IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トランジットの意味|航空用語/IT用語/占星術用語

言葉の意味

さまざまな分野、すなわち、航空用語やIT用語、占星術用語で使われているトランジットの意味についてお伝えしています。そのトランジットが人生を生きていく中でどのように大切なものを私たちにサインとして発しているかについてもお伝えしています。

更新日時:

トランジットの一般的な意味

トランジットの一般的な意味

トランジットという言葉はさまざまな分野で使われていますが、みなさんはどれくらいご存知でしょうか。今やトランジットは私たち日本人にとってカタカナ英語と言っても過言ではないくらい日本語になじんでいます。 このトランジットは飛行機の乗り換え時に使われることが多く、私たちにとってもなじみ深いです。しかし、その他の意味でも使われることがあります、例えばIT用語であったり、占星術用語であったりと別の顔を持っています。今回はトランジットについてご紹介します。

通行

通行の場面で使われるトランジットにはどのような意味があるのでしょうか。一般にトランジット(transit)には通行という意味があります。一口に通行といってもその捉え方は人それぞれです。もっと詳しく見ていきましょう。別の飛行機に乗り換える場所まで定められている通路を通行するという意味で使われます。

通過

トランジットには通行の他に通過という意味もあります。通行と通過はよく似た日本語ですが、2つの語彙が並ぶということは若干ニュアンスが違います。通過の意味には目的国へ行く途中で他国の空港へ立ち寄ることやその乗客のことを指したり、空港の外には出られないと明確な意味が示されています。

航空用語のトランジットの意味

航空用語のトランジットにはどのような意味が含まれているのでしょうか。ここでは、目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ることとはどういう意味が含まれているかをお伝えします。

目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ること

トランジットには、目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ることという意味が含まれています。ある目的地へ行くまでに乗り換えなしで行くことができない場合、他国の空港にいったん着陸して飛行機を乗り換えしなくてはなりません。 最近では同じ飛行機に乗る場合もトランジットすることがあります。それはフライトの途中で消費した機内食や水、燃料の補給、飛行機の整備点検などを目的にしていることが多いという理由があげられます。以上のような目的でトランジットは使われまています。

トランジットとトランスファーの違い

国際線を利用するときによく耳にする「トランジット」と「トランスファー」ですが、みなさんはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。一緒ではないのと疑問を持つ方も中にはいらっしゃるでしょう。トランジットもトランスファーも「乗り継ぎ」という解釈をしている方もいらっしゃいます。ここでは、他国で恥をかかないためにもこの両者の違いを解説していきます。

両者の違い

トランジットとトランスファーはどうちがうのでしょうか。トランジットとトランスファーの一番大きな違いは機体の変更があるかないかです。どちらが飛行機を乗り換えるときに使う言葉なのか、一旦入国が可能なのはどちらの言葉なのかについて詳しく解説していきましょう。

飛行機を乗り換えるか

乗継地で別の飛行機にに乗り換えるのをトランスファーといいます。例えば、日本発着の便で、目的がヨーロッパだとします。ヨーロッパへ行く前に香港で飛行機を乗り換えるというケースがあります。

一旦入国が可能

乗継地で一旦入国が可能なのはトランジットとトランスファーのどちらでしょうか。乗り継ぎ時間が長い場合は一旦入国して数時間の観光や、所定の手続きをして数日間の観光を楽しんで過ごすことができるがトランスファーです。

トランジットとは

トランジットとは何を意味するのでしょうか。フライトの途中に一か所または複数の空港に着陸し、フライト時に消費した機内食や水や燃料などを補給したり、飛行機の整備点検をするための目的で一時着陸をすることを意味します。その場合の乗客は機内で待機する場合が多く、待機時間によっては空港内のトランジットルームで待機する場合もあります。

IT用語のトランジットの意味

次にご紹介するのはIT用語のトランジットです。あまり聞きなれないでが、どのような意味を持つのでしょうか。聞きなれない言葉については後で説明をします。インターネット接続をする場合、ピアリングで直接相互接続ができるための条件があります。すなわち、接続したい場所から地理的に近い場所であるということが条件となります。 そのためそれ以外の場所からの接続を試みる場合は、別のAS(自立システム)から経路情報を提供してもらわなければまりません。その経路情報を提供してもらうことをトランジットと言います。

AS(自立システム)とは

AS(自立システム)とは、あまり聞きなれない言葉ですが、IT用語のトランジットを理解するうえで重要な言葉なので、その意味を解説しておきます。AS(自立システム)はある目的に沿って統一されたさまざまなネットワークの集まりです。 例えば、車である目的地へ行くときに私たちはナビを設定します。ナビは発信先から到着先までの距離を瞬時に計算し、一番近い経路を私たちに推薦し、それにかかる時間まで提示してくれます。 それと同様に、私たちがインターネットを利用する際に自分のプロバイダから閲覧したい場所への経路を信号がキャッチし、その経路を使って目的地まで案内をしてくれるシステムです。

ルーティングポリシーとは

ルーティングポリシーとは

続いてルーティングポリシーについてその意味をお伝えします。ネットワーク管理者が定義した目的に基づいてデーターパケットを転送および閲覧したい場所まで連れて行ってくれるための道案内を提供してくれることを指しています。

ネットワーク

インターネット上のネットワークはどのように構築されているのでしょうか。インターネット接続の電気通信役務を提供する組織のひとつにISPがあります。そのISPは独自の理念を持っており、IPネットワークやルーターの番号を取得し他の経路情報に接続することでインターネットへの参加を実現しています。 つまり、ある目的地へ行くためには通らなければいけない経路があります。その経路には道路でいうところの標識(インターネットでいうところのルーターの番号)があり、それを通過することで目的地へたどりつけます。

ピアリングとは

IT用語のトランジットを理解する中で出てくる言葉のひとつにピアリングという言葉があります。そもそもピアリングとはどのようなことを意味するのでしょうか。ピアリングについて詳しい内容も併せてのせていますので参考にしてください。 ピアリングはインターネットを介して閲覧したい場所へ行く場合、アクセスしたい目的地に信号を送りその目的地がアクセスをしても良いと許可を出します。簡単に言えば連絡したい相手に電話をし、相手と会話する動作と似ています。

ピアリングの意味をお伝えします。インターネットでは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)などのネットワーク同士が互いに対等の立場で接続します。そして、経路情報やインターネット上の通信回線、さらにネットワーク上で送受信される信号やデータを共有することをピアリングと言います。

占星術用語のトランジットの意味

占星術用語のトランジットの意味

次にご紹介するのが占星術用語のトランジットです。占星術用語ではどのような意味を表しているのか非常に関心深いです。それではお伝えしましょう。

惑星

トランジットという言葉は太陽系の周りに点在するとされている惑星を探索するためのある方法に付けられた名前です。そのある方法とはトランジット法です。どのようなものなのでしょうか。

トランジット法

太陽系の外にある惑星を探索する方法の一つです。どのようなものかと言うと太陽系外惑星の主星(しゅせい)、例えば星や恒星などの面前を太陽系外惑星が横切るときの光度変化を検出して、太陽系の周りにあるまだ発見されていない惑星や星を見つける方法を指します。

ホロスコープ

ホロスコープではどのような意味で扱われているのでしょうか。ホロスコープにおいてトランジットとは、占星術の技法のひとつを意味しています。ホロスコープ上において天体(惑星)がどのような経過を辿るか、またはその配置のことをトランジットと言います。

経過

ホロスコープ上でのトランジット(経過)とはリアルタイムで実際に運行している天体(惑星)の配置から、自分がどのような影響を受けやすいかを探る手法です。トランジット(経過)でわかるのは本人の意思とは関係なく環境や自分を取り巻く周囲の人たちから受ける影響がどのようなものかという要素や流れを知ることができます。 また、天体がたどってきた配置により過去がどのような状況であったか影響を受けたかも知ることができます。

トランジットがタイトルに含まれるテレビドラマとタイトルの意味

トランジットがタイトルに含まれるテレビドラマとタイトルの意味

さまざまな分野でさまざまな意味をもつこのトランジットですが、トランジットがタイトルに含まれるテレビドラマを次にご紹介するとともに、そのタイトルの意味についてもお伝えします。 トランジットとテレビドラマという語彙で検索をかけたときにヒットしたテレビドラマがあります。その名をトランジットガールズと言います。それでは、トランジットガールズとはどのようなテレビドラマなのでしょうか。

トランジットの共通点

なぜ、トランジットという語句を用いたタイトルがつけられたのでしょうか。トランジットの意味はこれまでに航空用語では通行や通過という意味、IT用語ではネットワーク上の経路情報の提供という意味、そして、占星術用語においては天体(惑星)の経過という意味で使われてきました。これらはどことなくみな共通点があります。 どの分野においても人やモノ、目にすることができないものなどの「経過」を指しています。次にあげるテレビドラマのタイトルも今までと同様に「経過」を意味しているのでしょうか。

トランジットガールズ

トランジットガールズは今般、さまざまな分野で取り上げられているLGBTに着目したテレビドラマです。トランジットガールズは2015年にフジテレビの土ドラで放映されていたテレビドラマです。トランジットガールズのあらすじは両親の再婚により姉妹となった2人がある日突然、姉からキスをされたことに始まります。なぜ「トランジット」という題名が付いたのでしょうか。

トランジットと付いた理由

両親の再婚により同じ傷を背負ったもの同士が姉妹になり、お互いになくてはならない存在になりました。その中で生まれた特異な恋愛感情は、時にはお互いを思うあまりに傷つけ、周囲も巻き込み、家族の形を危うい形にまで追い込んでしまいます。それでも最後には許しあい、互いの存在を認め合う形に行きつくまでのプロセスはトランジットが持つ意味と同じです。 航空用語の目的国までの中継として他国の空港に立ち寄ることという言葉に置き換えれば、どんな恋愛においても起きてきたことはその時々で必要なことです。そして、そこからさまざまなことを学ぶことで自分の思いに気付かされることもあるということを意味しています。そのプロセスをトランジットという言葉に置き換えて表現しています。

チャンスをものにして人生を豊かに生きましょう

チャンスをものにして人生を豊かに生きましょう

いかがでしたでしょうか。恋愛や仕事において私たちはは日々さまざまなプロセスを体験します。良いことも悪いことも、目をつむりたいこともその内容は色々です。だけど、起きていることにはすべて意味があります。逃げることは簡単ですが、向き合うことで得られるものもたくさんあります。今何かの問題に直面している人はそれはあなたのトランジットです。 時には戸惑いその場に待機することもあるでしょう。それでも、向き合いつつ、さまざまな人の影響を受けながらも進んでいくことで、見えてくるものがあります。ぜひ、次のステップへ行くためのトランジットに出会ったときはチャンスだと思いそのことに向き合ってください。きっと大きな気づきに出会い、人生を豊かに生きていけることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング