IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の健康状態の書き方ポイント・良好以外の書き方と例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書の健康状態を書く際に、迷ってしまうことはありませんか。基本的には「良好」と書くケースが多いですが、持病や既往症について記載しなくてはならない場合もあります。この記事では、履歴書の健康状態の書き方やポイント、例文、良好以外の書き方についてご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書に書く健康状態とは何か?

履歴書には健康状態を書く欄がある

履歴書には、健康状態を書く欄があります。これは、健康状態を記載する欄が項目として用意され、そこに自分の健康状態について書くことになります。例えば、持病があって一部の業務に支障がある場合などは、きちんと記載しなくてはなりません。 健康状態に問題がなければ、履歴書には「良好」「きわめて良好」などと記載します。持病があって通院している場合などは、その旨を記載します。例えば、「月に一度、〇〇の治療のために通院しています」といった書き方をします。

履歴書に健康状態を書く意味は?

履歴書に健康状態を記載させる理由は、採用担当者が応募者の健康状態を把握し、業務に支障がないかどうか、正確に判断するためです。例えば、持病があって通院しているといった事情を採用担当者が把握できれば、採用した後にきちんと配慮をすることができます。もちろん、健康状態が良好であれば、問題なく業務ができると判断されます。

履歴書の健康状態の書き方のポイントは?

履歴書の健康状態はどのように書く?

履歴書の健康状態の書き方は、大きく分けると2種類あります。一つは健康状態に問題がないことを示す「良好」になり、もう一つは「良好」以外の場合、つまり健康状態に何らかの問題がある場合になります。「良好」の場合は、会社の業務を行うにあたって問題がないことを示し、いたって健康であることを表します。 「良好」の場合も、それ以外の場合も、履歴書の健康状態の書き方にはいくつか注意点があります。この点は、詳しくは後述しますが、「良好」かそれ以外かという分類があることを、まずはおさえておきましょう。

「良好」のような書き方を守ること

履歴書の中で健康に問題がないことを示す場合、「良好」という言葉を使うことが一般的です。「良好」以外の言葉でも健康であることを示すことはできますが、「良好」を使うことが一般的となるため、簡潔に「良好」と書くことが好ましいです。 例えば「問題ありません」という表現は、履歴書に書く健康状態の書き方としては、一般的とは言えません。履歴書に文章として健康状態を書く場合は、持病などがあって特別に説明しなくてはならない場合になります。「月に一度、〇〇の治療のために通院しています」などがその例です。一方で、健康に問題がなければ、簡潔に「良好」と記載する書き方が一般的です。 また、簡潔な書き方でも、「問題なし」や「異常なし」などの表現は一般的とは言えません。この場合も簡潔に「良好」と書きましょう。

現在の健康状態が基本となる

過去に病気にかかっても、現在良好な健康状態で業務に支障がなければ、基本的には「良好」と書きます。いたって良好な健康状態にもかかわらず、「過去に〇〇(病名)にかかりましたが、現在は回復しました」のような書き方は適切とは言えません。 履歴書に書く健康状態で「良好」以外の場合とは、現在の健康状態が良好でない場合にあたります。例えば、持病や既往症によって、特別に配慮をしてもらうような場合です。しかし、現在の健康状態が良好で通院などもなく、業務に支障がなければ、わざわざ過去にかかった病気を履歴書に書く必要はありません。 先ほど見た「月に一度、〇〇の治療のために通院しています」という書き方も、現在の健康状態が良好ではない場合に書きます。持病があっても業務に支障がなければ、現在の健康状態として「良好」と書くことになります。 持病や既往症による書き方はポイントが多いため、詳しくは後述します。

正直に書くこと

初回公開日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング