IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「露悪趣味」の意味と特長・露悪の読み方/由来/対義語/関連語

初回公開日:2018年01月12日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「露悪趣味」という言葉を読むことができますか。または、意味を説明することができますか。もし、できないのであれば「露悪趣味」という言葉の意味と使い方について一度理解する必要があるでしょう。この記事から「露悪趣味」を徹底的に理解することができるはずです。

「露悪趣味」の読み方とは?

あなたは「露悪趣味」という言葉を読むことができますか?もし、自分の選んでいる新聞から会社の資料の中に「露悪趣味」という言葉が出てきたら、とても困るのではないでしょうか。 なぜなら「どうやって読んだらいいんだろう」と心の中で迷ってしまうからです。では、そんな不意に音ずれる可能性のあるトラブルを避けるためにも「露悪趣味」という言葉をどのように読むことができるのか紹介します。 一度理解すれば忘れることはほとんどありませんので、この機会に「露悪趣味」の読み方に精通しましょう。

ろあくしゅみ

「露悪趣味」という言葉をどのように読むことができるのでしょうか?これは「ろあくしゅみ」と読むことができます。 それぞれの漢字を正確に読めば、間違えることなく読むことができるでしょう。しかし、他の人の前で朗読をしなければいけない時は非常に緊張するのも事実です。 そのため「ろあくしゅみ」という読み方で「露悪趣味」を読むことができると理解しておきましょう。そのようにして、どんなときにも自信を持って、この漢字を読むことができるはずです。

「露悪趣味」の意味とは?

実際に「露悪趣味」という漢字を読むことができたとしても、使うことができるかどうかは別問題です。なぜでしょうか。 なぜなら、意味を正確に理解していなければ「露悪趣味」を自分の言葉として使うことができないからです。では、最初に「露悪趣味」という表現にはどのような意味があるのかを紹介します。

露悪的な表現を好むこと

「露悪趣味」という言葉の意味を辞書などで調べてみると、どんな表現を見つけることができるでしょうか? 「露悪趣味」は簡単に言うと「露悪的な表現を好むこと」と言い換えることができます。「露悪的」とは「必要以上に悪ぶった行動をすること」「自分の悪いところをさらけ出すこと」という意味があります。 そのため「露悪趣味」な人は、自分がそれほど悪いわけでもないにも関わらず、悪をさらけ出すような表現を好んでいます。しかも、それが習慣的になっている可能性もあります。

露悪趣味の特徴とは?

「露悪趣味」という言葉の意味について理解することができました。少し実用的ではなさそうな表現ですが、具体的に「露悪趣味」という言葉をどんな人が使っているのでしょうか。 「露悪趣味」というフレーズの特徴とは何なのでしょうか。具体的にどんな特徴が「露悪趣味」にあるのかを紹介します。

必要以上に悪ぶった言動をする

「露悪趣味」の特徴の1つは「必要以上に悪ぶった言動をする」ということです。学校の同級生でそのような人がいたのではないでしょうか?実際は、いい人だったり、そこまで悪いことをしているわけではないけど、自分がした悪さを周りの人に見せびらかしている人のことを指すことがあります。 しかし、本当に悪さをしているのであれば「露悪趣味」という表現を使うことはないでしょう。事実を表現しているに過ぎないからです。 でも、悪さをあまりしていないにもかかわらず、悪ぶった言動をしているのであれば「露悪趣味」という言葉に当てはまることになります。こうして分析してみると「露悪趣味」という表現に深い意味があることがわかります。

欠点ばかりをあげつらう

「露悪趣味」の他の特徴は「欠点ばかりをあげつらう」ことです。基本的には、他の人の欠点ばかりを上げづらい、冗談の種としても他の人に語ることになるので、周りの人にあまり好かれない人になるでしょう。

露悪の由来とは?

関連タグ

アクセスランキング