IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タスクの意味・使い方や例文|ビジネス/スマホ/パソコン・違い

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

タスクが意味することは幅広いですが、アプリケーションの世界だけではなく日常の仕事を進める上でも重要な考え方です。多くの人が働いている職場では一人だけでできることは限られており、共同作業が重要であり、その意味を理解することが求められています。

タスクの意味

タスクとは、仕事を意味します。一般的な使い方としては仕事全体を小さな単位に分けて、それぞれを一つの仕事として複数人で分担するときに使います。 流れ作業で一つの装置が完成するような職場ではなく、一人一人が自分のペースで仕事を進めるやり方の場合に管理しやすい単位と言えます。自分に与えられているタスクや今日管理しなければならないタスクを明確にすることで進捗管理がやりやすくなります。 単なる意味だけではなく管理する側にとっては全体のスケジュールが見やすくなりますし、作業をする側にとっては今日の仕事、急ぐべき仕事を区分けすることができます。この考え方は作業者が自分でスケジュールを管理できる点が大きなメリットです。 つまり、タスクの内部は自分の都合に合わせて調整することができ、他の人との調整はタスクの外側での調整となるからです。

タスクの意味と使い方や例文

タスクの意味を知るだけではなく、実作業においてタスクを使用することが少なくありません。具体的な例を見てみましょう。

ビジネス

ビジネスにおけるタスクの意味は一人一人が受け持つ作業の最小単位と考えていいでしょう。全体の大きなプロジェクトをタスクに分割することで、一人一人の守備範囲が明確になり、スケジュール管理も容易になります。 また、一つのタスクが遅延した場合の影響についてもわかりやすくなります。遅延を避けるための調整はタスク単位で行うことを意味します。

スマホ

スマホにおけるタスクの意味とはアプリケーションとほぼ同じ意味です。画面上に表示されているアプリと裏で動いているアプリが連携してスマホの機能を実現しています。それぞれのプログラムはタスクとして管理プログラムの監視下で動作しています。必要に応じてアプリを終了させたり、起動させたりすることになります。 この意味からタスク間の情報伝達のための手順も明確に決められていることがわかります。これはスマホが特別なアプリということではなく、一般的なコンピューターの仕組みと考えてください。もちろん、それぞれのタスクをユーザーが意識する必要はありません。

パソコン

パソコンにおけるタスクの意味は基本的にスマホと同じです。ただ、パソコンの場合はOSによって自動的に起動されるタスクとユーザーが意識的に起動するタスクと二つの意味があります。アプリケーションは複数のタスクで構成されていることも少なくありません。 画面表示、データ処理、データ通信をそれぞれ別のタスクとすることで、プログラムのバージョンアップが簡単にできるような仕組みを取り入れています。画面表示を変更するのであれば、データ処理、データ通信のタスクに手を加える必要がありません。 このような仕組みを取り入れることで、処理の意味を明確にするとともにプログラム作成の効率化も図ることができます。タスクの作成を一人のプログラマーに割り当てることで、作業分担が明確になります。

管理

装置全体を管理するプログラムはOSと呼ばれていますが、OSが各タスク間の調整を行っています。しかし、OS自身はそれらのタスクの処理内容や意味を知っているわけではありません。単に時間管理やメモリー管理の手段です。

タスクとの意味の違いや使い分け

プログラムを作成する場合にはタスクという処理単位だけではなく、いろいろな意味の言葉が使われています。プロセスやスレッド、スケジュール、ジョブなどです。それぞれの言葉とタスクの意味の違いを考えてみましょう。

プロセス

プロセスとはアプリケーションの一つの処理単位の意味です。普通の動きはあるデータ処理の指令を受けて起動され、その処理が終われば消滅します。つまり、パソコンやスマホのメモリー上で常時動作しているわけではなく、ある期間だけ動作するプログラムです。もちろん、プロセスを起動するのは別のタスクやプロセスです。 あらかじめ決められた手順で作業を進めていきます。一つのプロセスで済む場合でも複数に分ける場合がありますが、これはメンテナンスの視点からわかりやすくするためです。プログラムのバグはできるだけ排除して作りますが、100%ということはあり得ません。後からのメンテナンスでは重要なことです。

スレッド

スレッドとはプロセスが処理するデータの単位を意味します。スレッドは一連の処理を示しており、それが途中で途切れることはありません。一連の作業が終わって初めて目的を達成することになるからです。 例えば、画面のデータを表示する場合、表示すべき内容を受け取ったところからスレッドが始まります。画面のデータは必要な加工を施されて画面表示の処理系にデータを受け渡します。画面の半分だけの処理が終わったところで止めてしまうことはありません。画面全体を書き換えることがスレッドの役割だからです。 もちろん、装置によってどの単位をスレッドとするかは異なってきます。処理速度を考えればそれぞれの守備範囲を広くする方がいいでしょう。しかし、そのリスクとして処理の滞りがわかりにくくなってしまいます。

スケジュール

初回公開日:2017年12月28日

記載されている内容は2017年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング