IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「伺う」の意味と正しい敬語の使い方・類語・間違った使い方

敬語

「伺う」という敬語はさまざまな場面で多く使われています。そして「聞く」「質問する」「訪問する」「行く」といった複数の意味が含まれており、それによって使い分けが必要です。「伺う」の正しい使い方と、間違えやすい二重敬語、類語などをご紹介します。

更新日時:

「伺う」ってどういう意味?

「伺う」ってどういう意味?

敬語の種類には、相手を敬う尊敬語、自分をへりくだって相手を高める謙譲語、丁寧な言葉にする丁寧語、の3種類があります。「伺う」は、自分のアクションに対して、自分をへりくだる謙譲語ということになります。 ご近所づきあいなどのプライベートシーンから、商談などのビジネスシーンに至るまで、かなりの頻度で使われている敬語のため、耳にする機会も多いのではないでしょうか。 「伺う」は、大きく分けると「聞く」と「訪問する」というふたつの意味があります。それぞれの意味に沿って、正しい場面で正しく使えるように、ぜひ参考にしてください。

聞くという意味がある

「伺う」は「聞く」の謙譲語にあたります。謙譲語とは、自分の「聞く」というアクションに対して、へりくだった表現をしたものです。たとえば、「はい、その件については伺っています」というように使います。 注意しなければならないのは、相手が「聞く」というアクションに対しては、相手を敬う尊敬語を使うため、「お聞きになる」「聞かれる」などが使われます。間違っても相手に対し、「そちらで伺ってください」とは使わないので気をつけてください。

質問するときも使う

「伺う」は、「お聞きする」という意味もあり、質問するときにも使います。この場合も自分のアクションをへりくだって表現する、謙譲語になります。たとえば、「お名前を伺ってもよろしいですか」というように使います。 「伺う」よりもさらに敬意をはらい相手を高める場合は、「お尋ねする」などが使われ、「お名前をお尋ねしてもよろしいでしょうか」などと表現します。相手のアクションに対しては尊敬語になり、「そちらでお聞きになってください」というように使います。

訪問するという意味もある

訪問するという意味もある

「伺う」には、「訪問する」という意味もあります。「聞く」の意味を持つ「伺う」ですが、「伺います」と聞いてすぐに連想するのは、どちらかというと「訪問する」という意味のほうが多いでしょう。 たとえば、「明日、そちらに伺います」、「午前中に、貴社にお伺いしてもよろしいですか」というように使います。プライベートよりも、特にビジネスシーンで多く使われる表現です。

行くという意味も持つ

「伺う」には、「行く」という意味もあります。「訪問する」と使い方は一緒です。「行く」に対する謙譲語には、「参る」もありますが、これは行った先に訪問相手がいない場合の謙譲語となり「貴社に参ります」とは使いません。貴社には相手がいるので、「貴社に伺います」というように使います。 こちらも自分のアクションに対しての謙譲語ですから、相手のアクションに対しては尊敬語になり、「行かれる」になるので「先生が行かれました」というように使います。「先生が参られました」とは言わないので気をつけましょう。

「伺う」を正しく使うには

「伺う」を正しく使うには

「伺う」にはいろいろな意味があり、内容によって使いわけることが大切だということがわかりました。「伺う」は、謙譲語という自分をへりくだることで相手を高める敬語であり、すると相手は必然的に得意先や恩師など自分より目上の大切なひと、ということになります。 さらに、プライベートよりもビジネスシーンで使うことが多く、その使い方を間違ってしまっては信用にも響きかねないでしょう。正しく「伺う」を使って相手に敬意を表しましょう。

伺いますを使ってみる

「伺います」を実際のシーンを思い浮かべながら使ってみましょう。まず、自分のアクションに対して使う謙譲語であることを意識して、間違いがないことを確認してください。 「聞く」という意味の場合は、「お話を伺います」というように使います。「訪問する」「行く」という意味の場合は、「今週中に伺います」といったように使います。「質問する」「尋ねる」という意味の場合は、「確認のため、もう一度伺ってもよろしいですか」というように使いましょう。

お伺いしますを使ってみる

「お伺いします」の使い方は、「伺います」と同じように使います。それでは「伺います」との違いはどこでしょう。それは「伺う」という敬語に、さらに「お~します」という敬語を使っているため二重敬語になっているということです。敬語としての正しい使い方としては、「伺う」で敬語は成り立っているので「伺います」だけで合っています。 ただし、いろいろな場面で使われることも多く、一般的に浸透しているため使用しても問題ありません。むしろ、ビジネスシーンでは、「伺います」より「お伺いします」のほうが主流といってもいいでしょう。「14時までにお伺いします」というように使います。

間違ってる?「伺う」の使い方

間違ってる?「伺う」の使い方

「伺う」は、複数の意味を持ち合わせています。その意味に合った使い方をしなければいけません。また、「伺う」という言葉自体が敬語として成り立っているため、そこへさらに敬語を重ねていくと二重敬語ということになり、日本語としておかしくなってしまうこともあります。 ただ、一般的に浸透していたり、むしろその方が違和感を感じない場合もあり、問題がないとされている使い方もあります。間違った使い方をしていないか、ここでチェックしておきましょう。

「お伺いいたします」は合ってる?

「お伺いいたします」は合ってる?

「伺います」で敬語として成り立っている「伺う」ですが、さらに丁寧に聞こえる「お伺いいたします」は使い方として合っているのでしょうか。 まず言葉を分解してみます。すると、「聞く」と「訪問する」の意味を持つ「伺う」と、「お~いたす」に分けられます。「伺う」も敬語、「お~いたす」も敬語で二重に使われているということになるので、二重敬語ということになります。 ただし、この「お伺いいたします」は一般的に浸透しており、いろいろな場面で使われていることも多く、例外的ではありますが使用が許容されています。使っても間違いではありませんので、安心して使ってください。

「お伺いさせていただきます」は正しい?

「お伺いいたします」は二重敬語ですが使っても問題ありません。それでは「お伺いさせていただきます」の場合はどうでしょう。こちらも分解してみると、「聞く」と「訪問する」の意味を持つ「伺う」と、「お~させて」「いただく」に分けられます。「伺う」も敬語、「お~させて」「いただく」も敬語ですから、二重に使われているので二重敬語ということになります。 こちらも「お伺いいたします」のように使われている場合がありますが、「お伺いさせていただきます」は間違った使い方です。それは「させていただく」は相手の方に対し恩恵があるときや許可を求めるときの敬語として限定されるためです。丁寧な言い回しを意識しすぎる余り間違った使い方をしないように気をつけましょう。

聞くときに使う別の言い方って?

聞くときに使う別の言い方って?

「聞く」の意味を持つ謙譲語が「伺う」ということがわかりました。同じ意味を持つそのほかの言い方にはどんなものがあるかというと、「お聞きする」「拝聴する」「お尋ねする」があります。相手の方をどの程度高め、自分がどのくらいへりくだるかによって言い方が変わります。実際にどのような場面で使うかご紹介します。

拝聴するを使う

「伺う」よりも相手の方に対する敬意をさらに高くした「聞く」という意味の謙譲語に「拝聴する」があります。普通のビジネスシーンではあまり使われることはないでしょう。特に社内のひとに対しては、敬意を表すといっても同じ会社の同士であり、あまり使われることはありません。 それではどんな場面で使うのが正しいのでしょう。たとえば、恩師から話を聞かせていただく場合や得意先に対してなど、さらに感謝の気持ちを強調して伝えたいときに使います。「先生のお話を拝聴して、とても感動いたしました」というように使いましょう。 ちなみに「拝聴」だけで「聞く」という意味の敬語なので、「ご拝聴」は二重敬語になるため使いません。ただし、「拝聴いたします」は「お伺いいたします」と同じく一般的になりつつあり、使われている場合もあります。

お聞きするを使う

「聞く」の謙譲語である「伺う」と同じ意味の敬語に「お聞きする」もあります。こちらは「拝聴する」に比べ、相手の方に対しての敬意を一段低めに設定されているイメージです。そのため「拝聴する」よりもむしろ一般的な使用頻度は高いでしょう。 敬語の種類は謙譲語なので自分のアクションに対して使います。たとえば、「大変ご活躍されているとお聞きしています」、「その件についてお聞きしたいのですが、よろしいですか」というように使います。

「伺う」を正しく使って日本語力アップ

以上のように、「伺う」には「聞く」「質問する」「訪問する」「行く」など複数の意味があり、その意味によって使い分けることが必要だとわかりました。敬語を正しく使うためのポイントとして理解しておくことは、敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語があり、誰のアクションに対するものかで使用する種類が変化するということです。 「伺う」は謙譲語であり、自分をへりくだり相手を高めるための敬語で、自分のアクションに対して使います。相手のアクションに対して使う言葉ではないので気をつけましょう。 また、「伺う」自体が敬語として成り立っているため、さらに丁寧にしようとすると二重敬語になりやすいので注意が必要です。ただし、二重敬語でも一般的に浸透していて認められている場合もあるので、一概に間違いだと決め付けるのではなく、相手の方に合わせた使い方をして、気持ちのよいコミュニケーションをとれるようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング