IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タイプ別ルービックキューブ10選・メーカー

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年11月16日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

今では世界大会が開催されているほどのある、ルービックキューブ。実はたくさんの種類があります。この記事ではルービックキューブの種類や商品、攻略方法についても紹介しています。これから始めたいという方も是非、読んでみて下さい。

DaYanは大変のあるメーカーであり、現在でもベストセラー商品のように売れ続けています。ザ・ルービックキューブとも言える、1番スタンダードなモデルを製造している歴史あるメーカーの1つです。 時代の流れに伴ってネット販売を開始したため、売り上げはさらに伸びています。製造数が多いので初心者の方だけでなく、上級者でも使用している人が多くメーカーです。

Gans

Gansは、その軽さと回転の滑らかさを特徴としたルービックキューブを製造しています。知名度も徐々にが上がってきており、が出てきているメーカーです。コーナーやエッジのパーツなどにもこだわり、キューブそのものの剛性も年々確実に向上しています。 また比較的安値で購入できるので、コストパフォーマンスの面においてもです。

ルービックキューブのステッカー

ルービックキューブのステッカー
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

配色

ルービックキューブの配色には、世界基準のものと日本独自のものの2種類があります。 使っているシールの色は同じですが、配色関係は違います。この配色関係を知り覚えることで、どこにどの色を揃えれば良いのかを頭の中で整理することができます。 日本のお店で販売されているルービックキューブは、やはり日本の配色の物が多く、説明書にも日本の配色ベースでの遊び方が記載されています。そのためルービックキューブを遊びではなく本格的にやっていきたいという人は、世界基準の配色の物を購入するのがです。

ルービックキューブのメンテナンス用品

ルービックキューブのメンテナンス用品
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

ルービックキューブも使い続けていくと、プラスチックが少しずつ削れたりホコリや汚れが溜まったり、配色のシールが剥がれてきます。そのため、同じルービックキューブを使い続けるためには、定期的なメンテナンスが必要です。

シリコンスプレー

ブロックの回転に抵抗があったり滑りが悪くなってきた時には、潤滑剤としてシリコンスプレーを使用するのがです。ルービックキューブはブロックの回転が滑らかになることで、記録の更新だけでなく練習の効率も上げることができます。 ルービックキューブを1度分解してからスプレーをすると楽ですが、販売されているシリコンスプレーには、細いストローのような部品が付いているものが多いので、そのままの状態でもキューブとキューブの細い間にしっかり液を入れることができます。 ルービックキューブを分解したくない人や、分解後に組み立てるのが不安な人にもです。

ルービックキューブ用のタイマー

スピードスタックス スタックマットタイマー&マットセット

スピードスタックス スタックマットタイマー&マットセット
スピードスタックス スタックマットタイマー&マットセット

関連タグ

アクセスランキング