IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

黒い羊の意味・英語でのBlack Sheep・黒い羊効果とは

初回公開日:2017年12月20日

更新日:2020年07月19日

記載されている内容は2017年12月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「厄介者」などを「黒い羊」という言葉で表現されることを知っていますか?動物としての白い羊と黒い羊を用いた研究や、宗教的な思想などの影響で、厄介者など悪い意味を表す言葉としては扱われています。「黒い羊」の意味や使い方などについて説明しました!

黒い羊?

羊といえば、何色でしょうか。日本では、多くの方が「白色」と答えるでしょう。確かに羊の毛は白色が多いのですが、黒い羊も存在しています。 また、生物としてではなく、言葉としての「黒い羊」もあることはご存知ですか。「黒い羊」という表現はあまり良い意味を持ちませんが、ビジネスシーンにおいても使用されることがあります。 それでは、言葉としての「黒い羊」についてをご説明していきます。

「黒い羊」の意味とは?

「黒い羊」には「のけ者・厄介者・見捨てられた者」というあまり良くないイメージの意味があります。日本のビジネスシーンでは、イジメられている人を表している場合があります。 それでは、「黒い羊」の意味を詳しく見ていきましょう。

のけ者

「のけ者」は漢字で書くと「除け者」であり、意味は「仲間はずれ」です。白い羊の中に黒い羊がいると仲間はずれにされるということから、「黒い羊」に「のけ者」という意味が付けられています。この「仲間はずれ」をイジメとリンクさせて表現されることもありますが、仲間はずれになる理由はそれ以外にもあります。 たとえば、その人自身が仲間はずれでいる方が過ごしやすい人もいます。その場所は悪い意味での仲間はずれと言うよりは、仲間から故意的に外れている感じです。実際には白い羊も黒い羊も一緒に飼われている現状がある上に人は人ですので、「黒い羊」と例えるのはどうかという意見もありますが、「集団になればその中に1人は黒い羊がいる」と言われています。

厄介者

「厄介者」は「迷惑・面倒・世話がかかる人」という意味で、「のけ者」とは違ったタイプです。「のけ者」は「仲間はずれにされている人」ですが、「厄介者」は簡単に言えば「めんどくさい人」です。 そう言われてしまうことにはさまざまな理由がありますが、気難しくて融通が利かなかったり・理不尽に怒ったり・極端に人間不信だったり・意地悪な性質など、いろいろあります。 「黒い羊」が「厄介者」の意味を持つ言葉になった理由は海外の童謡にあるのですが、その歌で描かれているのは「黒い羊」がみんなに羊毛をあげる様子です。この様子には風刺が込められているという見解がされており、羊毛輸出税の反感も含まれてるなどと言われています。また、キリスト教においてBlackは地獄を表す色とされていることも、悪い意味に結び付きます。

見捨てられた人

この意味は「厄介者」に通じ、「厄介者とされて手がかけられなくなった黒い羊」=「見捨てられた者」ということになります。ビジネスシーンで「見捨てられた」と表現されるのは、特に悪いことが無い人に告げられる突然のリストラなどでしょう。良い意味ではありませんが、「見捨てられた」とダイレクトに表現したくない時には「黒い羊」の言葉を用いると良いです。

英語「Black sheep」の意味は?

続いて、「黒い羊」を英語で言った「Black sheep」という言葉について見ていきましょう。日本で言われる「黒い羊」は「Black sheep」を由来としていますが、「Black sheep」では主に「厄介者」の意味で使用されます。

厄介者

「厄介者」は「黒い羊」の意味でもご紹介した通り、「世話のかかる人」=「めんどくさい人」といった意味になります。めんどくさい人にもいろんなタイプが存在していますが、「Black sheep」および「黒い羊」では「1つの集団の中にいる厄介者」の意味です。すなわち、集団の中にいない個人としての厄介者は示しません。

面汚し

「面汚し」とは「世間に対する名誉や対面をつぶしてその集団の評価を下げる」という意味です。これは18世紀にイギリスで使われていた諺である「There is a black sheep in every flock.・どんな群れの中にも厄介者はいるものだ」と同じ意味です。 そのため、「黒い羊」イコール「面汚し」という意味で使われます。黒い羊は1,000分の1の確率で生まれるとされています。黒い毛は染色できないため相場が低く、商売にならないので嫌われています。

関連タグ

アクセスランキング