IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書を書くときのペンの種類と選び方|油性/水性/色

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書を書くとき、ペンの種類に迷ったことはありませんか?水性か油性か、何色で書くのか、メーカーはどこが良いのか。履歴書を書くとき、一度は悩んだことがありますよね。履歴書は自分をアピールする大事な書類です。今回は、履歴書のための最適なペンをご紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書を書くにはペンの種類が重要?賢い選び方のポイント

履歴書に最適な色とは

履歴書を書くのに最適な色は、黒色と青色です。一般的な履歴書用紙にも「鉛筆以外の黒または青の筆記具で記入」とありますから、どちらを使って記入しても大丈夫です。黒色は一般的な色として認識されていますので、無難な履歴書を書きたい方にはです。 反対に青色はあまり一般的ではありませんが、青色は全体的にしまって見える効果があるので、目を引きたい履歴書を書くにはです。ですが、注意点として水色のように明るい青色は履歴書には適しません。「鉛筆以外の黒または青の筆記具で記入」と書かれている青色のことは、ブルーブラックと呼ばれる紺色に近い青色を指します。 『履歴書でどのような印象を与えたいか』によって、自分にあった色を選ぶと良いでしょう。

油性ペンの場合

インクの滲みが少なくて裏写りしにくく、耐水性があるためインクがすぐに乾きやすい油性ペンは、インクの粘度が高いため手応えのある書き心地が特徴です。インクの伸びや滲みが心配な方でも、油性ペンなら安心して使えます。 デメリットとしては、ペンによりインクがダマになりやすく、古い油性ペンで書く場合は注意が必要です。

水性ペンの場合

軽い筆圧でさらさらとした書き心地の水性ペンは、発色性も優れていてストレスなく書く事ができます。インクの粘度が低いので、あまり筆圧を掛けないで書く人にはです。 デメリットとしては、水に濡れると文字が消えてしまったり、しっかりと乾かさないと文字が滲んだり、擦れたりしてインクが伸びたりしてしまいます。

履歴書を書くときにはペンの太さにも注意!

一般的なのは0.5㎜

ボールペンの太さには0.5㎜・0.7㎜・1.0㎜などがありますが、どの太さを買えばいいのか迷ってしまったことはありませんか。ボールペン売り場に0.5㎜が多いように、履歴書などの書類にはこの太さが一般的です。 また、履歴書を詳しく書きたい人、枠が小さくて書きにくい人も、この太さを使えば文字が潰れず見やすくて綺麗に書く事ができます。

ペンの使い方で履歴書を印象的に!

ペンの太さを変えてみる

履歴書用紙にもよりますが、履歴書には名前などを書き込む枠の大きい項目があります。枠の大きい項目に書く場合、0.5㎜では少し寂しい印象になってしまいがちです。もちろん悪い印象を与えてしまうことはありませんが、この項目には0.7㎜の中字で書くことで、バランス良くまとまった履歴書が書けます。 少しでも印象に残るような履歴書を書きたいのであれば、項目によってペンの太さを使い分けることも大事です。 また、封筒の宛名書きには0.7㎜や1.0㎜などの太字ボールペンの方がバランスが良くなります。

履歴書をペンで書くならここが注意点!

せっかく書いたのにペンのにじみが発生

初回公開日:2017年12月26日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング