IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の健康状態の書き方ポイント・良好以外の書き方と例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書の健康状態を書く際に、迷ってしまうことはありませんか。基本的には「良好」と書くケースが多いですが、持病や既往症について記載しなくてはならない場合もあります。この記事では、履歴書の健康状態の書き方やポイント、例文、良好以外の書き方についてご紹介します。

「良好」に一言付け加える場合

履歴書に書く健康状態が良好であれば、簡潔に「良好」と書くことができます。しかし、履歴書は会社に自分をアピールする重要な書類です。そのため、前職で無欠勤だった場合など、特に健康をアピールできる場合には、「良好」に一言付け加える書き方が効果的です。例えば、 「良好(前職では〇年間無欠勤です)」 「良好(前職で病欠は一度もありません)」 「良好(現在、〇年間病気をしていません)」 「きわめて良好(前職では〇年間無欠勤です)」 「きわめて良好(前職で病欠は一度もありません)」 「きわめて良好(現在、〇年間病気をしていません)」 などの書き方があります。「良好」ではなく「きわめて良好」のように表現することもできます。

持病を伝える場合

履歴書の健康状態に持病を書く場合、持病による影響をきちんと示す必要があります。例えば、 「月に一度、〇〇の治療のために通院しています。」 「月に一度、〇〇の検査のために通院しています。」 「通常の業務に支障はありませんが、月に一度、〇〇の治療のために通院しています。」 「通常の業務に支障はありませんが、月に一度、〇〇の検査のために通院しています。」 「通常の業務に支障はありませんが、持病の〇〇のため、△△などの業務は難しい場合があります。」 「通常の業務に支障はありませんが、持病の腰痛のため、重い荷物を運ぶことができません。」 「月に一度、〇〇の治療のために通院していますが、業務に全く支障はありません。」 「月に一度、〇〇の検査のために通院していますが、業務に全く支障はありません。」 といった書き方があります。通常の業務に支障がない場合は、そのことをきちんと書きましょう。

既往症を伝える場合

履歴書の健康状態に既往症を書く場合、持病と書き方が似ていると言えます。例えば、 「月に一度、〇〇の検査のために通院しています。」 「月に一度、〇〇の治療のために通院しています。」 「通常の業務に支障はありませんが、月に一度、〇〇の検査のために通院しています。」 「通常の業務に支障はありませんが、月に一度、〇〇の治療のために通院しています。」 「月に一度、〇〇の検査のために通院していますが、業務に全く支障はありません。」 「月に一度、〇〇の治療のために通院していますが、業務に全く支障はありません。」 細かい部分ですが、治療か検査かということも、正確に記載するといいでしょう。これによって、既往症による通院の様子が具体的にわかります。

自分の健康状態を正確に伝えるために

今回は、履歴書の健康状態の書き方や例文についてご紹介しました。履歴書に書く健康状態は、業務に支障がない場合は「良好」で問題ありません。一方で、持病や既往症によって一部の業務に支障がある場合には、きちんと健康状態について記載する必要があります。 会社にとっては、応募者の健康状態を正確に知ることは重要なポイントになります。これによって、業務に支障がないかを判断することができます。また、持病や既往症によって一部の業務に支障があったとしても、履歴書で正確に伝えれば、会社がきちんと事情を考慮できることになります。 履歴書は、就職活動や転職活動において自分をアピールする重要な書類です。自分の健康状態を正確に伝えるためにも、履歴書の健康状態の書き方をおさえ、ぜひ活かしてみてください。

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング