IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

沖縄土産に泡盛|条件別/産地別・年別

更新日:2020年11月18日

おでかけ

48もの酒造メーカーからいろいろとうまれている泡盛。なかには国定的に名誉ある賞を受賞している泡盛まであるから奥が深いです。そんな泡盛をメーカーや産地、サイズなどからみていきましょう。初心者向け、幻の泡盛などもご紹介しています。

今帰仁酒造は、昭和23年に設立された酒造メーカーです。世界遺産に登録されている今帰仁城そばに工場があります。こちらで作られている泡盛「美しき古里」は、度数が30度の茶色の瓶と、20度の緑色の瓶の二つが販売されています。 伝統的な度数の30度の泡盛はマイルドで飲みやすいと評判で、泡盛をはじめての方にもできます。

 年別の泡盛

2015 崎元酒造所 与那国 一升瓶

泡盛 与那国 一升瓶 30度 1800ml/(名)崎元酒造所
泡盛 与那国 一升瓶 30度 1800ml/(名)崎元酒造所

花酒・泡盛蒸留所として知られる崎元酒造所は日本最西端の酒造メーカーとしても知られています。こちらで作られている泡盛のひとつが、与那国です。こちらのメーカーでは泡盛も、花酒も一本一本を従業員が手作業で作っています。 骨の折れる手作業だからこそ、おいしい琉球泡盛与那国は、水割りでもストレートでもお好きな方法で楽しむことができます。自分流を発見して飲まれることをします。

2016 識名酒造 時雨 一升瓶

識名酒造 時雨 泡盛 30度 1800ml
識名酒造 時雨 泡盛 30度 1800ml

識名酒造は、1918年創業の老舗酒造メーカーの一つです。こちらのメーカーで作られている泡盛のブランドが時雨です。軽い飲み口で、広く親しまれているブランド名の時雨から、するのが、30度1800ミリリットルの茶色瓶になります。 識名酒造では井戸が敷地内にあり、いまだに現役で使われているとはいえ、酒造にはつかわれていません。工場の敷地内にある井戸は、かなり大きく壺のような形状をしているそうです。井戸には水神が宿るといわれる沖縄で、神が宿る井戸をもっているこちらのメーカーのあわもりは、間違いなく一品です。

2017  合名会社田嘉里酒造所 山原くいな

田嘉里 山原くいな古酒 43度 1.8L  [沖縄県]
田嘉里 山原くいな古酒 43度 1.8L [沖縄県]

やんばる酒造株式会社として知られる合名会社田嘉里酒造所が作っている泡盛「山原くいな」が2017年度のでの泡盛です。沖縄本島最北端の酒造メーカーで、やんばる地域で作られているこちらの泡盛は、80パーセントこのやんばるエリアで消費されてしまうそうです。 地元の人に根付いている泡盛山原クイナを沖縄観光の際に買い求めてみるのはいかがでしょう。は、工場見学後の購入です。じっくりと時間かけて、昔ながらの手法をまもっている泡盛の製造過程を見ると、どうして地元に愛されているかがわかることでしょう。

産地別お土産に泡盛10選

沖縄

1.石川酒造場

泡盛 玉友 甕仕込み 5年古酒 5年 25度 720ml 石川酒造場
泡盛 玉友 甕仕込み 5年古酒 5年 25度 720ml 石川酒造場

昭和24年創業の石川酒造場は、沖縄では甕にこだわって仕込み続けている酒造で、唯一ここだけが甕で仕込み、お酒を作っています。そんな石川酒造の泡盛は、「うりずん」「島風」「泡盛五年古酒 瓷仕込」「玉友」「玉友 壺」などがあります。とくに壺にはいった古酒は、お土産にです。飲んだ後も壺を飾ったり、何か別物を貯蔵するのに使えます。

2.ヘリオス酒造(株) 琉球美人 25度 720ml

泡盛 琉球美人35度 720ml ヘリオス酒造(株)
泡盛 琉球美人35度 720ml ヘリオス酒造(株)
初回公開日:2017年12月23日

記載されている内容は2017年12月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング