IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「拙速」の読み方と意味・例文5コ・類似語・対義語

初回公開日:2017年12月21日

更新日:2020年06月30日

記載されている内容は2017年12月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「拙速」という言葉はよく耳にする言葉ですが、きちんと意味を理解して正しく使えている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、「拙速」の意味や使い方、四字熟語やことわざに至るまで幅広く紹介しています。ビジネスや学業においても、ぜひお役立てください。

「拙速」の意味

拙速とは「でき栄えが良くないけれど仕事が速いこと」や「下手だけれどできあがりが速いこと」という意味を表します。とにかくスピードに重点を置き、でき栄えはあまり気にしないという場合に使用されています。 この「拙速」という言葉はビジネスシーンではもちろんのこと、日常会話などでも時々登場する言葉なので、読み方と意味をきちんと理解して使えるようにしておきましょう。

「拙速」の読み方

「拙速」という字は「せっそく」と読みます。「稚拙(ちせつ)」の「せつ」と「速度(そくど)」の「そく」を合わせた言葉です。 拙速の「拙」は「つたない」「能力が劣っている」「考えが足りない」「役に立たない」という意味があり、また昔に使われた「拙者」という言葉など「自分のことを控えめに言うときに使う言葉」にも使われます。 「速」は「すみやか」「いそぐ」「はやめる」「招く」「慎む」という意味があります。

「拙速」の使い方

この「拙速」という言葉は「拙速主義」という言葉でも使用されています。でき栄えよりも仕事や処理をスピーディーに行なうことを重視する考えのことを表して、完璧でなくても及第点であればよしとする考えです。 この考えは、スピードが重視されている現代のビジネスにおいて、強く求められているともいえるでしょう。

「拙速」の例文5つ

「でき栄えは良くないけれど仕上がりは速い」という意味を持つ、この「拙速」という言葉ですが、この言葉はどのような場面でどのような使い方をするのでしょうか。例文をあげて見ていきましょう。 それでは「拙速は巧遅に勝る」「巧遅は拙速に如かず」、「巧遅拙速」、「拙速に事を運ぶ」、「拙速な対応に不満が残る」、「拙速な判断は避けるべき」という5つを例文として、解説していきます

例文1:「拙速は巧遅に勝る」「巧遅は拙速に如かず」

「功遅(こうち)」とは「拙速」とは逆の意味を持ち、「遅いけれどできが良い」ことを意味します。そのため「拙速は功遅に勝る」と「功遅は拙速に如かず(しかず)」は「できが悪くても早いほうが、遅くてできが良いことよりも勝つ」となります。 どちらも「拙速」のほうが良いという意味で書かれていますが、これには「時と場合によっては」という言葉が隠れています。できが悪いことを正当化するために使うことは誤りのため、そのような使い方は避けましょう。

例文2:「巧遅拙速」

上で述べた「拙速は功遅に勝る」という言葉を四字熟語にしたものが、「巧遅拙速(こうちせっそく)」です。意味は「上手で仕事が遅いよりも、下手でも早い方が良い」です。 この言葉は、紀元前500年頃の中国春秋時代に、軍事思想家である孫武が説いたとされる兵法書に著されている名言の一つです。「戦争はたとえ戦術がまずかったとしても、素早く行動して早期に終わらせることが重要である」という言葉が由来です。

例文3:「拙速に事を運ぶ」

「拙速に事を運ぶ(せっそくにことをはこぶ)」とは、仕上がりが悪いものになることは承知のうえで、重点をスピードのみに置いて仕事を進めるという意味です。 たとえば緊急時や、質よりも量やスピードが求められる仕事の時など、完璧でなくてもいいからとにかく急いで全体像がわかる形に持っていくべき時などに使われます。 「このままでは後の作業が動けない。丁寧にやらなくて良いからもっと拙速に事を進めてほしい」などの使い方をします。

例文4:「拙速な対応に不満が残る」

「拙速な対応に不満が残る(せっそくなたいおうにふまんがのこる)」の場合は、でき上がった物の仕上がりに不満が残る場合に使われます。 この言葉は拙速に仕事をした側ではなく、拙速な対応をされた側が不満を持っていることを表す言葉です。相手から速さに重点を置いた対応をされたために、仕上がりが悪いものになってしまったことを表し、そのためにこちらに不満が残ったことを意味しています。

例文5:「拙速な判断は避けるべき」

「拙速な判断」とは、よく考えることなく早急に判断してしまうことをいいます。 たとえばサッカー選手になりたいと願って小さな頃からずっと頑張っていたのに、たった一度のミスなどで自分には才能がないと諦めてしまうなど、後々考えれば、あの時判断を下すべきではなかったと後悔するような判断を下してしまうことをいいます。 そういった意味で「拙速な判断は避けるべき(せっそくなはんだんはさけるべき)」と言われています。

「巧遅拙速」の類似語

関連タグ

アクセスランキング