IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「手前味噌」の意味と使うシーン・例文|類語や対義語・英語も紹介

更新日:2022年10月07日

言葉の意味・例文

「手前味噌ではありますが」という表現がありますが、「手前味噌」の正しい使い方をご存じでしょうか。この記事ではビジネスシーンで聞く「手前味噌」の本来の意味、語源や使い方について解説しています。嫌味がなく自社をアピールする方法を知りたい方は参考にしてみてください。

I don’t mean to brag, but ~

「brag」は「自慢する」という意味があり、「I don't mean to brag, but~」で「自慢するわけじゃないけど」という意味になります。 「brag」を使った表現として「I hete to brag, but~」という表現もあり、ニュアンス的にあまりよくない印象の言葉として使います。

self-boasting

「boast」は「自慢する」という意味で、「self-boasting」は「自分自身を高く評価する」という意味になります。 本来、「boast」は「brag」よりも嫌味のない謙虚なニュアンスを持ち、「手前味噌」に近い表現です。自分の自慢ではなく、自分の身内に対して使うことが多く、フォーマルな響きのある単語なので、「boast」を使った表現は覚えておくと良いでしょう。

「手前味噌」の正しい意味や使い方を知り適切なシーンで使ってみよう

ビジネスシーンにおいて耳にすることも多い「手前味噌」の意味は理解できましたか。 自分の会社の実績をアピールして信頼を得たい場面で、「手前味噌で恐縮ですが」と前置きすると、相手も自慢話されている印象を持たずに耳を傾けてくれるでしょう。 学習の成果を活かして、円滑なコミュニケーションを心がけてくださいね。

初回公開日:2018年01月19日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング