IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コルクヘルメットの種類・塗装の仕方・立花などおすすめメーカー

趣味

コルクヘルメットとは、どのようなものなのでしょうか。また、塗装をしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。このぺージでは「コルクヘルメット」ををテーマに、特徴や塗装の方法、世間からのイメージやおすすめのメーカーなどをご紹介・考察しています。参考にしてみて下さい。

更新日時:

覚えておきたい!コルクヘルメットの基礎知識

覚えておきたい!コルクヘルメットの基礎知識

バイクに乗る際は、ヘルメットを装着しなければなりません。頭や顔を守るヘルメットは、バイクに乗る方にとって、必須と言えるアイテムです。 「ヘルメット」と一言で言っても、その形状やタイプには、さまざまな種類が存在しています。数あるヘルメットの種類の1つには、「コルクヘルメット」というタイプも存在しています。「コルク半」などとも呼ばれることがある「コルクヘルメット」ですが、どのようなものなのか、気になるところです。 そこで今回は、「コルクヘルメット」をテーマにして、コルクヘルメットとはどのようなものなのか、コルクヘルメットの塗装の仕方や世間からのイメージ、おすすめのメーカーなどについて、考察・ご紹介していきます。

コルクヘルメットとはどんなものなのか

コルクヘルメットとはどんなものなのか

まずは、そもそも「コルクヘルメット」とはどのようなものなのか、コルクヘルメットの特徴や普通のヘルメットとの違いなどについて、考察していきます。 「コルクヘルメット」と呼ばれるものの特徴や基準について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「コルクヘルメット」とそれ以外のヘルメットの違い

まずは、「コルクヘルメット」とそれ以外のヘルメットの違いにはどのような点が挙げられるのか、考えていきましょう。 「コルクヘルメット」とその他のヘルメットの最大の違いは、緩衝材の素材や種類だと言われています。一般的なヘルメットは、緩衝材に発泡スチロールが使用されているケースが多いとされています。 一方で「コルクヘルメット」の場合は、名称のとおり緩衝材の素材に、コルクが使用されています。緩衝材がコルクだから、「コルクヘルメット」と呼ばれていると考えられます。 一般的には、緩衝材の素材としては発泡スチロールの方が新しいものとされ、コルクは古い素材だとされています。

「コルクヘルメット」の種類

「コルクヘルメット」の種類

上記では、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットがどのようなものか、特徴やその他のタイプのヘルメットとの違いについて、考察しました。 続いては、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットの型や種類について、どのようなものがあるのか考えていきましょう。

「コルク半」と呼ばれるものが多い

「コルクヘルメット」という名称と同じくらい、多くの人に浸透していると考えられるのが、「コルク半」という名称です。「コルクヘルメット」のことを「コルク半」と呼ぶ方も多いと言われており、インターネットなどでも、「コルクヘルメット」というキーワードで検索すると、「コルク半」という言葉を見掛けることがあります。 結論から言うと、「コルク半」とは、「コルクヘルメット」の1種であると考えられます。コルクを素材に使用しているヘルメットの中でも、特定の型やタイプのヘルメットのことを、「コルク半」と読んでいると予想できます。 しかし、「コルクヘルメット」とインターネットで検索すると、「コルク半」に関する話題や記事が多くヒットすることから、「コルクヘルメット」と呼ばれるものには、「コルク半」と呼ばれる型やタイプのものが多いと予想できます。

「コルク半」とは

「コルク半」とは

上記では、「コルクヘルメット」と呼ばれるヘルメットの中でも、特に多いと考えられる型が、「コルク半」という型であるとご紹介しまいた。そこで続いては、「コルク半」とは何なのか、考察していきます。 結論から申し上げると、「コルク半」もまた、「コルクヘルメット」の中の1つだと言えるでしょう。「コルク半」の「半」は、「半帽」や「半キャップ」を省略したものだと考えることができます。「半帽」「半キャップ」という言葉は、ヘルメットの型やタイプを表現する際に、比較的頻繁に使用されるものです。 上記の見解から、緩衝材にコルクが使用されている、「半帽」「半キャップ」という型のヘルメットのことを、「コルク半」と呼ぶと考えられます。

「半帽」「半キャップ」について

上記では、「半帽」「半キャップ」の中で、緩衝材がコルク素材でできているものが、「コルク半」などと呼ばれていることをご紹介しました。しかし、そもそも「半帽」や「半キャップ」とはどのようなタイプのヘルメットなのか、気になっている方もいらっしゃるでしょう。 「半帽」「半キャップ」とは、「ハーフタイプ」「半帽ヘルメット」などと呼ばれるタイプのヘルメットを指す言葉だと考えられます。軽量になっており、安い価格で販売されているものが多い点が特徴となっています。 しかし、以下に引用した、「バイクブロス」というwebサイトがまとめている「ハーフタイプ」のヘルメットに関する解説によると、「ハーフタイプ」などと呼ばれるタイプのヘルメットは、125cc以下にしか対応した規格がなく、安全性に関しても、その他のタイプのヘルメットよりは下がってしまう可能性があるとされています。

1.事故時受傷する確率が高い。 2.125cc以下対応の規格のみ。 3.形状の問題で最も安全性が低い。

コルクヘルメットの塗装の仕方

コルクヘルメットの塗装の仕方

コルクヘルメットは、独自に塗装をしたり、自分が好きなカラーへ塗装したりして使用する方も、いらっしゃると言われています。 そこで続いては、コルクヘルメットの塗装の仕方やポイント、注意点などについて、考察・ご紹介していきます。コルクヘルメットを、自分好みのカラーや柄に塗装したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コルクヘルメットの塗装【1】:マスキングテープ

コルクヘルメットを塗装する際、必須とも言えるのが、マスキングテープです。どのようなカラーや柄にするのかにもよりますが、つばや耳当てなど、塗料が付いてしまったり塗装されてしまったりすると困る部分には、あらかじめマスキングテープを貼っておきます。 塗装したくない部分にマスキングテープを貼っておくことで、塗料を塗ってもマスキングテープでガードされるというわけです。そのため、塗装したくない部分を気にすることなく、コルクヘルメットの塗装ができるようになります。

コルクヘルメットの塗装【2】:耐水ペーパー

ワンランク上の仕上がりを目指したい場合は、耐水ペーパーも使用すると良いでしょう。耐水ペーパーとは、いわゆる「紙やすり」のことです。さまざまなタイプや種類が存在していますが、特に1000番などと呼ばれるものが、コルクヘルメットの塗装に向いているという意見もあります。 耐水ペーパーは、コルクヘルメットを塗装する前に使用します。塗料を塗る部分を、耐水ペーパーで拭き、磨くことで、塗料が塗りやすくなったり、よく塗れたりすると言われています。

コルクヘルメットの塗装【3】:塗料

コルクヘルメットを塗装する際は、塗料を使用します。どのような塗料が良いのかは、塗装方法によっても異なるでしょう。「クリア塗装」「キャンディ塗装」など、塗装の方法にはさまざまなものがあるので、自分が目指すデザインや仕上がりと、塗装方法や塗装に使用する道具などに合わせて、適した塗料を選びましょう。 塗料の中には、混ぜて新たな色を作り出したり、絶妙な色合いを再現したりすることができるものも存在します。ですから、希望の色の塗料がなくても、諦めずに混ぜるなどすることで、自分が思い描いたデザインや柄を再現できる可能性もあるでしょう。

自信がない場合は業者に頼むこともできる

自信がない場合は業者に頼むこともできる

上記では、自分でコルクヘルメットに塗装する場合のコツやポイントをご紹介しました。しかし、コルクヘルメットに塗装ができるようなスペースや環境が自宅にはなかったり、塗装する自信が持てなかったりする方も、いらっしゃるでしょう。そのような場合には、業者に注文したり依頼したりすることも可能です。 コルクヘルメットの塗装は、塗装業者などで引き受けているところもあります。料金などは、業者によってさまざまですが、中にはロゴ入れに対応していたり、オーダーメイドを引き受けていたりする業者もあると言われています。 ですから、コルクヘルメットを塗装したいものの、環境的に難しかったり、腕に自信がなかったりする場合は、業者への依頼を検討してみるのも、1つの方法と言えるでしょう。

コルクヘルメットのイメージ

コルクヘルメットのイメージ

ここまで、コルクヘルメットがどのようなものか、またコルクヘルメットを塗装したい場合にはどうすれば良いのか、考察・ご紹介してきました。 しかし、「コルクヘルメット」についてインターネットなどで検索すると、世間からのイメージについても、解説している記事などを見掛けることがあります。あまり良いイメージではないとする意見や見解も存在しますが、実際のところコルクヘルメットには、どのようなイメージや評判があるのか、気になるところです。 そこで続いては、コルクヘルメットの一般的なイメージについて、考察していきます。

コルクヘルメットのイメージ【1】:ヤンキー

上記でも述べたとおり、一般的なヘルメットは、素材に発泡スチロールなどを使用しています。ヘルメットの素材にコルクを使用していた時代は一昔前だと言われており、コルクヘルメットは古い旧式のヘルメットだと見做されるケースもあります。 「ヘルメット」という観点で見た場合のイメージは、上記のようなものとなっているコルクヘルメットですが、古いと言われているコルクヘルメットを、あえて被る人々も存在します。 その多くが、いわゆる「ヤンキー」と呼ばれる方々です。ヤンキーの方々には、塗装をして、自分達のチームなどのロゴを入れたり、自己主張をするようなデザインにしたりした、コルクヘルメットを被る文化が存在していると言われています。そのため、「コルクヘルメット」という言葉から、ヤンキーを連想する方も、多いと予想できます。

コルクヘルメットのイメージ【2】:絡まれる

コルクヘルメットのイメージ【2】:絡まれる

「コルクヘルメット」という言葉を、世間に浸透させた出来事があります。東京都足立区では過去に、「コルク狩り」という事件が起こりました。コルクヘルメットを被っていた男性が、未成年の少女や少年に言いがかりを付けられ、暴行をされたりヘルメットや原付きを奪われたりしたと言われている事件です。 上記の事件は、「コルク狩り」などと呼ばれ、ニュースやネットで多くの人の興味の対象となりました。そのため、「コルクヘルメット」という言葉から、「絡まれる」「狩られる」といったイメージを連想する方も、少なくないと予想できます。

コルクヘルメットのイメージ【3】:ダサい

何度かご紹介しているとおり、コルクヘルメットは一般的には、古いヘルメットです。ヤンキーと呼ばれる人達など、一部の趣味や嗜好の人には、人気が高いアイテムとなっていますが、一般の人の中には、「古いヘルメット」といったイメージを持っている方も、いらっしゃるでしょう。 また、「古い」というイメージから、中には「ダサい」「垢抜けていない」などと感じる方も、存在していると考えられます。

コルクヘルメットのおすすめメーカー

コルクヘルメットのおすすめメーカー

最後に、コルクヘルメットを製造・販売しているメーカーの中でも、人気が高いメーカーやおすすめのメーカーをご紹介していきます。 これからコルクヘルメットを購入しようか検討している方や、良いコルクヘルメットを探しているという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめメーカー【1】:立花

コルクヘルメットを製造・販売している業者などの中でも、特に有名なのが「立花」です。立花は、老舗のヘルメットのメーカーと言われており、デザイン性の高いヘルメットを製造・販売していることから、二輪を好む人々の間でも、高い人気を集めていると言われています。 「立花」では、バイク用のヘルメットの他にも、登下校用のスクールヘルメットなども、製造・販売しています。幅広い型やタイプ・種類のヘルメットを製造し続けている老舗メーカーのため、品質や安全性の高さも信頼できるでしょう。また、愛好家がいるほどのデザイン性の高さも、 「立花」の特徴と言えそうです。

おすすめメーカー【2】:クロムウェル

「クロムウェル」は、イギリスの老舗ヘルメットメーカーです。最初は、兵士などに向けたヘルメットを製造していたクロムウェルですが、現在ではバイクやオートバイ向けのヘルメットも、多数製造・販売しています。 「クロムウェル」のヘルメットは、バイクやオートバイの愛好家から、高い評価を得ています。中には、メーカーやブランドそのもののファンだという方もおり、世界的なヘルメットメーカーの1つとも言えるでしょう。

コルクヘルメットは安全に装着しよう

コルクヘルメットは安全に装着しよう

いかがでしたでしょうか。今回は、「コルクへルメット」をテーマにして、コルクヘルメットがどのようなものなのか、基準や種類をご紹介しました。また、コルクヘルメットの塗装の仕方や世間一般のイメージ、おすすめのメーカーなどを考察しました。 コルクヘルメットは、一般的には古い型のヘルメットというイメージもありますが、特定の層には根強い人気があり、塗装を趣味にしている方やファンが多数存在しています。一方で、ヘルメットとしては、型や商品によっては安全性が一般的なものよりも落ちるという見解も存在しています。ですから、装着する際は細心の注意を払う必要がありそうです。 コルクヘルメットに興味をお持ちの方は、安全性に注意をしつつ、ぜひコレクションや塗装などを楽しんでみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング