IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コルクヘルメットの種類・塗装の仕方・立花などメーカー

初回公開日:2018年04月26日

更新日:2020年11月16日

記載されている内容は2018年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

コルクヘルメットとは、どのようなものなのでしょうか。また、塗装をしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。このぺージでは「コルクヘルメット」ををテーマに、特徴や塗装の方法、世間からのイメージやメーカーなどをご紹介・考察しています。参考にしてみて下さい。

覚えておきたい!コルクヘルメットの基礎知識

覚えておきたい!コルクヘルメットの基礎知識
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

バイクに乗る際は、ヘルメットを装着しなければなりません。頭や顔を守るヘルメットは、バイクに乗る方にとって、必須と言えるアイテムです。 「ヘルメット」と一言で言っても、その形状やタイプには、さまざまな種類が存在しています。数あるヘルメットの種類の1つには、「コルクヘルメット」というタイプも存在しています。「コルク半」などとも呼ばれることがある「コルクヘルメット」ですが、どのようなものなのか、気になるところです。 そこで今回は、「コルクヘルメット」をテーマにして、コルクヘルメットとはどのようなものなのか、コルクヘルメットの塗装の仕方や世間からのイメージ、メーカーなどについて、考察・ご紹介していきます。

コルクヘルメットとはどんなものなのか

コルクヘルメットとはどんなものなのか
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

まずは、そもそも「コルクヘルメット」とはどのようなものなのか、コルクヘルメットの特徴や普通のヘルメットとの違いなどについて、考察していきます。 「コルクヘルメット」と呼ばれるものの特徴や基準について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「コルクヘルメット」とそれ以外のヘルメットの違い

まずは、「コルクヘルメット」とそれ以外のヘルメットの違いにはどのような点が挙げられるのか、考えていきましょう。 「コルクヘルメット」とその他のヘルメットの最大の違いは、緩衝材の素材や種類だと言われています。一般的なヘルメットは、緩衝材に発泡スチロールが使用されているケースが多いとされています。 一方で「コルクヘルメット」の場合は、名称のとおり緩衝材の素材に、コルクが使用されています。緩衝材がコルクだから、「コルクヘルメット」と呼ばれていると考えられます。 一般的には、緩衝材の素材としては発泡スチロールの方が新しいものとされ、コルクは古い素材だとされています。

「コルクヘルメット」の種類

「コルクヘルメット」の種類
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

上記では、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットがどのようなものか、特徴やその他のタイプのヘルメットとの違いについて、考察しました。 続いては、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットの型や種類について、どのようなものがあるのか考えていきましょう。

「コルク半」と呼ばれるものが多い

「コルクヘルメット」という名称と同じくらい、多くの人に浸透していると考えられるのが、「コルク半」という名称です。「コルクヘルメット」のことを「コルク半」と呼ぶ方も多いと言われており、インターネットなどでも、「コルクヘルメット」というキーワードで検索すると、「コルク半」という言葉を見掛けることがあります。 結論から言うと、「コルク半」とは、「コルクヘルメット」の1種であると考えられます。コルクを素材に使用しているヘルメットの中でも、特定の型やタイプのヘルメットのことを、「コルク半」と読んでいると予想できます。 しかし、「コルクヘルメット」とインターネットで検索すると、「コルク半」に関する話題や記事が多くヒットすることから、「コルクヘルメット」と呼ばれるものには、「コルク半」と呼ばれる型やタイプのものが多いと予想できます。

「コルク半」とは

「コルク半」とは
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

上記では、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットの中でも、特に多いと考えられる型が、「コルク半」という型であるとご紹介しまいた。そこで続いては、「コルク半」とは何なのか、考察していきます。 結論から申し上げると、「コルク半」もまた、「コルクヘルメット」の中の1つだと言えるでしょう。「コルク半」の「半」は、「半帽」や「半キャップ」を省略したものだと考えることができます。「半帽」「半キャップ」という言葉は、ヘルメットの型やタイプを表現する際に、比較的頻繁に使用されるものです。 上記の見解から、緩衝材にコルクが使用されている、「半帽」「半キャップ」という型のヘルメットのことを、「コルク半」と呼ぶと考えられます。

「半帽」「半キャップ」について

上記では、「半帽」「半キャップ」の中で、緩衝材がコルク素材でできているものが、「コルク半」などと呼ばれていることをご紹介しました。しかし、そもそも「半帽」や「半キャップ」とはどのようなタイプのヘルメットなのか、気になっている方もいらっしゃるでしょう。 「半帽」「半キャップ」とは、「ハーフタイプ」「半帽ヘルメット」などと呼ばれるタイプのヘルメットを指す言葉だと考えられます。軽量になっており、安い価格で販売されているものが多い点が特徴となっています。 しかし、以下に引用した、「バイクブロス」というwebサイトがまとめている「ハーフタイプ」のヘルメットに関する解説によると、「ハーフタイプ」などと呼ばれるタイプのヘルメットは、125cc以下にしか対応した規格がなく、安全性に関しても、その他のタイプのヘルメットよりは下がってしまう可能性があるとされています。

1.事故時受傷する確率が高い。 2.125cc以下対応の規格のみ。 3.形状の問題で最も安全性が低い。

関連タグ

アクセスランキング