IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【用途別】色鉛筆|イラスト/大人の塗り絵・100均

更新日:2020年08月28日

ガジェット

塗り絵や絵を描く時に、大人から子供まで幅広い世代に使われている「色鉛筆」。多くのメーカーが膨大な種類の色鉛筆を製造・販売していますが、それぞれ全く異なった特性を持っています。この記事では色鉛筆選びの際に欠かせない、色鉛筆の種類や用途別のをご紹介します。

色鉛筆の種類と特徴

色鉛筆というととても馴染み深い画材で、そこまで多くの種類があるのかと疑問に思われるでしょうが、油性と水彩など性質の違いや、形状などによってさまざまなカテゴリに分けられます。用途によって色鉛筆にも向き不向きがあるので、しっかりと把握しておくことが大切です。

油性色鉛筆

油性色鉛筆は、最も馴染み深くポピュラーな色鉛筆です。顔料を油性ワックスで固めて作られているため、水を弾き色彩がはっきりとしています。図画工作などで使われる色鉛筆の多くがこのタイプです。 水を弾くので、水彩絵の具と組み合わせて使っても混ざりません。筆跡と色合いをしっかりと残すので、独特で味のある表現をすることができます。油性のため色を重ねすぎると、色鉛筆の色を弾いてしまってうまく混色ができませんが、専用のぼかし液などを使うことで表現の幅を広げることが可能です。 ポピュラーなものだからこそ、ステップアップしながら楽しむことができるのが、油性色鉛筆の良さでもあります。子供の頃から親しんでいく色鉛筆なので、親子で楽しみたいという方にとてもです。

水彩色鉛筆

水彩色鉛筆は単体で色を乗せて楽しむ他に、水を含ませた筆で筆跡を滲ませて、水彩画のような表現で描くことができる「水溶性」の色鉛筆です。 通常色鉛筆は油性のため水に溶けることはなく、重ね塗りには向いていません。しかし水彩色鉛筆は、顔料に水溶性のワックスを混ぜて固めた芯が使われているため、水に溶けやすいという特徴を持っています。 水彩と色鉛筆、どちらのタッチも描くことができ、色を重ねて所持している色数以上の、色彩表現豊かな絵を描くことが可能です。色の扱いに慣れている方や、水彩を手軽に始めたいという方、外でのスケッチを楽しみたいという方にします。

その他形状別の色鉛筆

クーピー

クーピーは子供の頃から非常に馴染み深い、クレヨンと色鉛筆を足して2で割ったような画材です。柔らかい書き味ですが折れにくく、失敗しても消すことができるので、気兼ねなく楽しむことができます。 軸全体が芯になっているため経済的にも優しく、また全体が芯ではありますが、手が汚れないように加工されているので小さなお子さんにも画材です。 発色が非常によく、重ね塗りやグラデーションをつけることもできます。多色購入してもとても手頃な価格設定がされているので、お子さんの塗り絵はもちろん、大人の塗り絵でも大活躍する色鉛筆です。

用途別色鉛筆

イラスト制作に

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット TFC-WCP/36C
ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット TFC-WCP/36C

イラスト制作には、色の深みを出しつつあっさりめな塗りも表現することができる「水彩色鉛筆」がです。水彩色鉛筆ならば、先に線画を描いてから色をつける場合でも、線を潰すことなく色をつけることが可能です。 製品は「ファーバーカステル」の「カラーグリップ」という赤い缶の水彩色鉛筆が、比較的安価で色数も豊富なのでです。三角形の軸と特許を取得したソフトグリップゾーンのおかげで、長時間使用しても疲れにくいため、じっくりとイラスト制作に取り組むことができます。 初めはこの色鉛筆で慣れた後、アーティスト用に用意されている「アルブレヒト・デューラー」という、緑色のパッケージのものにランクアップさせるのがです。

普通に色鉛筆として、何の問題も無いです。水溶性なので、筆を用いての水彩画なら更に可ですよね。 破格値で購入出来るので、入門者からプロの方まで気軽に扱えると思いました。

大人の塗り絵に

三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP
三菱鉛筆 色鉛筆 880 36色 K88036CP

大人の塗り絵は、今やポピュラーな趣味として大勢の人に親しまれています。しかし普段絵を描かない人の場合、色鉛筆をどう使えばいいか、どれを選べばいいのかと悩んでしまう方が多いです。 塗り絵用の色鉛筆を選びあぐねている人には、「三菱鉛筆 uni no.880」をします。多くの人が子供の頃から馴染みのある色鉛筆のシリーズのため、子供が使うものではと考えてしまう人もいますが、そんなことはありません。 太めの丸いグリップで持ちやすく、どの色の芯も硬さが均等に作られているためとても使いやすく作られています。油性色鉛筆ではありますが、力任せに塗らず優しいタッチで塗ることで、重ね塗りをすることも可能です。 テクニックを駆使することでとても幅広い表現ができます。大人になった今だからこそ使って欲しい、したい色鉛筆です。

大人の塗り絵用に購入しました、子供の頃にはほしくても 買う事が出来ず、うらやましかった物です、夫婦で使用しています

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング