ算出するにも有効な手段となります。

機械の「仕様」とは

機械の「仕様」は、形状・構造・寸法・精度・性能などを定めた要項です。例えば、工場内で機械のためのスペースを確保したいとき、「仕様」に含まれる寸法や稼働領域をもとにして事前にスペースを確保することができます。あるいは印刷機の場合、毎秒何枚印刷できるかを知り、一日の仕事量を算出することも可能になるでしょう。 工業機械など大型の機械は、個人用プリンタの部品交換よりずっと多くの労力と資金が必要になるでしょう。「仕様」には、交換部品の品番なども示されており故障やメンテナンスを確実に行う備えにもなります。

奥深いレンズの「仕様」をのぞき込む

レンズの「仕様」には、名称、型名といった通常含まれる項目だけでなく、焦点距離や画角といった光学に関係する要項、さらにレンズマウントやレンズの羽根の枚数といった構造的な要項も含まれています。 名称や型番の中には、「18-55mm F3.5-5.6」などの表示が含まれていることが多いでしょう。この「18-55mm」の部分は焦点距離を意味しており、「広角」か「望遠」かに影響します。そして「F3.5-5.6」は開放絞りの値を意味し、被写界深度(ボケ具合)に影響を与えます。 もちろん、お望みのレンズが見つかっても手持ちの本体に合わなければ、宝の持ち腐れです。きちんと「仕様」を確認するなら、自分にぴったりのレンズに巡り合えたことがわかることでしょう。

次のページ:仕様との意味の違いや使い分け
初回公開日:2018年01月09日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング