IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ニッチの意味・使い方や例文|ビジネス/生態学/不動産/建築

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「ニッチ」という言葉の意味について解説しました。他の言葉、ブルー・オーシャン、レッド・オーシャン、グローバル・ニッチ、ニッチ・メディア、バリュー・イノベーション、などについてもその意味を説明しました。そしてニッチ産業、ニッチ事業の例を紹介しました。

ニッチの意味は?

「ニッチ(niche)」の英語の意味は、隙間・適した場所・生態学においての位置・微小環境、などです。日本でもさまざまな分野がいろんな意味で「ニッチ」という言葉を使っています。

ニッチの対義語は?

「ニッチ」の対義語を紹介します。 「ニッチマーケティング」の対義語は「マスマーケティング」です。「ニッチマーケティング」が特定の層を対象にして商品を売るのに対し、「マスマーケティング」は広く一般大衆を対象にして商品を売ろうとしています。 「マス(mass)」の英語での意味は、集団・大衆・多量・大部分、などです。

ニッチの使い方や例文

「ニッチ」という言葉はいろいろな分野で使われています。ここではそれぞれの分野での「ニッチ」の意味と使い方や例文を紹介します。

ビジネスでの意味は?

ビジネス用語での「ニッチ」の意味は、「ニッチマーケット(ニッチ市場)」のことです。需要の少ない特定の層をターゲットにしたビジネスのことをいいます。特定のニーズに答えてビジネスを行う小さい市場のことです。「隙間産業」とも呼ばれています。 ニーズが少ないためになかなか産業として考え付かないので、潜在的なニーズを調査してビジネスを新しく開拓しようとする時に「ニッチを開拓する」という言い方をします。 「ニッチ事業」は収益が少ないので大企業が手を出そうとしない分野です。したがって中小企業やベンチャー企業がなどが進出しやすい市場です。例としては、オタク向けのアニメ・グッズや輸入雑貨の通信販売などです。インターネットや宅配便、電子マネーやオンライン決済などの普及で以前は商売として成り立ちにくかった「ニッチ市場」が商業的成功を得やすくなりました。

生態学での意味は?

「ニッチ」の生態学での意味は、「生態学的地位」です。動物の生物学的な環境での位置のことです。その動物が生息する場所、食べ物、敵、競争者、などを含めて生物が群衆の中で何をしているかということを表わします。 生態系が安定している状態では普通はニッチが空いていることはありません。そして通常は1つのニッチを別々の種が分け持つことはないので、安定した生態系に新たな種が入り込む余地はないです。 使い方の例としては、「ニッチを持っていた在来の種に、別の新たな種が勝ってニッチを獲得した」、「人間によって生態系が混乱したせいで、新たにニッチの種間競争が起こった」などです。「ニッチ」は生物学用語として使われていた言葉ですが、人の社会でも使われるようになりました。

不動産用語での意味は?

不動産用語としての「ニッチ」の意味は、家の建築について言っている場合は、壁をくり抜いた部分に写真や置物や花などを飾り、照明を当てたりしたインテリアのことをいいます。 建築のことではなくて不動産業者としての商売としての「ニッチ」の意味は、本業が減少した結果、新事業として「ニッチ市場」へ事業展開をすることをいいます。介護施設や高齢者向けの住宅を開発するなど、一般的な住宅ではなく特殊なニーズに答える建築を行います。

建築用語での意味は?

建築用語での「ニッチ」の意味は、壁に凹みを作り、飾り棚にしたものをいいます。家を新築で建てたり、リフォームする際に「壁にニッチを作ってもらっておしゃれにしたい」などという言い方をします。

広告業界での意味は?

広告業界ではニッチなナディア、「ニッチメディア」という言葉があります。意味は、マスメディアではない媒体で、見る・読む人が共通のニーズや趣味を持っている似通った顧客層に向けての広告のことです。「これからの広告ビジネスはニッチメディアが重要な舞台です」などの言い方をします。

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング