IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マトリックスの意味4つ・マトリックスを使ったビジネス用語5つ

更新日:2020年05月17日

言葉の意味

マトリックスという言葉があります。海外では映画のタイトルとして使われた程に素敵な響きがある言葉ですが、その言葉の意味をきちんと理解しているでしょうか。もしマトリックスという言葉を使いたいのであれば、その意味をきちんと調べて、理解しましょう。

マトリックスの意味4つ

マトリックスには多くの意味が込められています。 母体や基板、または発生源など、何かが生まれる元となる言葉の表現としてマトリックスが使われています。 英語では、生み出す行為に対して名付けられることが多いです。 それでは、マトリックスの一つ一つの意味を見ていきましょう。

意味1:母体・基盤

マトリックスの意味として扱われる「母体」「基盤」があります。 「母体」とは、自分を生んでくれた母親の体のことで、一つの命に関わる感動的な意味も含んでます。「基盤」とは、何かを始めたり、または進めるにおいて必要とされる基礎のことです。 この基盤を意識するからこそ私達の生活を向上させることが可能です。

意味2:行列

数学用語にもマトリックスが使われていて、「行列」という意味を持っています。 数学における行列とは計算式を意味していて、私達が小学校で勉強した足し算や引き算の計算もマトリックスの一種です。 レベルが上がると、記法やベクトルなどの複雑な用語も使われます。

意味3:発生源

何かの事柄が起こる原因や発端のことを「発生源」と言います。 例えば、ゴミの発生源を知れば改善案はいくらでも考えられますし、また天気が悪くなるメカニズムを学ぶことで、雨や雪が降っても事前の対策を立てることが可能です。 こうしたマトリックスを知ることで、今後の生活を豊かにするヒントがいくらでも隠されています。

意味4:鋳型

「鋳型」と呼ばれる工具があり、溶かした金属を流し込んで、そこから道具を作る目的で使われます。 鉄やアルミ、そして金を溶かして液体のようにしてから、それを固める型が必要なので、そこで鋳型の出番になります。鋳型から生まれた物を鋳物と呼びます。

マトリックスのビジネス用語5つ

マトリックスのビジネス用語には5つの種類があります。 「マトリックス演算」「マトリックス組織」「マトリックス表」「マトリックス認証」「成長マトリックス」などのビジネス用語が存在します。 それでは、一つ一つの意味を見ていきましょう。

ビジネス用語1:マトリックス演算

マトリックス演算とは数字や記号の配列であり、C言語と呼ばれるプログラミング言語を扱う時に使われる計算のことです。 このマトリックス演算があるからこそCPUは自由に稼働するようになり、私達の生活に必要なAIも発展するようになりました。

ビジネス用語2:マトリックス組織

マトリックス組織とは組織形態の一種であり、それぞれ異なる組織やチームを縦や横の関係にかけ合わせて、社員がそれぞれの部署に属する形態を意味します。 業務の対応が柔軟になりますが、複数のチームに所属することで上司が増えてしまう特徴もあります。

ビジネス用語3:マトリックス表

初回公開日:2017年12月29日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング