IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

モラルの意味と使い方・文例・モラルハザード/モラルハラスメント

言葉の意味

学校や仕事場で非常にセンシティブになりがちな「モラル」という概念。自分の何気ない言動で、モラルに関する問題に巻き込まれてしまった人も多いのではないでしょうか。この記事ではそんなモラルの意味や使い方について解説。この記事でモラルへの対応を身につけましょう。

更新日時:

モラルの意味

モラルの意味

まずは、辞書的なモラルの意味を理解しましょう。モラルに限らず、辞書的な意味を把握することは、正しい言葉の理解に必要不可欠です。

モラルとは、倫理観や道徳意識のこと。世代や状況によって徐々に変化するマナーよりも普遍的な価値観を含んでいる。法令順守はもちろんのこと、適正な出退勤や会社の資産・備品の適正使用など公私の区別をきちんとつけることや取引における公正さなど、公序良俗に反しない行動全般をさす。 管理がルーズになったり帰属意識が弱まると職場内でモラルの低下が起こるが、逆に短期的で表面的な成果を過度に求めすぎると取引面でのモラルがないがしろにされてしまう傾向が出てくる。 なお、類似語のモラールは従業員の集団的な意欲、士気をさしており、モラルとは区別される。

道徳としての意味

道徳としての意味

モラルの意味の一つとして、道徳という意味があります。上に引用したように、モラルには普遍的な道徳性の意味が含まれています。その時代ごとの流行に左右されるものではなく、広く古くから受け継がれ、洗練された考えがモラルに含まれる道徳足り得るものと言えるでしょう。 また道徳という言葉は、道教を説いた老子の提唱した概念であり、万物の根源である自然の「道」と、良いこと「徳」を積むという意味があり、最も追求すべきものとされています。そのため道徳を追い求めることは、すなわち人間として素晴らしいことだとされてきたということです。

倫理としての意味

モラルという言葉に含まれる倫理という意味は、すなわち「善悪の基準」という意味になります。もともと倫理という言葉の意味は、「人と関わる際の善悪の判断基準」です。 そのため倫理の意味は、道徳の意味とは異なり、普遍のものではなく、その人それぞれに違う基準が生じやすく、一概に何が正しいとは言えないものとなっています。 結果的に、モラルを倫理という意味で用いようとすると、その時代や環境によって規定された倫理観が提示されることが非常に多いと言えるでしょう。

モラルの英語表記

モラルの英語表記

moral

モラルを英語で表記すると、「moral」となります。意味としては日本語のモラルと同じように、道徳・倫理に関するものが含まれていますが、英語のモラルの特徴としては、形容詞と名詞であるということです。 形容詞としてのモラルは、倫理的な・道徳的なという、日本語のモラルとほぼ同義の意味を示していますが、名詞としてのモラルは、寓話・教訓といった正しいモラルを示すものを意味する単語になっています。ここからは、英語のモラルが、日本語よりもより広い意味で使われている言葉、すなわち重要な概念だということが理解できます。

モラルの使い方

モラルの使い方

モラルハザード

モラルという言葉の使い方の一つとして、「モラルハザード」という言葉が存在します。この言葉の意味は、「倫理の欠如・道徳の欠如」です。 具体的には、自らの金銭的利益を求めて、モラルに欠けた行動をとってしまうことを指します。例えば、保険金目当てに故意の事故を起こすといったことが、モラルハザードに当てはまります。 そもそも「ハザード」という言葉は、「危険」という意味を表しています。つまり「モラルハザード」という言葉は、モラルが欠けていて非常に危険な状態だ、ということになります。程度としてはかなり重い状況だということです。そのため、この言葉は保険金問題などの犯罪に関係した場面で使われることが多いということです。

モラルハラスメント

モラルハラスメントという言葉は、「言葉や態度で嫌がらせをすること」という意味です。モラルハラスメントの特徴としては、暴力などの肉体的な攻撃ではなく、精神的、社会的な攻撃を指し示すという点です。つまり、昨今問題として挙げられがちな、セクシュアル・ハラスメントや、パワー・ハラスメントなどのハラスメントも、広い意味でのモラルハラスメントになります。 また、モラルハラスメントのもう一つの特徴としては、「モラルに欠けた攻撃」という意味があります。上述のハラスメントの中で、モラルに欠けている攻撃が、モラルハラスメントとしてみなされることになります。

モラルという言葉を使った例文

モラルという言葉を使った例文

ここでは、モラルという言葉を用いた例文をご紹介します。私たちが普段の日常生活で、よく耳にする例文ばかりですので、意味や使い方をしっかり理解しておきましょう。そうすることで、万が一自分がモラルに関する問題に巻き込まれた時でも、上手く適切な対応ができるようになるでしょう。

モラルの低下がみられる

「モラルの低下がみられる」という文章では、モラルが「道徳・倫理」を意味していることは自明です。もしあなたがこの言葉を言われてしまった場合は、あなた自身が意識していなくとも、以前に比べて「モラルの低下がみられる」ような言動をしてしまっています。 そんな時には、相手に対してしてしまった自分の言動、特に発言を振り返ってみましょう。モラルハザードの部分でも述べたように、モラルが低いとされる場合は、精神的、社会的に不適切なことをしてしまっていることがほとんどです。そのため、自分の発言をもう一度振り返ることが、あなたのモラル低下を防ぐ一番の方策です。

モラルに欠ける

「モラルに欠ける」という言葉は、まさに前述のモラルハザードと同義です。その人の言動に対して、、道徳的・倫理的に問題がある場合によく耳にする言葉です。 しかしここで注意したいのは、「モラルに欠ける」と言われた時に、必ずしも道徳・倫理の意味で用いられるわけではない、ということです。「モラルに欠ける」と言われた場合、それが「人としての最低限の常識に欠ける」という意味で使われることもしばしばあるということです。 そのため、「モラルに欠ける」と言われた際には、まずどちらの意味で言われたのかを判断する必要があります。その時には、自分の言動を振り返ることが欠かせません。

モラルが無い

「モラルが無い」という言葉は、なかなか使われません。相当ひどい言動をした際にしか使われないでしょう。それほど使う場面が限られてくる表現です。 そのため、あなた自身が使うとしたら、この言葉の程度をはっきりと理解して使うべきです。もしそれほど気にならないことに対して、モラルの欠如を指摘したいのならば、前述の「モラルが低い」といった言葉を用いる方が無難です。 特に親しい友人や、今後も一緒に仕事をする同僚などには、「モラルが無い」と言わない方が良いでしょう。その後の関係性に問題が生じてしまう可能性があります。

マナーとモラルの違い

マナーとモラルの違い

「マナー」と「モラル」は、一見すると同じ意味のように感じてしまいますが、実は全く違う意味です。ここでは「マナー」と「モラル」の根本的な意味の違いや、その用法を見ていきましょう。

意味の違い

「マナー」の意味は、「礼儀・作法」といったいわゆる「ルール」です。これは誰が見ても同じように受け取れる「客観性」のあるものです。またその環境ごとにある程度決められたもので、その集団の人々が同じように従うものでもあります。 それに対して「モラル」は、その人それぞれで違う「道徳・倫理の基準」です。そのため「マナー」とは異なり、「主観性」が強い概念となります。また時代や環境に左右されやすく、人それぞれで考えが異なるため、はっきりとした決まりが見いだせないものでもあります。しかしある種の「暗黙の了解」として共有されることも多く、非常に理解が難しい概念であります。

マナーとモラルの使い分け

それでは、「マナー」と「モラル」はどのように使い分ければ良いのでしょうか。最も分かりやすい方法としては、どの行為に対して使い分けるか、という基準を持つことです。 具体的に例を挙げると、食事のルールや礼儀作法のように、人に対してではない場合は、「マナー」を用いると良いでしょう。逆に、人の言動や態度などの「その人の人間性に対して」私的する場合は、「モラル」を用いると良いでしょう。 このように、使い分けが難しい言葉は、「何に対して用いるか」を考えると上手くいくことが多いです。

モラルという言葉への対応を身につけよう

モラルという言葉への対応を身につけよう

ここまで、モラルという言葉の意味や使い方について見てきました。昨今の社会では、この「モラル」という概念は非常にセンシティブなものとして扱いづらくなってしまっています。しかしこの曖昧な概念を正確に理解することで、あらぬ事態にも適切に対応することができます。 また、自分がモラルに関して指摘されないように振る舞うこともできます。モラルのある人間はそれだけで魅力的です。ぜひあなたもモラルのある人間として、素敵な社会を作ってみませんか。

アクセスランキング