IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンシェルジュの意味と由来・ホテル/マンションでの役割

初回公開日:2018年01月09日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「コンシェルジュ」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし実際に「コンシェルジュ」が、どのような意味なのかは、イメージが湧かない人もいるでしょう。そんな人のために「コンシェルジュ」の意味や由来、使い方などについて順番に紹介していきます。

「コンシェルジュ」は何語?

「コンシェルジュ」は何語?
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of world · Pexels

まずはじめに、みなさんは「コンシェルジュ」という言葉が何語か知っていますか。多くの人は「コンシェルジュ」を英語だと勘違いしているでしょう。しかし「コンシェルジュ」は英語ではありません。では「コンシェルジュ」は何語なのでしょうか。

「コンシェルジュ」はフランス語?

「コンシェルジュ(Concierge)」は英語だと勘違いされやすいですが、フランス語です。また英語圏の人も、「コンシェルジュ(Concierge)」という言葉を、フランス語のまま、ほとんど同じ意味で使っています。 「コンシェルジュ(Concierge)」は英語圏の人を含め、世界中で使われているため、英語だと勘違いされやすいのでしょう。「コンシェルジュ(Concierge)」はフランス語だということを覚えておきましょう。

「コンシェルジュ」ってどういう意味?

「コンシェルジュ(Concierge)」はラテン語の「Conservus」が由来だと言われています。「Conservus」には、「奴隷」や「召使い」などの意味がありました。また「コンシェルジュ(Concierge)」は、フランスで16世紀頃に、お城や刑務所、宮殿などを見張る人(看守者)という意味として使われ始めたと言われています。 その後フランスでは「コンシェルジュ(Concierge)」を ・門番 ・管理人 ・番人 という意味で使っていたといわれています。 しかし、時代とともに「コンシェルジュ(Concierge)」の意味は進化していて、「門番・管理人・番人」という意味では近年、世界的にはあまり使われなくなっています。では近年ではどのような意味で「コンシェルジュ」を使うのでしょうか。

現在使われている「コンシェルジュ」の意味とは?

近年使われている「コンシェルジュ」の意味を、簡単に言うと「施設利用者のお世話役」というようなイメージです。現在使われている「コンシェルジュ」は、「コンシェルジュ」の由来である、ラテン語の「Conservus」の「召使い」という意味に、少し近いニュアンスがあると言えるでしょう。 また「施設利用者のお世話役」という意味で使われている「コンシェルジュ」は、よくホテルやマンションの中で使われています。ではホテル、マンションでの「コンシェルジュ」はどのような意味で使われているのか順番に見ていきましょう。

ホテルの「コンシェルジュ」の意味とは?

ホテルで「コンシェルジュ」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。大きなホテルや高級ホテルのロビーの一角には、「フロント(レセプション)」のデスクと「コンシェルジュ」のデスクがあることが多いです。 ホテルでは、このコンシェルジュのデスクで働く人を「コンシェルジュ」と呼びます。ではホテルの「コンシェルジュ」とはどのような仕事なのでしょうか。

ホテルのコンシェルジュの仕事とは?

ホテルの「コンシェルジュ」の仕事を簡単に言うと「宿泊客の秘書またはお世話役」です。ホテルに宿泊した際、「ホテル近郊のおいしいレストランで食事をしたい」「ホテル近郊の観光スポットに行きたい」などと思う人は多いでしょう。そのようなお客さんの手助けをするのが、ホテルの「コンシェルジュ」の仕事です。 ホテル近郊の観光地の案内や、観光地のチケットの手配、またホテルによっては、コンセルジュにお願いすると、観光地のチケットの割引などをしてくれる場合もあります。観光地の的確な案内の他、お客さんの無理な要望にも応えたりしなければならない仕事のため、コンシェルジュとして働く人は、ホテルスタッフの中でも、知識や経験豊富なベテランさんが働いていることが多いでしょう。

ホテルの「コンシェルジュ」と「フロント」は違う?

ホテルの「フロント(レセプション)」と「コンシェルジュ」は同じ意味だと勘違いしている人もいるでしょう。ホテルのフロント(レセプション)の主な仕事は、お客さんのチェックイン・チェックアウト、宿泊の予約の電話対応などです。小・中規模のホテルなどでは、フロント(レセプション)がコンセルジュの仕事を兼任していることも多いため、意味が混同されがちです。 コンシェルジュは、宿泊客のお世話役のプロフェッショナルなので、コンシェルジュがいるホテルでは、レストランの予約、観光の案内や手配などは、コンシェルジュにお願いするようにしましょう。

マンションの「コンシェルジュ」の意味とは?

関連タグ

アクセスランキング