IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕切り価格の意味・計算方法|エクセル・違い|卸価格/定価

ビジネススキル

仕切り価格とは、普段あまり耳にしない言葉ですが、流通業界では非常に大事な価格をいいます。この仕切り価格については、同じような意味や似たような意味をさす言葉もありますので、知っていて損はない言葉なのです。この仕切り価格について、確認してみましょう。

更新日時:

仕切り価格の意味

仕切り価格の意味

仕切り価格という言葉を聞いたことはあるでしょうか。普段の日常の生活をしているとあまり耳にしない言葉でしょう。この仕切り価格については、流通業界での言葉になります。では、仕切り価格という言葉について、どのような意味があるか見ていきましょう。

流通業界での意味

仕切り価格は、一般的には商品を製造しているメーカーや個人から、卸売り業者などの問屋への価格のことをいいます。この言葉に対して、小売店に問屋から販売する価格のことを卸価格といいます。 この仕切り価格の意味で「一般的」とつけたのは業界が変われば言葉の捉え方が変わってくるからです。業界によっては、仕切り価格のことをネット価格(NET)とも言ったり、下代や卸値と同じ意味で使う場合もあります。

ネット価格とは

ネット価格と聞くと、インターネット上での販売価格のように思う人もいるでしょうが、流通業界の用語では、メーカーからの最終的な価格のことを指します。例えば、商品の定価があり、そこから値引きをして販売していきますが、それ以上値引きすることができない価格がネット価格になります。

下代とは

下代とは、仕入れ価格のことをいいます。卸値と同じですが、使い方によっては、仕切り価格とも一緒の意味合いになってきます。 メーカーから直接仕入れをしている小売店では、基本的に仕切り価格と下代、卸価格は同じ扱いになります。

不動産業界などでの意味

委託主より価格を指定しないで売買注文を委託した場合で、実際に取引が成立した価格のことを仕切り価格といいます。逆に委託主より価格を指定された場合については、その価格のことを指値価格といいます。

仕切り価格の計算方法

仕切り価格の計算方法

仕切り価格の意味についてはご説明した通りですがいかがだったでしょうか。微妙にニュアンスは違うものの、主に小売店とメーカーや問屋との取引での価格でした。では、この仕切り価格について計算方法を見てみましょう。 一番簡単な仕切り価格の計算方法としては定価と掛け率から求める方法があります。この計算では、よく販売するするA社には定価の6掛け、A社の半分程度の販売量のB社には定価の8掛けなどといったように、取引条件として掛け率を調整して販売します。 この計算では、定価が10000円の場合、A社には6000円で販売、B社には8000円で販売することになります。

エクセル

エクセルで計算する場合、関数で求めることができます。税込価格(A列)から、仕切り価格(B列)を求めて表示させる場合は、次のような式になります。掛け率を8掛けとした場合、=int((A1-int(A1*8/108)*0.8)という式になります。 なお、内税の物を計算する場合には、=int(int((A1-int(A1*8/108)*0.8)*1.08)という計算になります。消費税率が10%となれば、8を10に変え、108を110に変えて計算するようにします。

仕切り価格との違い

仕切り価格との違い

仕切り価格の意味や計算の方法について確認してきましたが、その確認の中で色々な似た言葉が出てきました。卸価格や定価などの言葉と、仕切り価格と色々な用語があります。それらの言葉には、それぞれにどのような意味の違いなどがあるのでしょうか。 それぞれの言葉の意味について、詳しく確認してみましょう。

卸価格

卸価格は、卸問屋から小売店に商品を販売する際の値段のことをいいます。一般的に卸価格といえば、商品の単価をいいますので、卸問屋から小売店に配送する際に発生する送料などは含みません。そのため、仕切り価格と比較した場合、製造メーカーから直接購入するよりも若干高い価格になっている場合があります。これは卸問屋の利益が上乗せされているためです。 製造メーカーから直接取引で好条件を出してもらっているような小売店の場合では、卸問屋から購入するよりも安い可能性があります。

定価

定価は、商品に定められている消費者に対しての販売価格のことをいいます。メーカー希望小売価格やオープン価格などといった呼び方で消費者向けの小売価格に関する名前の価格がありますが、定価についてはその定められた価格から高く売ったり、逆に安く売ることも許されていない価格です。 定価が定められている商品の代表格には、新聞や書籍などがあります。これらのものは、日本国内どこで購入しても値段が同じ商品です。 なお、メーカー希望小売価格については、メーカーがこれくらいの値段で売ってほしいという基準の値段であり、小売店はいくらで売るかという実際の単価について一任されている価格をいいます。また、オープン価格については、メーカーも価格を設定しておらず、小売店に自由に設定してもいいようになっている価格です。 消費者に対しての販売に関係する価格であるため、仕切り価格とは全く別のものです。

仕入れ値

仕入れ値は、販売する商品を仕入れする際に必要となる料金をいいます。卸価格とは同じような扱いをされる場合がありますが、厳密に言うと卸価格と仕入れ値は全く別のものになります。 「仕入れ値=卸価格+運賃等」という式で計算することができます。つまり、商品そのものの価格とそれを購入する際に必要になった送料などの諸経費を含んだ価格が仕入れ値になります。 仕切り価格との違いは、仕入れに関する価格という点では同じものですが、やはり送料などの諸経費が乗っているという点で仕切り価格よりも大きな価格になります。小売店が卸問屋から購入する場合の価格ともいえるため、小売店が直接メーカーから購入する場合は、卸価格よりも小さな価格になる場合もあります。

仕入れ価格

仕入れ価格は、仕入れ値と同じものです。商品を仕入れる側の立場での購入価格をいいます。この価格には、卸価格に諸経費が上乗せされた仕入に掛かった全ての価格をいいます。 仕切り価格とは字が少し違うだけであるため、勘違いしないように気を付ける必要があります。仕切り価格と仕入れ価格では製造元から直接購入するか卸問屋から購入するかの違いがあります。そのため、仕切り価格が卸価格よりも小さな値になっていたら、仕切り価格と勘違いしていないか確認する必要があります。

仕切り価格の相場

仕切り価格の相場

世の中には、色々な商品があるように、その商品ごとに仕切り価格があります。商品にも色々な種類があり、その製品ごとでどの程度の相場かというのは、商品ごとでやはり違いがあります。卸問屋や大卸を通過するような場合であれば、定価に対しての掛け率も違いがあります。 業界によっては、その販売方法の違いで料金設定が違っていることもありますので、一概に商品ごとで比較することは難しい面もあります。そのような中で、販売価格が安いものから、非常に高いものまで色々な商品がありますので、それぞれの商品に関して、仕切り価格の相場を確認してみましょう。

車

自動車の価格での費用割合については、メーカー希望小売価格の60%が原材料費と人件費になっています。開発費や生産設備への投資分担金や諸経費が20%程度、メーカーの利益は10%、ディーラーの利益が10%となっていますので、自動車ディーラーの仕切り価格は、1掛け程度と言えます。 これは、一般的な大衆車クラスの内訳ですので、高級車から軽自動車まで色々な自動車がある中で、それらの割合が変わってきます。 軽自動車では、この利益部分が非常に薄くなり、過去にスズキ自動車の会長の鈴木修氏が記者から軽自動車の利益率を質問されたときに、展示していた車両のサイドミラーを折って取り、「軽自動車なんて1台売っても正味の儲けはミラー1個分だよ」と答えたとの伝説が残されています。 このため、車の仕切り価格は定価の1掛けから2掛け程度と考えられます。

エアコン

エアコン

エアコンを含め家電製品については、代理店や特約店の仕入れ価格は、商品やメーカーによってかなり違いがあります。ここで、仕切り価格については、おおむね標準価格の70~75%が設定されています。最近の電化製品については、カタログを見てもほとんどの製品がオープン価格と記載されているように、メーカー希望小売価格に対しての掛け率では比較しにくくなっています。 エアコンも上記のとおり7掛け程度が仕切り価格となっていますので、値引き交渉においても、目安にしておくといいいでしょう。

システムキッチン

システムキッチン

システムキッチンやユニットバス、洗面化粧台などの建材については、時期や地域によって仕切り価格が変動します。一般的にはシステムキッチンでは、3掛けから6掛けが仕切り価格となっています。 建材については、他の電化製品などと比べても流通量は少なくなります。そのため、仕切り価格は、定価よりも安くなります。システムバスにおいても、35%前後から45%が相場となっています。トイレについては、50%前後の掛け率となっています。このように、仕切り価格は半値程度と言えます。 リフォームなどには、定価が決まっていませんので、営業マンの言い値で価格が決まってしまう場合があります。リフォーム業者に足元を見られない為にも、仕切り価格の掛け率をある程度頭に置いておけば、いざという時にも必要以上に高いお金を支払わなくてもよくなります。

仕切り価格を理解しよう

仕切り価格を理解しよう

仕切り価格について確認してきましたがいかがだったでしょうか。仕切り価格は、通常の日常生活を送っている場合は、特に耳にする言葉ではありませんでした。小売店や卸問屋、または不動産関連などで仕事をされている方が使う業界用語でしたので、あまりその価格については意識する必要はない価格でした。 仕切り価格を知っていると、その小売店がいくらその商品で儲けが出るのか理解することができます。意外と利益はすくなかったりする場合があるので、ネット価格やその金額を割って処分するような価格では赤字価格というのが理解することができます。 仕切り価格そのものを目にすることはないでしょうが、私たちが小売店で商品を手にする際の価格には、色々な価格が乗っかって販売価格になっているということを理解し、購入すると面白いはずです。

関連タグ

アクセスランキング