IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「瑕疵」の読み方/意味/使い方・法律/IT用語としての意味

言葉の読み方

「瑕疵」を見聞きしたことはあるけれど、意味についてはわからない。日常的に使う機会が少ない言葉だと思っていませんか?「瑕疵」を的確に使えるようになれば、いろいろな場面で役に立ちますので、「瑕疵」について正しく理解し後悔のないお買い物をしましょう。

更新日時:

「瑕疵」の読み方をご存知でしょうか?

「瑕疵」の読み方をご存知でしょうか?

「瑕疵」とは「かし」と読み、法律が関係する場面で多く見聞きする言葉ですが、建築や不動産、宣伝広告として使用することもあります。 また、「瑕疵」は「瑕」と「疵」の2つの漢字で成り立っていますが、それぞれに「きず」という意味を持っています。頻繁に使用するものではありませんが、この言葉の意味を知っていると、仕事や日常生活において痛い失敗を防ぐ範囲を広げることができます。 次項から例を挙げながら、使用場面と意味についてわかりやすくご説明してまいりすので、ぜひ参考にしてください。

「瑕疵」ってどういう意味なの?

「瑕疵」は「きず、欠点、欠陥」という意味ですが、それには「不完全、不足、不十分」という意味も含まれます。つまり、「想定していること、もの」や「当たり前」だと考えられる物事や状態が欠如している状態を意味します。 これは単に形ある「モノ」に限定せず、行動や意志に対しても使用される言葉で、一般的に「物理的欠陥」や「法律的に適合していない欠陥」のことも指します。 また「キズの程度が重大だから瑕疵だ」ということではなく、キズの重大性や大きさを問わず「瑕疵」という表現を使うことができます。 例えば、マンションや住宅の欠陥などの建築工事、ITシステムのソフトウエアの不具合もそれに該当するので、法律上の問題として捉えることができます。これらはビジネスシーンなどでも話題になることが多く、ニュースでも取り上げられやすいので、意味を理解していると、実際の生活で気をつける要点の意味もわかりやすくなります。

「瑕疵」はどんな時に使うのが一般的?

どんな言葉があるの?

「瑕疵」を使った言葉で見聞きする機会が多いのが「瑕疵責任」、「瑕疵期間」、「瑕疵担保責任」などです。 また、使用する機会こそ少ないものではありますが「住宅瑕疵担保履行法」という法律も存在しています。この法律が存在することで、販売住宅の瑕疵担保責任を対象にした保険、住宅などをリフォームする際の瑕疵についての保険が成り立っています。 また、最近では「心理的瑕疵」という言葉も話題に挙げられるようになり、「瑕疵」の使用範囲が広がっています。

どんな会話で使うの?

普段はあまり使わないと考えがちの「瑕疵」ですが、下記のように使うことができます。 ■返品したい時 このストーブは温度センサーが正常に働かないという瑕疵があるので、返品します ■工事の欠陥があった時 あの建築業者はリフォーム工事の瑕疵を認めなくて困っています 引き渡し後に瑕疵が見つかった場合、どのような対処をしてくれますか? ■契約をキャンセルしたい場合 あなたの重要事項説明には瑕疵があるので、契約はキャンセルします このように、日常生活に密着した「モノ」や「行い」について、実は幅広く使うことができます。

様々なビジネスシーンで使われる「瑕疵」

契約書やニュースの中で見聞きすることの多い「瑕疵」という言葉は難しいもののように感じますが、実は日常生活やビジネスシーンでよく使われる言葉の1つです。この「瑕疵」の意味をより深く理解するために、使用頻度の高い分野と合わせてご紹介します。

「瑕疵」一般的用語ではなく法律用語?

「瑕疵一般用語ではなく法律用語」と断言する方も中にはいます。それは、「瑕疵」が法律と深い関係にある言葉であることに間違いないためです。 国内の法律において、主に民法の「瑕疵担保責任」において、瑕疵に関係する多くの条文が存在しています。また、商法においても民法と連動し、瑕疵担保責任の特則が定められいるので、取引上における商品や状態について「瑕疵」は社会における重要なテーマだということになります。 2017年5月に成立し、2017年6月2日に交付された民法の改正ですが、実に民法制定以来約120年ぶりのことで、契約に関する債権法を中心に「瑕疵担保責任」については「契約との不適合」という表現に変わりました。

民法で使われる「瑕疵」の意味は?

売買における担保責任としての「売り主の瑕疵担保責任(民法第570条)」、請負仕事の担保責任としての「請負人の担保責任(民法第634条)」が広く適用される条文です。総則の中には101条の見出しの「代理行為の瑕疵」や120条の2項に「瑕疵ある意思表示」があります。 これは詐欺や脅迫をする人の行いには「意思表示」があり、その「意思表示自体に欠陥がある」という意味で、「不完全な意思表示」という意味になります。

売買の担保責任

民法では民法第570条と民法第634条の2つの条文が良く使われます。第570条では「隠れた瑕疵があった時は」という表現が使われています。この「隠れた」とは、「買主が通常の注意を払っていても発見できない欠陥」を意味し、この法律によって、買主が欠陥品の交換や修復、契約解除の要求をすることができることを意味しています。 また、瑕疵による損害が出た場合、損害賠償請求をすることができますが、買主の権利行使の制限期間は1年以内とされています。さらに、2019年より施行される民法改正では、瑕疵の存在を知ってから1年以内にその事実を通知すれば良いとされるので、買主側がより適切に保護される法律となります。 第634条では、建物の工事で「隠れた瑕疵」に限定されないこと、権利行使の制限期間が対象となる目的物によって違うこと、瑕疵修補請求権がある点が第570条と異なります。

IT業界で使われる場合は?

身近に利用しているソフトウエアのライセンス契約やIT機器類については、製品の不具合や瑕疵があった場合の項目が記載された文書が存在していますが、文章内容を「瑕疵」に置き換えて読解をすると、意味を理解しやすくなります。 企業間取引で、システム開発委託やネットワークなどのコンピュータ基盤の設計や構築、運用において「瑕疵」による費用請求問題が発生することがあります。 「瑕疵担保責任」は現行の民法では「無過失責任」とされ、請負業者に非が無い場合でも瑕疵が生じた場合には、修復や交換をしたり、開発のやり直し請求をしたり、損害賠償を支払う責任を負うことになっています。 近年ではIT機器が身近な存在となり、個人で多種類の機器を購入する機会が増えています。購入する際に必ず説明を受けますが、面倒だと感じても契約内容の意味を理解しておくことが大切です。

建築における場合の意味は?

建築には、小規模建築工事から大規模な社会インフラに至るまで多種類の工事があります。建築では規模の大きさを問わず「瑕疵担保責任」が適用対象となります。 住んで間もない時期に雨漏で室内が濡れてしまという被害を受けたり、屋根裏に内装材の張られていない部分があるなどは、新築住宅の購入ではよく聞く話で、ご自身にも起こりえます。 屋根の造作に「瑕疵」があり、建築を依頼した工事業者へ屋根の修復工事、室内への水漏れが原因で起こった家具の損傷には、損害賠償を要求を行い修復させます。建築の場合、瑕疵担保責任は基本取引の1つとされています。また、この瑕疵については「ある程度の期間」建物を使用ないと瑕疵の有無が判明しないことが多いと言えます。 起こりうる事例や判例はインターネットで調べられるので、家屋の購入や新築を考えるときには、購入の判断のためにも意味を理解して、知識を持っておくことが大切です。

不動産でいう「瑕疵」はどんな意味?

不動産では土地の売買の際に「瑕疵担保責任」が問題に挙がることが多いと言えます。取引の対象となる土地の周囲も含め、環境調査や測量、地質調査を行い、瑕疵についてある程度チエックすることが可能です。 地中については表層部分調査だけでは確認できないことがあり、工事を進める中で判明するケースもあります。瑕疵が判明した場合は、その土地を利用するにあたり不具合(瑕疵)があることになります。 民法における「瑕疵担保責任」は「隠れた瑕疵」が対象となるので、事前に知らされていた場合には適用外となります。

広く使われる「瑕疵」の持つ意味

「瑕疵」は難しいイメージのある言葉というだけでなく、法律に関して使用することが多いので堅いイメージもあります。使用する機会が少ないと、意味を理解するのが難しいこともあります。 今回は例文や意味についてご説明していますが、実はビジネスシーンや日常生活に密着していることが多いことにお気づきになられたでしょうか? 「モノ」「事」の広い範囲での不具合について「瑕疵」という言葉が使用され、日常のビジネスシーン、私生活の上での契約や購入の判断の物差しについて「瑕疵」の意味を正しく知ることがリスクを軽減することに繋げられます。

関連タグ

アクセスランキング