IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ポートフォリオの意味・教育/マーケティング分野などでの意味

言葉の意味

ポートフォリオの意味を理解することで、いろいろな作業で安定した運用を進めることができます。リスクを伴う作業ではリスク回避のためのテクニックとして活用しますし、自分をアピールするためのいろいろな面を見せるアイテムにもなります。

更新日時:

ポートフォリオの意味

ポートフォリオの意味

ポートフォリオの意味は、複数の書類を持ち運ぶためのカバンのことです。もちろん、現代においては物理的なカバンだけではなく、概念的なカバンの意味で使うことがほとんどです。つまり、単一の事柄だけではなく、いろいろな情報をひとつにして取り扱うことを意味しています。

ポートフォリオ戦略の意味

ポートフォリオ戦略の意味

ポートフォリオ戦略の意味は、経営戦略の考え方を示しています。ここでもポートフォリオは複数の事柄ですから、ヒト・モノ・カネです。それぞれを別々のものとしてとらえるのではなく、それぞれが絡み合って経営戦略を構成すると考えなければなりません。どれかが不足していれば適切に補うことで、経営の安定化を図ることができます。

金融・証券業界でのポートフォリオの意味

金融・証券業界でのポートフォリオの意味

金融業界で使用されるポートフォリオの意味は、複数の投資対象を取り扱うことです。ひとつの銘柄が暴落した時のリスクを最小限に抑えることができます。

投資信託

投資信託ではいろいろな銘柄があります。これらをバランスよく購入することがポートフォリオの意味となります。投資信託はすべての銘柄が安定しているわけではなく、企業の業績や業界の動向に価格が左右されます。また、すべての銘柄が下落するのではなく、上昇と下降を繰り返していきますから、売買のタイミングを見誤らなければ十分な利益を得ることができるはずです。 重要なことは、どの銘柄を選べばバランスを取ったことになるかという知識を持っていなければならないことです。それが投資家としての資質につながります。

債権

債権とは国が発行する株券と考えてください。債権のポートフォリオは複数の国の債権を購入することを意味しています。もちろん、安定した国の債権をたくさん購入したいと考える人もいますが、それだけは期待したほどの利益を得ることができません。各国の情勢を考えてバランスよく購入するべきでしょう。それでも現実的な対象としては、先進国に限った方が安心できます。

株式

株式は企業に対する投資となりますが、ポートフォリオを組むことによって、単一の企業の業績変動に左右されない安定した投資を行うことができます。つまり、株式は常に変動していることを意味しており、上昇傾向の企業でもいずれは下降に転じると言うことです。その兆候を見極めることは容易ではありませんから、ポートフォリオによって安定を保ちます。 ポイントとしては、複数の業界の株式を購入したり、外国の株式を購入したりすることが一般的です。単一の業界の中で考えれば、老舗と呼ばれるような古い企業と、新しく上場した企業を組み合わせるとバランスを取ることができるでしょう。

各分野でのポートフォリオの意味

ポートフォリオの意味を理解すれば、いろいろな分野でも同じ考えを取り入れることができます。実際に各分野ではすでに取り組んでいる人も少なくありません。自分の取り組みだけではなく、団体として積極的にポートフォリオの意味を理解して、仕組みとして取り入れています。

ビジネス

ビジネスにおけるポートフォリオの意味は、企業として進むべき方向性を複数の視点で持つことです。主力商品は継続しながら、別の商品の開発を行います。別の分野のユーザーを獲得することができれば、業績の安定化につながります。現代は大企業でも倒産することが多くなりました。過去の業績に頼るだけでいい時代ではなくなったと考えなければなりません。 企業全体だけではなく、個人レベルでも同じことです。現在勤めている会社の倒産リスクを考えて、副業を始める人も少なくありません。

マーケティング

マーケティングにおけるポートフォリオの意味は、複数のユーザーをターゲットにすることです。若者向けの商品を販売してきた企業であれば、並行して高齢者向けの商品も取り扱うようにすることです。決して難しいことではありませんが、新しい分野への取り組みが簡単に利益を生むわけではないでしょう。長期的なマーケティング戦略を考えていかなければなりません。

教育

教育

教育におけるポートフォリオの意味は、複数の成績で生徒を評価することです。数学や国語など生徒一人一人の能力を複数の科目から判断します。すべての科目で成績が良い生徒は問題ありませんが、特定の科目だけに秀でた生徒も少なくありません。そのような生徒の進路指導などにポートフォリオを活用することができます。それぞれの将来への希望を見つけることにつながるでしょう。

IT

ITポートフォリオは、複数の作業を一元管理する仕組みを意味しています。これまでは手作業であってきた管理業務をIT化することによって並行して管理することができるようになります。工場全体のバランスを適正に保つことで効率化を図ることにもつながっていきます。パソコンやタブレットなどの登場により、現実的なシステムを構築することができるようになったと言えるでしょう。

経営

経営層が考えるポートフォリオは、設備投資や人員配備などのひとつの方法論を意味します。企業として安定した経営を実現するためにはバランスが重要な課題となります。採算が取れていない分野を縮小して、将来性のある分野への投資を増やすことを考えていかなければなりません。 もちろん、状況は常に変動していますから、常に経営状態を把握できるようにしておくことが重要です。社内の情報展開を確実に行ない、適正な判断材料を入手することが大前提です。

デザイン

デザインにおけるポートフォリオの意味は、これまで作成したデザインの作品集です。会社に就職するための履歴書代わりに提出を求められることも少なくありません。自己アピールの手段と考えるべきでしょう。デザイン関係を長年やってきた人は作品を一目見ただけでその人の力量を知ることができます。

不動産

不動産

不動産業界でのポートフォリオは投資対象を複数の地域で行う意味です。地価の変動が激しい東京都心だけではなく、周辺の不動産も取り扱うことでバランスを取ります。不動産は地方の下落が顕著になっていると言われていますが、都会を離れて地方に移住する人もいます。 狭い範囲の不動産だけでは、安定した投資運営を続けることは現実的ではないと考えられるようになりました。ポートフォリオは重要な役割を果たします。

医療

医療におけるポートフォリオの意味はいろいろな検査の結果から一部のデータだけを見るのではなく、全体のバランスを取った医療を考えることを意味します。 複数の病気を持っていても、いつまでの長生きをしてもらいたいと考える人は少なくありません。検査を総合判断して、これからの治療方針を立てます。もちろん、患者本人の意向も考慮します。患者本人が病気に対してどう向かい合うかを考えることが重要です。

写真家

写真家のポートフォリオは、これまで撮った写真をひとつにファイリングした冊子を意味します。これまでの自信作を凝縮することで自分の宣伝材料となります。 また、特定の場所や施設をいろいろな角度から撮影してファイリングすることで、いろいろな紹介材料として活用することができます。ポートフォリオを作成するための専用ソフトもいろいろなタイプが販売されています。家族や子どもたちの成長を、簡単にファイルにすることができます。

履歴書と共に提出するポートフォリオとは何か

履歴書と共に提出するポートフォリオとは何か

履歴書で提出するポートフォリオは自分をアピールするための材料となります。実績を示す材料や写真など提出する企業によって内容は異なりますが、考え方は同じです。

ポートフォリオの活用

ポートフォリオの活用

ポートフォリオと言う言葉は新しいと思う人もいるでしょうが、その意味を考えれば難しいことではありません。事象や対象物をひとつの面だけで見るのではなく、いろいろな角度から見ることでバランスを取ることができます。リスク回避の役割もありますし、成長や自己アピールの手段とすることもできるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング