IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

折衝の読み方/意味/類語/対義語/使い方・折衝と交渉の違い

初回公開日:2018年01月07日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

すでに社会で活躍している人であったとしても「折衝」という漢字を読むことのできない人は少なくありません。ある程度の経験があるにもかかわらず、漢字を読むことができないと恥ずかしい気持ちになります。この記事から「折衝」の読み方や意味について正確に理解しましょう。

「折衝」の読み方とは?

あなたは「折衝」という言葉が新聞や本の中で出てきたら、正確に読むことができますか。もし、できないのであれば、この機会に「折衝」という言葉の読み方に精通することができるでしょう。 いつかは読み方について学ばなければなりませんから、今「折衝」の読み方を知ることによって、少しずつ知識を増し加えて行くことができるでしょう。 「折衝」という漢字は、どのように読むことができるのでしょうか。調べてみましょう。

せっしょう

「折衝」は「せっしょう」と読むことができます。漢字を見てイメージするだけで読み方について理解することもできますが、自信を持って読むことは、なかなか難しいのではないでしょうか。 しかし「折衝」は「せっしょう」と読むことができると、理解することができましたので、これからは自信を持って読むことができます。

「折衝」の意味とは?

「折衝」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。「折衝」には「外交その他の交渉の相手との駆け引き」という意味があるとされています。なんだか「折衝」の意味は非常に難しい感じがするのではないでしょうか。もっとこの言葉について理解するために「折衝」の類語についても調べてみましょう。 類語を調べることによって「折衝」の意味について、わかり易く感じるはずです。

「折衝」の類語とは?

「折衝」という言葉の類語を調べてみましょう。この言葉の意味をもっとをイメージしやすくなるはずです。

協議

「協議」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。「寄り合って相談すること」という意味があります。 例えば、何かの対策について協議しているとします。その会議に出席している人達は、それぞれ意見があることでしょう。それでも「協議」することによって、お互いの意見をを受容し自分の意見を述べることになります。 穏便な話し合いをするために「協議」は必要なこと、ということができるのではないでしょうか。

話し合い

「折衝」という言葉の類語でもある「話し合い」という表現には、どのような意味があるのでしょうか。「打ち解けて話す」もしくは「問題を解決するために、立場や考えなどを述べ合う」という意味があるとされています。 この言葉は日常生活でもたくさん使うことがあるので、すぐに意味をイメージすることができるのではないでしょうか。話し合いをすることによって、いろんな問題を解決することのできた人もたくさんいるはずです。

会商

あまり聞き慣れない表現である「会商」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。「集まって相談すること」という意味があるとされています。 この表現では、集まりの中でどのような内容が扱われているかについては、言及されていないことになります。それでも、複数の人が集まって相談し合っているところを、イメージすることができます。

調整

関連タグ

アクセスランキング