IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トランジットの意味|航空用語/IT用語/占星術用語

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

さまざまな分野、すなわち、航空用語やIT用語、占星術用語で使われているトランジットの意味についてお伝えしています。そのトランジットが人生を生きていく中でどのように大切なものを私たちにサインとして発しているかについてもお伝えしています。

トランジットの一般的な意味

トランジットという言葉はさまざまな分野で使われていますが、みなさんはどれくらいご存知でしょうか。今やトランジットは私たち日本人にとってカタカナ英語と言っても過言ではないくらい日本語になじんでいます。 このトランジットは飛行機の乗り換え時に使われることが多く、私たちにとってもなじみ深いです。しかし、その他の意味でも使われることがあります、例えばIT用語であったり、占星術用語であったりと別の顔を持っています。今回はトランジットについてご紹介します。

通行

通行の場面で使われるトランジットにはどのような意味があるのでしょうか。一般にトランジット(transit)には通行という意味があります。一口に通行といってもその捉え方は人それぞれです。もっと詳しく見ていきましょう。別の飛行機に乗り換える場所まで定められている通路を通行するという意味で使われます。

通過

トランジットには通行の他に通過という意味もあります。通行と通過はよく似た日本語ですが、2つの語彙が並ぶということは若干ニュアンスが違います。通過の意味には目的国へ行く途中で他国の空港へ立ち寄ることやその乗客のことを指したり、空港の外には出られないと明確な意味が示されています。

航空用語のトランジットの意味

航空用語のトランジットにはどのような意味が含まれているのでしょうか。ここでは、目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ることとはどういう意味が含まれているかをお伝えします。

目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ること

トランジットには、目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ることという意味が含まれています。ある目的地へ行くまでに乗り換えなしで行くことができない場合、他国の空港にいったん着陸して飛行機を乗り換えしなくてはなりません。 最近では同じ飛行機に乗る場合もトランジットすることがあります。それはフライトの途中で消費した機内食や水、燃料の補給、飛行機の整備点検などを目的にしていることが多いという理由があげられます。以上のような目的でトランジットは使われまています。

トランジットとトランスファーの違い

国際線を利用するときによく耳にする「トランジット」と「トランスファー」ですが、みなさんはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。一緒ではないのと疑問を持つ方も中にはいらっしゃるでしょう。トランジットもトランスファーも「乗り継ぎ」という解釈をしている方もいらっしゃいます。ここでは、他国で恥をかかないためにもこの両者の違いを解説していきます。

両者の違い

トランジットとトランスファーはどうちがうのでしょうか。トランジットとトランスファーの一番大きな違いは機体の変更があるかないかです。どちらが飛行機を乗り換えるときに使う言葉なのか、一旦入国が可能なのはどちらの言葉なのかについて詳しく解説していきましょう。

飛行機を乗り換えるか

乗継地で別の飛行機にに乗り換えるのをトランスファーといいます。例えば、日本発着の便で、目的がヨーロッパだとします。ヨーロッパへ行く前に香港で飛行機を乗り換えるというケースがあります。

一旦入国が可能

初回公開日:2018年02月26日

記載されている内容は2018年02月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング