IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ご了承下さいの読み方/意味/敬語表記・ご了承下さい使い方例文

敬語

「ご了承l下さい」という言葉を一度は見たことがあるでしょう。意味もなんとなく理解はしているということで、仕事場でも「ご了承下さい」を高頻度で使っている人もいます。そこで、今回はこの「ご了承下さい」の意味について詳しく解説し、使える場面もご紹介します。

更新日時:

ご了承下さいの読み方

ご了承下さいという言葉はビジネス用語としてもかなりの頻度で登場します。漢字の難易度的にはそこまで高くはないので、読めないという人は少ないでしょう。

ごりょうしょうください

このご了承下さいの読み方は「ごりょうしょうください」です。「了承」が「りょうしょう」と読むことができるのかどうかがポイントとなります。そこさえ読めれば問題ない言葉でしょう。 ただし、この言葉で最も注意しなければいけないのは、この「ご了承下さい」の意味がどうなっているのかということです。

ご了承下さいの意味

この「ご了承下さい」はどのような意味があるのかを理解しないで使うのは実はかなり怖い言葉です。敬語には色々な種類があるので、とりあえず聞いたことがある言葉をそれっぽく使ってみるという方も世の中にはたくさんいます。 しかし、そのような「意味はそこまで理解していないけど使っている」人たちを落とし穴に導いてしまう言葉が、この「ご了承下さい」です。

意味は「どうかご理解いただき受け入れてください」

「ご了承下さい」をわかりやすい言葉に変換すると「どうかご理解いただき受け入れてください」になります。もともと、この「了承」という言葉には「事象を汲んだ上で納得する」という意味が含まれていて、これに命令形の尊敬語であるくださいがくっつくと、「理解した上で納得してください」という意味になります。 この「ご了承下さい」の意味を聞いても、どこに地雷要素があるのかわからないという方もいるでしょう。この危険な部分について、次からもっと詳しく解説します。

丁寧に命令している

「ご了承下さい」という言葉は、了承に尊敬語である「お・ご」がくっついて、さらには命令形の「~してくれ」を尊敬語にした「~してください」がくっついている言葉です。つまり、どんなに敬語表現として使ったところで、命令していることには変わりありません。 相手に選択肢を与えて選んでもらうという要素は一切無く、こちらの言い分をすべて受け入れるように命令しているものとなります。意味合いとしては「ご了承下さい」となると、尊敬語も含まれているので、悪く思わないでくださいという気持ちも込められているでしょう。 命令形の尊敬語もしっかりと使っているので、言葉としての間違いは一切ありません。しかし、使い方次第では「何があっても納得した上で文句を言わずに受け入れてください」と思われてしまうので、印象がかなり悪くなります。

目上の人には使わない方がいい

「何があっても納得した上で文句を言わずに受け入れてください」と言われると誰だろうがはっきり言ってちょっと腹が立ちます。このため「ご了承下さい」をそのまま使う場合は、目上の人には避けましょう。最悪の場合、機嫌を損ねて怒られます。 特に、ビジネス文書としてこの「ご了承下さい」は高頻度で登場しますが、その意味を正しく理解している人が受け取った場合、「一方的なコミュニケーションをされても困る」と憤りを感じてしまうこともあるでしょう。取引先との会話に用いる場合も、尊敬語ではありますが「ご了承下さい」をそのまま使うのは得策ではありません。

ご了承下さいの敬語表記

「ご了承下さい」の意味を理解していただいた方には、そのままでは使えないシーンが多いこともなんとなくわかったのではないでしょうか。それでは、目上の人や取引先へのメールの文書にも用いられるように、敬語表記を追加して言葉を作っていきましょう。

ご了承のほどよろしくお願い致します

意味をそのままに敬語をさらに交えて丁寧にした表現は、「ご了承のほどよろしくお願い致します」となります。これば一番使い勝手のよい「ご了承下さい」でしょう。 ご了承くださいでも十分な丁寧語になってはいますが、「理解してください」という命令形特有の共用する表現が威圧感をもたらし、悪いイメージまでくっついてしまうことが否めません。この悪いイメージを無くして、軟らかい表現にする方法の一つが、この「ご了承のほどよろしくお願い致します」となります。 より意味を柔らかくしたい場合は「何卒ご了承のほどよろしくお願い致します」とするか、クッション言葉を使いましょう。

クッション言葉について

どのような意味を持った言葉でも、その言葉を単体で用いることはありえません。文章の末尾に使うときでも、その前に何らかの文章が用いられています。どんなに着飾ったとしても意味は「理解した上で納得してください」といったものになりますので、この前に来る文章次第で印象を変える必要もあります。 その一つが先ほど紹介した「何卒」です。それ以外にも「恐れ入りますが」や「大変恐縮でございますが」という言葉をクッションとして用いると有効的です。 また、こちらからある程度の迷惑をかけることが前提の場合は「ご了承下さい」を用いるとちょっと高圧的に思われてしまいますが、それらを踏まえた上で「ご面倒をおかけいたしますが」という言葉をクッションとして用いると、かなり丁寧にお願いしているというイメージがつきますので使いやすくなります。

ご了承願いますはNG?

意味はすべて同じでありながらも、クッション言葉を用いることや敬語表現の仕方を変えるだけで、イメージが変わるため印象はだいぶ良くなります。「ご了承下さい」の敬語表現を変えて「ご了承願います」とすることもありますが、あまりお勧めできません。 この言葉は先ほど説明した「ご了承下さい」を丁寧にした言葉である「ご了承のほどよろしくお願いいたします」や「ご了承のほど、お願い申し上げます」を省略した表現の一つに該当します。 意味としては問題なく通じるでしょうが、わざわざ敬語表現を使っているのに文章を短くする必要はありません。人によっては、短くするのはむしろ不完全な文章を相手に見せつけていると受け取られてしまいますので、使わない方が無難となります。似たような言葉で「ご検討願います」といった使われ方もされますが、同様に避けた方がいいでしょう。

ご了承下さいの使い方と例文

それでは、具体的にご了承くださいを使い方について記載いたします。基本的な使い方は目上の人や立場が自分たちよりも下にある人たちに対してとなります。同じ意味を持った上で用いる場合は、表現を柔らかくして丁寧にしてください。

ご了承下さいをそのままの意味で使う場合

この言葉を、そのままの意味で使う場合は、こちらが明らかに立場が上の時です。具体的にはこちらが会社で人員募集をしている時に、書類選考や面接結果のご通達をする際「お返事にはお時間をいただく場合がございますので、ご了承下さい」といった表現をします。 ほかにも、ブログや記事を無断転載させないようにするための警告文書として「こちらの記事は一切の転載および改変は認めておりませんのでご了承下さい」と記載することもあります。このように、通達する側の人が、理解させた上で納得させたい意味を持たせたときに使う言葉です。

なんとか理解してもらいたい状況になったとき

ご了承下さいは、このように通達する側の人の立場が完全に主体となっていて、多少命令口調でも受け入れられるべき事柄に用います。しかし、なんとかして納得してもらいたい状況になってしまうとこの「ご了承ください」はそのままでは使えません。意味が一緒であっても丁寧な表現が必須となります。 たとえば、「システム不具合についてはただいま調査中です。今しばらくお待ち下さいますよう、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」のように、こちら側に非があるけど、なんとか受け入れてもらいたい時にはこのような表現となります。 臨時でお店が休業となる場合も、「ご了承下さい」をそのままの意味で使うことは得策ではないので、「○○日は臨時でお休みをいただきます。誠に恐れ入りますが何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」という表現にしましょう。

内定辞退や説明会辞退の時にも使える

内定を辞退したい場合や説明会を辞退したいときでも、「ご了承ください」は使えます。ただし、立場的にも目上の人に対して使うことになりますので、意味は同じでもそのままでは使えません。 この場合には、文末に「ご理解とご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」という表現を加えることになります。できるだけ「ご了承下さい」を丁寧な表現にする必要があると言うことは忘れないで下さい。意味は同じでも、使い方次第でイメージは大きく変わってしまいます。

ネガティブな意味を持ったものを伝える

このように、内定辞退やこちら側のトラブルに対する対応を受け入れてもらいたい時に使うことができるのが、この「ご了承下さい」になります。ただし、目上の人からのお達しとして使う以外には、必ず「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」という表現にしましょう。 「こちら側からしても本当に申し訳なく思っているのだけれど、どうしようもない部分があるので、なんとか勘弁してもらいたい」という意味を込める場合にはできるだけ丁寧にするしかありません。

状況次第では別の言葉を使おう

この「ご了承下さい」は状況次第では使えないこともしばしばあります。たとえば、すでに始まっている事柄に対して理解してもらいたい場合は、そのまま「ご理解のほどよろしくお願いいたします」とするほうがいいでしょう。ご了承くださいは事柄が始まる前段階で許してもらいたい時に使います。 これが本格的な謝罪が必要な状況だった場合は、「ご了承下さい」の意味である、「理解した上で納得しろ」ではむしろ火に油を注ぐ状況になりかねないので、「ご容赦下さい」という言葉を使った方がいいでしょう。謝罪の意味をひたすら込めたい場合はこちらを用いて下さい。 それでも意味をくみ取ってもらいたい場合は、表現を「苦しい現状を何卒お汲み取り下さり、ご容赦下さいますよう伏してお願い申し上げます」としましょう。こうすれば同じ意味でもマイナスイメージが払拭されます。

ご了承下さいは難易度が高め

このように、敬語表現でありながらも命令形の言葉として機能する「ご了承下さい」は敬語なのに生意気と思われてしまう不思議な言葉となります。敬語に慣れていない人にとっても、摩訶不思議な意味を持った言葉となってしまうでしょうが、こればかりは慣れるしかありません。 今回の記事で「ご了承下さい」の意味と使い分けの仕方を学んでいただいたので、しっかりと使い分けを行い、誤った言葉遣いをしないようにしましょう。正しい日本語をしっかりと使える人は、周りからも評判が良くなりますので、意識して生活してください。

関連タグ

アクセスランキング