IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の健康状態の書き方ポイント・良好以外の書き方と例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書の健康状態を書く際に、迷ってしまうことはありませんか。基本的には「良好」と書くケースが多いですが、持病や既往症について記載しなくてはならない場合もあります。この記事では、履歴書の健康状態の書き方やポイント、例文、良好以外の書き方についてご紹介します。

履歴書の書く健康状態は、きちんと正直に書く必要があります。健康状態に問題があるにもかかわらず「良好」と書いてはいけません。履歴書は会社の採用担当者に渡す書類です。会社としては、応募者の健康状態の把握は最も重要なポイントの一つになります。そのため、隠さずに正直に書きましょう。 健康状態で嘘を書くと、後になって発覚する場合が多いです。例えば、健康診断書の提出や、内定後に会社が健康診断を実施する場合など、健康状態はすぐにわかってしまいます。問題があるのに「良好」と書くことは、履歴書に虚偽の内容を書くことになり、場合によっては内定取り消しになる可能性もあります。きちんと正直に健康状態を書きましょう。

「良好」でなくても問題ない?

履歴書の健康状態は、「良好」と書かなければ採用されないのでは、と不安に思う方も見られます。しかし、「良好」でないから不採用にするというわけではありません。 会社としては、通院などの事情があれば、それを知ることで応募者に配慮をすることができます。これは、採用した場合にどのように配慮すればよいかという基準になります。そのためにも、健康状態は正直に書く必要があります。業務に支障がなく、通院などの特別の事情がない場合に「良好」と書くようにしましょう。

「良好」の書き方のポイントは?

それでは、履歴書の健康状態に「良好」と書く場合のポイントや注意点について、詳しく見ていきましょう。

履歴書の健康状態に「良好」と書くケース

健康状態に問題がなければ、履歴書に「良好」と書くことができます。この場合の「良好」とは、業務に支障があるかどうかを基準に考えます。採用担当者は、業務に支障があるかどうかを判断するため、応募者の健康状態を知る必要があります。つまり、業務を基準として考え、業務にあたって健康状態に問題がなければ、「良好」と書きます。 一方で、持病があって通院している場合などは、普段は健康で業務に支障がなくても、「良好」と書かずに通院している旨を記載する必要があります。通院の場合、早退や欠勤が必要になることがあるため、その旨を履歴書に記載し、会社にきちんと知らせなくてはなりません。

持病があっても通院していない場合は?

持病があっても通院していない場合は、「良好」と書くことができる場合があります。例えば腰痛や貧血なども持病と言えますが、通院などがなく、業務に支障がなければ、履歴書に「良好」と記載しても問題はありません。

健康診断との関係は?

健康診断で、血圧や血糖値などで異常値が出る場合がありますが、履歴書にはどのように書けばいいのでしょうか。 履歴書に健康状態を書く場合は、やはり業務を基準に考え、通院などがあるかどうかで書き方が変わります。そのため、健康診断で異常がわかった場合でも、業務に支障がなく、特に通院などの事情もないのであれば、「良好」と書いても問題はありません。

病気を理由に前職を退職した場合は?

病気によって前職を退職し、転職活動で履歴書を出す場合、健康状態はどのように書くのでしょうか。 前職を退職した理由が病気だとしても、現在完治して業務に支障がないのであれば、「良好」と書いて問題はありません。たとえ退職の理由が病気で、それをきっかけに転職したとしても、実際に業務に支障がなければ、健康状態としては良好だと言えます。 一方で、退職の理由は面接で聞かれるポイントでもあります。そのため、病気を理由に前職を退職したことについて聞かれた場合は、きちんと事情を説明できるようにしておきましょう。

病気を理由に休学や離職があった場合は?

履歴書には、在学期間や前職の在職期間を記載します。そのため、病気を理由として休学や離職があった場合、その期間も記載することになります。業務に支障がなければ、健康状態としては「良好」と書くことが可能ですが、期間について面接で聞かれる可能性があります。その際には、病気を理由に休学や離職があったことを伝えなくてはなりません。 この場合、「良好」に加えて、現在完治していることをさらにアピールしておくことが好ましいです。例えば、「良好(学生時代は〇〇の治療のために△△の間休学をしていましたが、現在は完治しており、業務に全く支障はありません)」のように示し、きちんとアピールしておきましょう。

「良好」に加えて書くことがある?

次のページ:良好以外の書き方は?
初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング